« お蔵拝見! お水も一緒に「武甲酒造」 | トップページ | 越前岬 滓酒生 樽底  »

2012年9月17日 (月)

ひやおろしと褌と私

敬老の日SP記事。

ココログはどういうキーワードでこのブログにたどり着いたか分かる機能がありまして、たまにそれを見たりするんですよ。

大体は銘柄が多いのですが、この前「○○(銘柄) 不味い」というネガピンポイントなキーワードでたどり着いている人を発見(笑)

まぁ○○不味い!なんて直球記事は書いていないので、色んな文章が引っかかってたどり着いたみたいです。

とまぁそんなのを見た後、暇だったので季節キーワードの「ひやおろし」+「不味い」で検索してみたら色々面白いのが引っかかったので、今回は他人の褌で「ひやおろし」考察。

リンク先の方にバレないように直リンは避けるという姑息さですが、もし見つかったらゴメンナサイ(謝謝)

 

まず「ひやおろし」を過去色々と飲んでみましたが、「ひやおろし」という季節商材に対して半可通は思い入れはありません。

けど別に否定するわけでもなく、新酒の時に飲んだ生原酒が1回火入夏越しでこんなお酒になったのね♪という成長?変化?を楽しめたりするので、以前はちょこちょこ買っていました。

今は「ひやおろし」だからというチョイス・・・ではなく、それの火入れが「ひやおろし」しかないからそれをチョイスとか、その時に並んでいる商品の中から美味そうor飲んでみようかな?という火入れ酒をチョイスしたのが、たまたま「ひやおろし」だった程度。

半可通が日本酒にハマって日が浅い頃にアンチ「ひやおろし」のブログを見たことがありますが、その時は中途半端な熟成うんちゃら・・・みたいな事を書いていた記憶があり、なぜにそこまで嫌うのかな?とその時は理解できなかったし、人とは違うぜ!(キリッ)みたいな中二病にかかってんなぁくらいの認識でした。

それが今回の検索で何となく答えが分かりました。

ttp://d.hatena.ne.jp/congiro/20110914/1315963916

↑から引用。

>ひやおろしっつーのは、古酒・熟成酒の一派だと考えてる。

これ。

「ひやおろし」の熟成=一夏超えては熟成とは言えんだろ!というのが問題なのかなと。

しっかり熟成したお酒が好きな方には、「ひやおろし」は中途半端な出来損ないという扱いなんでしょうね。

確かに中途半端と言えば中途半端。

でもそれは熟成好き目線で、生酒も好む半可通には程よいフレッシュ感を残しつつ角の取れたお酒というジャンル。

まぁ中途半端と言えば中途半端だな(笑)

 

この方、今年も飛ばしているようでこんな記事も。

ttp://d.hatena.ne.jp/congiro/20120912/1347418170

まだこんな斜めに尖った日本酒ブロガーがいたとは!

何となく香山リカさんみたいな印象で素敵。

そしていい記事だなぁと思ったのが、これ。

ttp://ameblo.jp/take9243/entry-11352706557.html

日本酒を飲むのが好きなんだなぁというのと、消費者目線で見れているなぁというのが伝わります。

こういう酒屋さんだったら、ホントセレクトショップ的な買い物の楽しさを味わえそう。

売れるから、売れないからというだけの商品展開は西友だけで結構です。

ttp://blog.kudaka.jp/?eid=982870

↑のブログからの引用。

>「ひやおろし」とはどうあるべきなのだろうか?モチロンそこに答えは無い。各蔵それぞれの回答があるはずだ。

ホントそう思いますね。

1回火入れ、原酒、タンク貯蔵とかまぁ正式には色々あるんでしょうが、江戸時代とは環境もお酒の質も違うわけで、「ひやおろし」像は各蔵それぞれでいいんじゃないと思います。

「ひやおろし」という言葉に囚われすぎですよ、飲む側も造る側も。

よし!味のったorもう秋!と蔵が思えば、8月に販売してもいいじゃない!青森だもの(笑)

この他にもホントそうだよねぇ~という文章がある記事でした。

最後にこれ。

ttp://sasatatsu.exblog.jp/18403539/

コメント欄のところに江戸時代の出荷前工程が書かれていて勉強になります。

そして店主のコメ(今日現在の一番下)がですよねぇ~という感じ。

 

とまぁ「ひやおろし 不味い」というキーワードで、なかなか面白い記事を読むことができました。

結論としては、ムチは罰、無知は罪、ムチムチは俺好みというスチャダラパーで〆〼。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« お蔵拝見! お水も一緒に「武甲酒造」 | トップページ | 越前岬 滓酒生 樽底  »

日本酒」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

もはや、巫女で辿り着く輩はおりますまい。

水尾ひやおろし買いそびれました。
代わりに、町田酒造3酒vs栃木勢のひやおろし対決を開催(^_^;)

投稿: トール | 2012年9月18日 (火) 22時33分

トールさん

>ひやおろし
巌と七田は買いましたが、まだ開けてないです。


組合?から余った金紋錦が流れているみたいで、会以外の蔵の金紋錦仕込酒が出ていますね。

その流れで久しぶりに十九買いました(美味し)
豊香も出しましたが、豊香自体は美味しいですが金紋との組み合わせは興味がないのでスルー。

かなり本数は少ないみたいなので、良かったらお早めにお手つきを…。

投稿: 半可通 | 2012年9月19日 (水) 09時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/47093678

この記事へのトラックバック一覧です: ひやおろしと褌と私:

« お蔵拝見! お水も一緒に「武甲酒造」 | トップページ | 越前岬 滓酒生 樽底  »