« 酒屋八兵衛 しぼりたて 本醸造生原酒うすにごり | トップページ | お蔵拝見! お水も一緒に「武甲酒造」 »

2012年9月 7日 (金)

旭鳳 純にして醇 純米酒八反錦

春日町の酒屋さんで購入したお酒。

「旭鳳 純にして醇 純米酒八反錦」

旭鳳酒造

Dscn6179

Dscn6180

使用米:広島県産八反錦

精米歩合:65%

日本酒度:+5

酸度:1.8

アミノ酸度:1.6

アルコール度数:16.8度

杜氏の気合:122%

杜氏:土居亨

製造年月日:24年5月

値段:1升2,250円(税込)

感想

Dscn6181

開栓初日(5/31)

冷やしていただく。

上立ち香は、スゥ~とメロンとかそういう糖度がありそうな果物の甘い香り。

口に含むと、やわらか~い口当りに溶け込むフッとやわらかで透明感ある甘みとスッ!とシャープな酸に、細身ながらもグ~とした旨みとクッとしたコク辛さが広がり、その後、ジュウ~とした透明感ある甘みと酸にグゥ~とした細身な旨みをスッとした酸とクッとしたコク辛さでシュッと引けていき、クッとしたシャープな辛さでキレ。

余韻は、フゥ~と軽快な甘旨みとスゥ~と辛さの爽快感。

美味い。

6/9

冷やしていただく。

やわらか~い口当りに溶け込むフッと透明感あるしっとりとした甘みとスッ!としたシャープな酸に、ギュ~と上品な旨みとク~と軽快なコクがふくらみ、その後、ジュ~とした透明感ある甘酸とグゥ~とした旨みをフッとした酸とクッとしたコク辛さで引けていき、クッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、フワリとした上品な甘旨みと軽い辛さ。

初日と大きくは変わらず。

 

透明感ある甘酸に上品な旨味感とスキッとしたキレのあるお酒。

低精米らしい穀物感はあるのに上品で、透明感ある甘酸とスキッとしたキレでスルスル飲める。

65%精米とは思えない上品な旨味と透明感ある甘みでスルッと入っていき、キレもよく、シュッという上品なふくらみに合ったシャープなキレ感がいい感じ。

味的には土居杜氏の造ったお酒という味ですが、感覚的には以前のお酒よりも多少酸があって以前のよりも好み。

まぁ以前のお酒をそれほど飲んではいないので、勘違いかもしれませんが・・・。

 

元々薄ら甘い香りと透明感ある薄ら甘さに上品な旨味感とスキッとした辛さでキレという広島吟醸(広島の蔵が造る吟醸酒のことではなく、そういうタイプのこと)が中途半端な印象で好きではないのですが、これはいけますね。

値段がお手頃なのも嬉しいところ。

 

こういうタイプは夏に良さげですね。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 酒屋八兵衛 しぼりたて 本醸造生原酒うすにごり | トップページ | お蔵拝見! お水も一緒に「武甲酒造」 »

2012 飲んだ日本酒(リキュール含む)」カテゴリの記事

広島県のお酒」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/45778298

この記事へのトラックバック一覧です: 旭鳳 純にして醇 純米酒八反錦:

« 酒屋八兵衛 しぼりたて 本醸造生原酒うすにごり | トップページ | お蔵拝見! お水も一緒に「武甲酒造」 »