« 結 特別醸造酒 | トップページ | 常山 弐のます 純米酒 »

2012年10月29日 (月)

「2012 東京秋の吟醸酒を味わう会」に参加してきた

「2012 東京秋の吟醸酒を味わう会」に参加してきました。

吟醸酒大好き!大好き!とまではいきませんが、ちょうど休みと合ったので出られるイベントは参加しておこうかなと。

基本酒メインなので、ビュッフェ形式で美味しいお料理と一緒に・・・という五千円オーバーのイベントはどうもねぇ・・・。

各自お弁当がでるとか、料飲店さんでの着席コース料理のイベントでなら五千円オーバーでも参加しますが、ビュッフェ形式は割に合わないので出る気が起きませんよ。

2週連続でお酒の会に参加というのもあって、嫁からは早く帰って来いという指令付きの参加。

行く前に「17時に会は終わるから家着くのは18時くらい」と言うと「最後までいるんじゃなくて終了前に帰ってくるという選択はないの?」というお言葉。

その発想はなかったわ・・・(苦笑)

 

そんなんで、開場20分前には「ホテル メトロポリタンエドモント」に到着。

Dsc_0777

エスカレーター上がると、会場の扉前には10人以上の行列が・・・。

それを尻目に受付し、クロークに荷物を預ける。

Dsc_0778

まだ開場まで時間があるので、このフロアをウロウロ・・・。

今年もお燗コーナーがありました。

Dsc_0779

Dsc_0783

Dsc_0784

今年は寄ってみようかなと思案。

まだ暇なのでリストもパシャリ。

Dsc_0780

Dsc_0781

Dsc_0782

話相手もいないし、とりあえず10分前には東北側の扉の近くで待機。

Dsc_0785

マニア、酒販店っぽい人、料飲店さんっぽい人に、高いお酒が飲み放題的なイベントだから来た的な人もボチボチ。

半可通的には普通の日本酒好きだからね!というスタンスのつもりですが、周りからみたらマニアの一味だろうなぁ(苦笑)

格好もリュックにユニクロのシャツをユニクロのズボンにインというヲタっぽい格好だし・・・。

そんなこんなで、開場。

今年は頑張って写真を撮りましたが、混んでいたのもあって盗撮風な仕上がり。

それとお酒は無理せず、鉄板系を飲んで回るというスタイルでしたので数は少なめです。

 

んでは飲んだお酒&美味しいのは○、特に好きは◎。

飲んだ順番ではなく、リスト順に・・・。

高砂酒造

「国士無双 氷雪囲い 斗瓶囲い」

西田酒造店

Dsc_0801

「田酒 純米大吟醸 斗壜取り」

もうちょい引っ張りたい感じ

「田酒 純米大吟醸 山廃」

「田酒 純米大吟醸 百四拾」

「田酒 純米大吟醸 四割五分」

きれいさと旨味のバランスが良い。

ホント貧乏舌だな(苦笑)

南部美人

「南部美人 純米吟醸 愛山」

「南部美人 純米吟醸 山田錦」

「南部美人 純米吟醸 美山錦」

天寿酒造

Dsc_0800

「鳥海山 純米大吟醸」

冨士酒造

Dsc_0799

「有加藤 純米大吟醸中汲み」

「有加藤 純米吟醸中汲み」

春のときも良かったけど、秋のこれもイイ!

張りがあっていい感じ。

出羽桜酒造

Dsc_0786

「出羽桜 鑑評会出品酒」

「出羽桜 純米大吟醸 一路」

「出羽桜 大吟醸雪漫々 氷点下五年熟成」

亀の井酒造

Dsc_0788

「くどき上手 斗瓶囲い 命」

「くどき上手 純米大吟醸 穀潰し22」

「くどき上手 純米大吟醸 雄町44」

「くどき上手 純米大吟醸 Jr.29BlackBeauty」

「くどき上手 純米大吟醸 改良信交44」

「くどき上手 純米大吟醸 愛山」

「ばくれん 白」

最初行った時にはなかったのに、後半この辺をウロウロしていると「ばくれん」出ていたので飲みましたよ♪

山田さんや雄町の晩稲系は味をあまり出さないのか、味ノリが遅いのか、出荷時に飲み頃なの?という印象がここ数年あるなぁ・・・(まぁくどきファンで追っかけているわけではないので、おそらくは気のせい)

それ系以外は味ノリも良くウマウマ♪

「Jr.29」は「赤Jr.」よりも好きですね。それに「出羽の里44」よりも断然いいと思う。

まぁ値段も違うので比較するのはどうかと・・・。

末廣酒造

Dsc_0787_2

「末廣 鑑評会出品酒生」

「大吟醸 玄宰」

「大吟醸 舞」

「末廣 純米大吟醸 亀の尾」

「末廣 山廃純米吟醸」

夢心酒造

Dsc_0803

「夢心 純米大吟醸斗瓶囲い」

「奈良萬 純米大吟醸」

「夢心 大吟醸」

「奈良萬 純米吟醸」

斗瓶囲いは酵母が県産酵母でも香り系の方なので、他とラインが違うタイプでした。

青木酒造

「御慶事 純米吟醸」

森島酒造

Dsc_0789

「大観 秘蔵酒 限定大吟醸」

「大観 純米吟醸 雄町」

「大観 純米吟醸 ひたち錦」

「大観 しずく無濾過特別純米生原酒」

春にも感じましたが、ここのひたち錦純吟好きですね。

特に純吟2種の火入れ酒がフレッシュ感残しつつ、適度に丸くていい感じ。

島崎酒造

Dsc_0791

「東力士 大吟醸雫」

「熟露枯 ヴィンテージボトル2002?(自分の字が汚くて読めん)

「東力士 純米吟醸山廃 極一滴恵酒 山田錦」

「東力士 純米吟醸 極一滴恵酒 とちぎ酒14」

山廃の山田さんがイイ!

ただ冷やでもまだ若いので飲み頃はもっと先ですが、ポテンシャルは半端ない。

同じ山廃だと五百万石も発売されて、速醸の極一滴の雄町火入れも発売されているみたい。

龍神酒造

Dsc_0790

「尾瀬の雪どけ 大吟醸愛山」

「尾瀬の雪どけ 秋上がり純米大吟醸」

「尾瀬の雪どけ 純米大吟醸(酒こまち)」

酒こまちは2、3年寝かしているお酒で、まだ商品にはしていないお酒。

宮坂醸造

「みやさか山廃50」

大洋酒造

Dsc_0805

「大洋盛 大吟醸出品酒」

「大洋盛 純米大吟醸」

「大洋盛 大吟醸」

3種とも越淡麗のお酒。

この時期の越淡いいですね♪

青木酒造

Dsc_0798_2

「鶴齢 純米大吟醸」

「鶴齢 純米吟醸」

「鶴齢 特別純米生原酒 山田錦」

「鶴齢 特別純米生原酒 越淡麗」

ここも越淡美味し!

春先は旨味が細かったみたいですが、この時期になったらグッと味が乗ったみたい。

「これ(越淡麗)美味いですねぇ」とブースにお姉さんに言ったら、嬉しそうに教えてくれました。

山田さんが多少過熟気味でしたが、越淡はもうちょいいけそうな程の差がありました。

写真のお姉さんも撮るなら越淡でしょ!(笑)

八海醸造

Dsc_0806

「八海山 大吟醸」

「八海山 純米吟醸」

「八海山 吟醸」

「八海山」って以前から吟醸酒協会に入っていたっけ?新規?

会終盤にいいですね。

吉田酒造店

「手取川 大吟醸古酒3年」

「手取川 山廃仕込純米大吟醸」

一本義久保本店

「一本義 純米大吟醸 越の雫」

「伝心 純米吟醸 雪」

御代桜醸造

Dsc_0793

「御代櫻 純米大吟醸雫 酒向H23」

「三十六歳の春」

「津島屋 純米大吟醸契約山田錦瓶囲い」

「津島屋 純米吟醸信州美山錦瓶囲い」

「御代櫻 純米吟醸岐阜久蔵(地元産あさひの夢)」

「津島屋 純米吟醸無濾過生原酒 播州山田錦」

「津島屋」のお酒を春頃に試飲で数種飲んだことがありましたが、周りの評価は高いみたいですが半可通には正直ピンとこなかったんですよね(勿論不味いわけではない)

旨味グッとくる割にバランスよく香りそこそこみたいな、優等生っぽいのに飲み疲れしそうという印象でした。

でもこの時期の山田さん生はイイ!

香り甘みよりも旨味が優位で、しかもシュッとキレていく流れ。

良い米使ってんなぁという味わいが楽しめました。

蔵元完売なので参考商品と言っていましたが、今飲むなら火入れよりも生のほうが個人的に断然オススメ。

まぁ火入れ山田さんの飲み頃はまだ先でしょうね。

土井酒造場

Dsc_0792

「開運 出品酒?8BY」

「開運 静岡系の出品酒?9BY」

「波瀬正吉 純米大吟醸」

「波瀬正吉 大吟醸」

「開運 純米吟醸 山田錦」

「開運 純米吟醸 雄町」

「開運 吟醸」

「開運 ひやおろし」

開始30分後には今年の出品酒は消えていました(苦笑)

純吟2種は共に若く飲み頃はまだ先って感じでしたが、雄町の方は雄町のボリューム分で若いなりにですが味があって美味しかったです。

それにしても吟醸がホント美味い!

アル添使いとバランスが素晴らしい。

関谷醸造

Dsc_0795_3

「蓬莱泉 純米大吟醸 吟」

「蓬莱泉 朋」

「一念不動 純米大吟醸 夢山水」

「蓬莱泉 和 熟成生酒」

「朋」は自社の焼酎添加なんですね。

蔵見学した人の話を聞くと、設備がホント半端ないみたいだけど、あまりアピールしないのはカッコイイ。

本田商店

Dsc_0797

「龍力 米のささやき 荒ばしり袋しぼり斗瓶取り」

「龍力 大吟醸米のささやき YK-35」

「龍力 大吟醸米のささやき YK-40-50」

「龍力 大吟醸ドラゴンシリーズ青ラベル」

この自社焼酎大吟の青ラベルはホント美味いですね!

普通の大吟に比べるとクセがあるので好みは別れるだろうけど、アル添なのにツルリとしていて独特の風味が半可通は好きです。

吉田酒造

「月山 純米吟醸」

「月山 吟醸」

今田酒造本店

Dsc_0796

「富久長 純米大吟醸八反草40」

「富久長 純米大吟醸八反草50」

「富久長 大吟醸 冷蔵熟成17BY」

八反草美味し!

ただ個人的には磨かないほうが好き。

賀茂泉酒造

「賀茂泉 純米吟醸朱泉仕込み」

中尾醸造

「純米大吟醸まぼろし 赤箱」

「純米大吟醸原酒まぼろし 黒箱」

天山酒造

Dsc_0794

「天山 純米大吟醸 愛山34」

「七田 純米大吟醸」

「七田 純米吟醸」

2011年醸造の純大愛山が激美味っ!

艶やかな旨味がふわり、引っかかりなくスルリ。余韻も素敵♪

蔵との相性がいいのか、ここの愛山は鉄板ですな。

 

とまぁここまでは各蔵でいただいたお酒で、お燗コーナーでいただいたのも書いていきます。

Dsc_0802

「田酒 百四拾」

「南部美人 純米吟醸」

「末廣 山廃純米吟醸」

「大観 大吟醸」

「東力士 純米吟醸山廃極一滴恵酒 山田錦」

お燗だと荒い(苦笑)

お燗して飲むならまだまだ先ですね。

「七賢 純米吟醸 ひやおろし」

「大洋盛 越後流」

「鶴齢 純米吟醸」

「開運 純米吟醸古酒」冷や/お燗◎

燗上がりしますね。

「龍力 純米吟醸 自然回帰」冷や/お燗

「富久長 大吟醸冷蔵熟成酒17BY」

やっぱりイベントのお燗はサンシンに限る!

すぐいい温度になって、お燗はこうじゃなきゃ!という熱燗具合でウマウマ♪

他にも冷やとお燗の飲み比べをお燗ブースの係の人に注いでもらってやっていましたが、メモしきれず・・・。

お燗コーナーが予想よりも忙しそうだったので、係の人に「忙しいですねぇ」なんて忙しくさせている張本人が偉そうに声かけたら、2部の忙しさはこんなもんじゃないらしいです。

お燗需要が高まってきているのですかね?

1部の方は年寄りばかりでしたのでペースは遅く、その中では若手の半可通は一人「次はこれ」「次はこれお願いします」とオーダーし、グイグイ飲んでいました(苦笑)

ザクとシャアザクくらい違う。

お燗だとスイスイ飲んでしまうなぁ。

 

そんなこんなで終了のお時間。

なんだかんだで最後まで居てしまいました。

最後の方は体内に吟醸ストップ(カプストップ)が掛かっていましたが、カプ系以外のお酒やお燗コーナーでダラダラ飲んでいました。

後半に「八海山」や「奈良萬」などのタイプを残して周るという計算が功を奏しましたね。

それとお燗コーナーが楽しかった♪

冷たいのばかりだと飽きますが、合間合間にお燗飲むといい感じで最後まで飲めますね(つーか帰れよ)

 

嫁の言いつけをしっかり守り、会後はまっすぐ家に帰り、家ではビール350缶2本飲んで夕飯。

会で散々日本酒飲んで、家でも日本酒飲むほどのストマック&日本酒好きではないので・・・。

 

 

いやぁ~、会も楽しかったし、帰り際に某料飲店さんスタッフとのトークも楽しかった♪

蔵元&スタッフの方々、ありがとうございました!

お土産はこれ。

Dsc_0807

普段高いお酒を飲まないので(飲めない)、開け時がわからん!(笑)

まぁお正月だな。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 結 特別醸造酒 | トップページ | 常山 弐のます 純米酒 »

2012 参加したイベント」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

リストにある中で、今最も興味があるのが天鷹です。

栃木の酒屋さんから純米ひやおろしを買いましたが、かなりコスパが良いですよ。
純大も安いので、次は試してみます(^_^)v

投稿: トール | 2012年10月29日 (月) 12時02分

トールさん

天鷹スルーしてましたね。

随分前にイベントで飲んだか、父親が栃木の親戚絡み法事で300mlの天鷹純吟貰ってきて、それを譲り受けて飲んだかが最後。

買って飲んだことはないですね…。

投稿: 半可通 | 2012年10月29日 (月) 19時17分

お久しぶりです〜。
天鷹のコスパはちょっと反則レベルですよね^^以前はコスト削減なのかラベル無しの物もありましたっけね。でも旨い!

この会、とある酒店さんになんで行かなかったの?と言われちゃいました。。。

ところで、今回限りなので一言だけ許してください。日本酒応援サイト作りました。サケネスっていいます。よかったら見てください。関係ない話ですいません!

投稿: 陶 | 2012年10月31日 (水) 21時55分

陶さん

日本酒応援サイトを立ち上げたのですね。

さっき開いたらトップが水尾ひやおろし画像。
昨日春日町にあったら買おうとして買えなかったお酒でして、別に悔しくなんか無いからね!

ということで、サイト頑張ってください!

投稿: 半可通 | 2012年11月 2日 (金) 10時52分

ナビスコ連覇記念に、群馬泉の舞風を開けてみました。
今年も、リッツとチップスターがツマミです(^_^)v

佳いことがあったし、半可通さんのオススメあって前から気になってた有加藤を、思い切って注文しました(^_^)v

投稿: トール | 2012年11月 4日 (日) 09時47分

トールさん

オメです!
なんだかんだでタイトルをキッチリ取るのは流石でございます。

それにしても、あの右サイドの西っていい選手ですね。
ダイジュストで見た程度ですが。

>舞風
群馬の県産米なんですね。
初めて知りましたよ。

しかも群馬泉が県産酵母で…というのは、ちょっと飲んでみたいかも。

投稿: 半可通 | 2012年11月 4日 (日) 10時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/47606752

この記事へのトラックバック一覧です: 「2012 東京秋の吟醸酒を味わう会」に参加してきた:

« 結 特別醸造酒 | トップページ | 常山 弐のます 純米酒 »