« 結 純米吟醸酒生 袋吊り斗瓶囲い | トップページ | 「ほんまもん山田錦プレミアム日本酒BAR2012」に参加してきた »

2012年10月 4日 (木)

房島屋 7号酵母超辛口純米酒

春日町の酒屋さんで購入したお酒。

「房島屋 7号酵母超辛口純米酒」

所酒造

Dscn6221

Dscn6223

精米歩合:65%

使用酵母:協会7号酵母

日本酒度:+10

酸度:1.8

アルコール度数:17度以上18度未満

醸造年度:22BY

製造年月日:24年2月

値段:1升2,520円(税込)

感想

Dscn6228

開栓初日(6/21)

常温でいただく。

上立ち香は、スゥ~とスッキリした酸と微かに練れた香り。

口に含むと、やわらかい口当たりでシュッとシャープな酸とフッと軽い甘みに、ジュグゥ~としたしっかりしつつ軽快な旨みとクゥ~軽快なコクが広がり、その後、ジュクゥ~としたシャープな甘旨酸をスィ~とした酸とクゥ~としたコク辛さでスッと引けていき、クッとした辛さでキレ。

余韻は、フゥ~とした旨みと酸に軽快な辛さの爽快感。

辛口!というカラカラではなく、シャープな味わいとシュパッとした爽快な辛口酒。

ちゃんと旨味ありつつシャープなところは、さすが「房島屋」というところ。所だけにね。

お燗でいただく。

フッとやわらかな甘みとホッとした細身だが弾力のある旨みにスッ!としたシャープな酸とクッとしたコクがスカッと広がり、その後、シュルーとした爽快な甘みと滑らかな旨みのふくらみをシュ~とした酸とクゥ~としたコク辛さで引けていき、クッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、軽くツルリとした旨みと心地よい爽快感。

美味い。

旨味がしっかりありつつ滑らかでツルリとしていて、シャープな酸もあるので生もとっぽい感じがする。

7/28

常温でいただく。

やわらかい口当たりで、スゥ~とシャープな酸にフゥ~と軽い甘みにジュ~フ~とした旨みとクゥ~と軽快でドライなコクが広がり、その後、フ~ス~とした甘酸とジュク~とした旨みをスゥ~としたシャープな酸とクゥ~としたコク辛さで引けていき、クッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、フゥ~とした旨みと爽快なコク辛さ。

初日よりも、旨味ふんわりで、ふくらみがいい感じ。でもダレなし。

お燗でいただく。

フゥ~とスッキリした甘みとスキ~とした爽快な酸にクゥ~と爽快な旨みがふくらみ、その後、ジュス~と爽快な甘酸とクゥ~と軽快な旨みのふくらみをスゥ~と爽快な酸とクゥ~としたコクで引けていき、クッとしたコク辛さでキレ。

 

 

シャープな酸と締まった程よい旨みに軽快さが同居したキレ酒。

独特のコクがたまりません!

そして冷や(常温)でも温めでもアチチでも美味いユーティリティ性が素敵。

そしてこのBYがちょうど飲み頃という味ノリと熟成感のなさは、ロリ寄り半可通にはちょうど良い♪

「房島屋」はどれもベースの柱があるのに色々なタイプがあって、飲むのがホント楽しいです♪

オリガラや生原酒も美味いし、火入れ熟成系も美味くて、「房島屋」好きという人が集まっても好みが違いそうなのも面白い。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 結 純米吟醸酒生 袋吊り斗瓶囲い | トップページ | 「ほんまもん山田錦プレミアム日本酒BAR2012」に参加してきた »

2012 飲んだ日本酒(リキュール含む)」カテゴリの記事

岐阜県のお酒」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

本日は、春日町にお邪魔して来ました(^_^)v
房島屋は見落としましたが・・・(^_^;)

超辛口なんてのもあるんですね。
生verのオリガラ燗や生熟燗も面白そう(^o^)

投稿: トール | 2012年10月 4日 (木) 20時59分

トールさん

>春日町
夏酒の青ボトルの4合瓶は先週ありましたが、それ以外はもう並んでいなかったかも…。

>生ver
想像するだけでムホッ!てする…。

投稿: 半可通 | 2012年10月 5日 (金) 10時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/46310803

この記事へのトラックバック一覧です: 房島屋 7号酵母超辛口純米酒:

« 結 純米吟醸酒生 袋吊り斗瓶囲い | トップページ | 「ほんまもん山田錦プレミアム日本酒BAR2012」に参加してきた »