« 戸隠 特別純米生詰原酒 Type6539 秋あがり  | トップページ | 武甲正宗 特別純米酒無濾過原酒 »

2012年11月29日 (木)

水尾 一味

蔵直で購入したお酒。

これ今まで「いちみ」って読んでいましたが、正しくは「いちあじ」なんですね(苦笑)

試飲会の時とかに「いちみください」と言ってたよ・・・。

「水尾 一味」

田中屋酒造店

Dsc_0474

Dsc_0475

使用米:(麹)ひとごこち(掛)しらかば錦

精米歩合:(麹)59(掛)70%

アルコール度数:15度以上16度未満

製造年月日:24年8月

値段:1升2,205円(税込)

感想

Dsc_0477

開栓初日(8/29)

常温でいただく。

上立ち香は、スゥ~と爽快な甘みとスッキリした酸を感じる香り。

口に含むと、やわらか~い口当たりに溶け込むジュフ~としたつややかな甘みとスッ!と爽快で程よい太さの酸に、グゥ~と軽快なのに芯のある旨みとクゥ~と軽快なコクが広がり、その後、ジュ~と酸がやや優位な瑞々しい甘酸とグクゥ~とした旨みのふくらみをスゥ~とした酸とクゥ~と軽快な苦コクで引けていき、クッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、フゥ~とした軽い旨みとクゥ~としたコク辛さの爽快感。

美味い。

9/14

冷やしていただく。

やわらか~い口当たりでスゥ~と柑橘系の透明感ある酸とフ~と透明感ある甘みに地味にグッとくる旨みとフゥ~と軽快なコクが広がり、その後、ジュ~と透明感ある酸が主体の甘酸と軽快なのにグ~とした旨みのふくらみをス~とした酸とクゥ~とした軽快な穀物味のあるコクで引けていき、クッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、フゥ~とした酸と旨みに心地よい辛さの爽快感。

初日よりも、さほど変わらないが多少酸が主張するかな?

 

透明感のある酸が引っ張っていく、軽快なお米の穀物味を楽しめる冷や向き食中酒。

透明感ある甘みと酸に心地よいフレッシュさでスルリと入り、軽快なのに地味にしっかりした旨味と心地よい穀物感に、スキッとしたキレでも当りはやわらか。

そして余韻は爽快な辛口具合で、ほんの微かに甘みを残す感じで肴に頼らなくてもまた杯に手が伸びる。

しっかりした飲みごたえなのに疲れずに飲めて、程よいフレッシュさと透明感ある甘酸でユルユル飲めるのに満足度はしっかり。

でもお手頃価格なので毎日の晩酌にピッタリのコスパ良し酒。

ただこういう質だからか、冷酒や冷や(常温)だとウマウマだが、お燗にすると荒さ(辛口要素がある感じの類)がでてお燗にピッタリという感じではないですね。

もちろん不味いわけではないですが、冷や系のウマウマを知ってしまうとお燗で飲むのはもったいない印象。

まぁ半可通の戯言ですので、お気になさらず…。

これの冷か特本のお燗酒を、美味い蕎麦屋でユルユル飲んでみたいわぁ。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 戸隠 特別純米生詰原酒 Type6539 秋あがり  | トップページ | 武甲正宗 特別純米酒無濾過原酒 »

2012 飲んだ日本酒(リキュール含む)」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

長野県のお酒」カテゴリの記事

コメント

>いちみ
それは無いdeath

投稿: トール一味 | 2012年11月30日 (金) 09時58分

トールさん

泥棒一味といういちみではなく、七味的ないちみだと思って読んでいましたよ。
ブレンドしていませんよ的な感じで。

きっと同じように読んでいた同士がいるはず!
同志諸君!いちみ一味を結成しようじゃないか!!

投稿: 半可通 | 2012年11月30日 (金) 20時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/47072282

この記事へのトラックバック一覧です: 水尾 一味:

« 戸隠 特別純米生詰原酒 Type6539 秋あがり  | トップページ | 武甲正宗 特別純米酒無濾過原酒 »