« 常山 弐のます 純米酒 | トップページ | 十九 純米吟醸生酒 金紋錦 »

2012年11月 5日 (月)

幻舞 斗瓶囲い 吟醸おり絡み無濾過生原酒

春日町の酒屋さんで購入したお酒。

試飲会限定販売のお酒です。

知っている方は知っている、あそこで飲めるアレと同じモノ(多分)

「幻舞 斗瓶囲い 吟醸おり絡み無濾過生原酒」

酒千蔵野

Dscn6345

Dscn6344

使用米:美山錦

精米歩合:49%

使用酵母:アルプス酵母

日本酒度:+3

酸度:1.5

アルコール度数:18度

製造責任者:千野麻里子

製造年月日:24年6月

値段:1升3,150円(税込)

感想

Dscn6347

開栓初日(8/5)

冷やしていただく。

上立ち香は、フワ~ンと甘い吟醸香と薄らオリの香り。

口に含むと、フ~とした口当たりでジュウッと瑞々しくしっとりとした甘みとフッとした酸に、ジュグ~とした旨みがク~とした軽快な渋み&コク辛さと共にふくらみ、その後、ジュ~とした甘酸とクゥ~とした旨みのふくらみをフ~とした酸とク~とした軽快な渋コク辛さでフェードアウトしていき、クッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、フワ~とした甘旨みと軽い辛さの爽快感。

しっとりジューシーとしたジューシーさがふんわりと楽しめ、軽いアルコールの辛さでキレていく。

8/12

冷やしていただく。

フ~とした口当たりで程よく華やかでジュウ~とした瑞々しい甘みとスッとした酸に、ジュギュウ~としたきれいながらも程よいボリュームのある旨みとクゥ~とした苦コク&軽い辛さがふくらみ、その後、ジュフ~とした甘旨みとス~とした酸のふくらみをフ~とした酸とク~と軽快な苦コク辛さでフェードアウトしていき、クッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、フゥ~とした甘旨みとフ~と軽い辛さの爽快感。

初日よりもふんわりで、吟醸らしさアップ。

美味い!

 

程よく華やかな甘みとオリガラらしい旨味がきれいに味わえる、これぞ吟醸オリガラ酒。

吟醸らしいきれいな旨味とふくらみに、オリガラの旨味がそのバランスを崩さない程度にプラスされて、きれい&華やかさと程よい旨味の両方を楽しめる♪

しかもオリのザラッした感じもなくシルキーなので、吟醸風味を邪魔せず。

開けて1週間くらい経つとエアリー&硬さが取れ、一体感がでてきてウマウマ♪

ですので、すぐに飲み切るにはもったいないお酒ですね。

半可通的には、今の「幻舞」シリーズだと吟醸がやはり一番好きだわ。

 

夏吟なんて出さず、これに氷入れて飲めばいいんやでぇ!的な商品の方が魅力的。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 常山 弐のます 純米酒 | トップページ | 十九 純米吟醸生酒 金紋錦 »

2012 飲んだ日本酒(リキュール含む)」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

長野県のお酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/46808264

この記事へのトラックバック一覧です: 幻舞 斗瓶囲い 吟醸おり絡み無濾過生原酒:

« 常山 弐のます 純米酒 | トップページ | 十九 純米吟醸生酒 金紋錦 »