« 外飲みバンザイ! 美味さとボリュームに大満足!「鱈腹魚金」 | トップページ | 昼酒バンザイ! 夫婦で「旬亭 よこ田」 »

2013年2月13日 (水)

2013.3月号「dacyu」日本酒特集を買ってみた

2013.3月号「dacyu」日本酒特集を買いました。

Dscn6434

今年は随分とシンプルな表紙。

最近の「dancyu」がこういった装丁なのか、今回の日本酒特集だけなのか…。

 

タイトルが「新しい日本酒の教科書」というあたりと、グルメ雑誌とは思えない素敵なテキストブック感あるデザインから、日本酒のトレンドをリード&作成してきたのは「dancyu」様なのよ!という矜持が伝播してきますね。

 

 

さて今年も色々書かせていただく前にこれは日本酒好きの戯言ではなく、「dancyu」日本酒特集ファンの一人として書かせていただいているというのをまずは伝えたい。

それが、これ。

Dscn6436

Dscn6435

1998年は日本酒特集がなさそうな年だったので持っていませんが、1997年からそれ以降は所持しておるのですよ。

アマゾンさんの中古だったり、ヤフオクでセコセコと買い集めたわけで、これを見て「吹けば飛ぶようなヘッポコブロガーが何か喚いているわぁ」と思わずに「こんな熱心な読者様が福音をくださっているわ♪」と思っていただきたい!

まぁ2007年からしかプレジデント社にお金を落としてないけど(苦笑)

そんな背負っているバックボーンが他所のミーハーブロガーとは違う半可通が今年も色々と書いていきます。

過去記事はこちら。

2007

2008

2009

2010

2011

2012

 

 

 

今年のを読んだ感想としては、今年はマニアではなく一般の人に寄った内容で、昨年のような298円の幕の内弁当感はないし、レイアウトなども見やすく、飲み方やおツマミなどの紹介も量で勝負せず質で勝負って感じで良かったんじゃないかと。

お酒の紹介も程々で「dancyu」に載りました!と謳っても良いくらいの紹介数。

美味しいお酒ばかり載っていますが、バランス重視だったり、食中酒寄りがメインで抜けた個性はなく、掲載されたから人気に火がつくという訴求力は低いでしょうけど。

それと注目の若手蔵8人が紹介されていますが、他の蔵元さんには悪いけど1蔵だけ抜けてますよ。

元々の蔵の立ち位置もあるでしょうけど、お酒の質、アイデア、ラベル、見ている所がちょっと違う印象があります。

個人的にはそこ1蔵の特集が見たかったかなと。

 

 

全体に悪い特集ではなかったと思うのですが、少し気になったのは、燗酒もいいけれど冷やすのNGですか?というところと、脱辛口の酒くださいのススメのところ。

この辺て酒販店さんや料飲店さんに寄りすぎている気がしてどうもねぇ…。

こうやって飲むといいですよという飲み方の提案は非常に素晴らしいし、日本酒にフルーツ入れるなんて!とか、ソーダで割るなんて!と小馬鹿にしたり、怒ったりするような頭で飲むようなバカとは違う半可通ですが、ここ数年の燗酒推しだったのを今年は冷酒フォローみたいな感じで書いているのが引っかかる。

今年の一般向けという内容だったら、こういうのが燗酒向きでこういう飲み方がありますよ、こういうのは冷酒向きでこういう飲み方で楽しめますよでいいじゃない。

こんなこと書くと、アレ(掲載されたお酒)は冷酒よりもお燗の方が美味いだの、アレは冷酒以外で飲むとダレて不味いなんだのピーピー五月蝿いのが出てきますが、自分とその周囲の飲み方が全て正しいという狭いコミュニティで言わせておきゃあ言いし、燗してダレても冷酒で美味けりゃ冷やして飲めばいいだけで、そんなの放ってきゃいいのです!

所詮自分は味がわかる(キリッ)とか、マスだと勘違いしているだけの連中ですよ(主にブロガー&それにコメントする連中)

そんな輩が日本酒普及を!と言いつつ、好みは違うが同じ目的の人の裾を踏んでいるような人多いし。

嗜好品なんだから好きに飲ませろ!と思うので、どちらも一度に載せておけよ。

金かからずページも埋まるし。

 

 

脱辛口くれのところは、「ためしてガッテン」の日本酒好きディレクターさんが携わっての特集記事。

確かに「ためしてガッテン」っぽい(数回しか見たことないけど)感じ。

「ためしてガッテン」的な流れで書かれていますが、何故かイラッとする(苦笑)

テレビだったら画と声でスムーズに短時間で入ってくるのが、雑誌だと読みこまなきゃいけないしね。

やっぱりテレビだよねぇというテレビアゲする印象しかない。

 

それにこの企画「辛口くれ!」とお客さんに言われて、そのお客さんが飲んで(買われて)「これで辛口?」と返された時の保険にしか感じないのは半可通だけ?

データ見せられて、結論「吟醸酒は甘口になってきている!」と書かれていて「最近はこれが主流なんですよ。dancyu読者が今時辛口くれなんて恥ずかしいですよ(ニヤニヤ)」にしたいとしか伝わらないんだけど…。

それに結論「甘辛よりは重い軽いを言ったほうがいい!」とも書かれていて、軽重と甘辛は同じベクトルなの?

アルコール度数の関係で軽重に感じたり、人によってはアルコール度数の高さからくる刺激が辛さに感じるわけだし、入り甘くても度数高かったら重いし、辛いしと感じませんか?と。

もうちょいガッテンできる仕上がりなのかなと読んでいましたが、辛口にとらわれずに色々飲んでみてねという文章の為のフリとテーマが「脱辛口くれ」というだけでしたね。

もし辛口くれと言われたら・・・というので、酒販店&料飲店さんがコメントしてところもありました。

例えですがホームランバーを食べたい人に、こっちの方がオススメ!とハーゲンダッツバニラを渡したって求めているのが違うでしょ!と。

ホームランバーというアッサリバニラ風味を飲み物無くサラッと食べたかったのに、ハーゲンダッツの濃い味を飲み物なしで食べたら口に残るでしょ。

どちらも美味しいアイスですが、その時々のシチュエーションや体調、お財布事情で食べたいアイスがあるわけですよ。

日本酒も同じだと半可通は思うわけでして、

辛口ください=いいお酒くださいと理解し、辛口というキーワードは無視(笑)

なんて酒販店さんが載っていたけど、常連はさすが!とか思うのかもしれないけどこっちからしたら、そんなのかっこ良くないから!

お客の背景を見ずに、テメェの価値観をお客に押し付けんな!このオナニー野郎!という気しかおきません。

お客のニュアンスをつかめない店に2度も3度も行きませんし、こういうのも結果的に裾踏んでると思うのです(苦笑)

タイプはどうあれ、最初から現代的な辛口を提案されたらお客の辛口キャパも広がるだろうけど、広げるのではなく店側に引きこむのはどうも好きじゃないなぁ・・・。

 

文句(悪口?)ばかり書いていますが、進化する大吟醸のところは良かったですね。

「天の戸」の記事&写真も良いし、料理人さんのところも紹介されたお酒のところも良い感じ。

 

 

とまぁ色々書きましたが(文句はこのブログにコメするのではなく、ご自分のツイッター等でお願いし枡)、手に取る人が限られる雑誌からトレンド作るなんてもう無理だし(小さいパイの取り合いくらいはある)、人気に火をつける効果も昔ほどないし、その辺はテレビやネットにまかせて、雑誌にしかできないことをやって欲しいなぁと思います。

読んでいてもワクワクしないんだよなぁ…。

でもカキフライとかの食べ物の特集は惹かれたので、グルメ雑誌としてはイイね!(フライだけにアゲ)

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 外飲みバンザイ! 美味さとボリュームに大満足!「鱈腹魚金」 | トップページ | 昼酒バンザイ! 夫婦で「旬亭 よこ田」 »

日本酒」カテゴリの記事

読書」カテゴリの記事

コメント

昨晩は、清りょうじゃない方の群馬の町田酒造店の普通酒(太平人)を頂きました。
同席の方にお燗の魅力を感じて頂けて、とても嬉しかったです(^_^)v

今年はdancyu読んで無いですね~。
マニア向け回なら、冷やかしてみようかと(^_^;)

投稿: トール | 2013年2月15日 (金) 08時37分

トールさん

>清りょうじゃない方
初めて知った…。
群馬に同じ名前の酒造が2つあるんですね。

それなのに町田酒造というお酒を出すとは、なんという駆逐作戦(苦笑)

>マニア向け
それ用にオマチスト特集もあったので、マチスモは立ち読んでもいいのでは?


投稿: 半可通 | 2013年2月15日 (金) 10時14分

>同じ群馬に
群馬で「尾瀬の雪どけ」や、「水芭蕉」の永井酒造などはご存知でしょうが、
永井本家の「尾瀬の淡雪」なんて銘柄もあるですよ。
手元には、永井本家の「利根錦」純米があります(^_^)v

今日は、二十五年の休業を経て復活した、清水屋酒造の「榮萬寿」純米生酒を頂きました。
相模灘の辛口を、ちょっと単調にした味わいですかね(^_^;)

>立ち読み
雄マチスモは了解しました。

投稿: トール | 2013年2月15日 (金) 22時44分

トールさん

本家、分家の繋がりなんですかね?

静岡の酒造だと望月さんが多いけど、同じ名字なのに親戚でもなかったりするみたいだし、名家はよくわからん。

>榮萬寿
ググったらはせがわさんで扱っているんですね。
ボトルがワインっぽいから、味も辛口白ワインって方向ですかね?

第2の巫女ポジションかしら?

>雄マチスモ
マチスモだったら知らない銘柄はきっとないので、立ち読みで充分ですよ。

投稿: 半可通 | 2013年2月16日 (土) 09時35分

ようやっと立ち読みして参りました。
一つチェックしつつ飲んでない銘柄がありましたね。

しかし、毎回紹介される固定メンバーを見て、かなりがっかりです(^_^;)

投稿: トール | 2013年2月22日 (金) 11時06分

トールさん

燦然?
というか、未飲が一つだけなのね(苦笑)

>固定メンバー
狭い業界だから、そうなってしまうんでしょうね。

ある程度の箔も必要だし…。
ただのブロガーが出てこられても説得力ないしね(笑)

投稿: 半可通 | 2013年2月22日 (金) 20時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/49270776

この記事へのトラックバック一覧です: 2013.3月号「dacyu」日本酒特集を買ってみた:

« 外飲みバンザイ! 美味さとボリュームに大満足!「鱈腹魚金」 | トップページ | 昼酒バンザイ! 夫婦で「旬亭 よこ田」 »