« 澤の花 特別純米酒 ひやおろし | トップページ | くどき上手 大吟醸 澱がらみ »

2013年3月 6日 (水)

水尾 特別純米酒 金紋錦 ひやおろし

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

「水尾 特別純米酒 金紋錦 ひやおろし」

田中屋酒造店

Dsc_0964

Dsc_0965

使用米:木島平産金紋錦

精米歩合:59%

アルコール度数:16度以上17度未満

製造年月日:24年9月

値段:4合1,680円(税込)

感想

Dsc_0967

開栓初日(12/2)

冷やしていただく。

上立ち香は、スゥ~と軽いセメダインの香り。

口に含むと、やわらか~い口当たりに溶け込むジュッとした甘みとスッと爽快な酸にツゥ~とした旨みとクゥ~とした奥深いコクが広がり、その後、ジュ~と酸が主張する爽快な甘酸とギュツ~とした旨みのふくらみをスゥ~と爽快な酸とクゥ~としたコクで引けていき、クッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、スゥ~とした軽い酸に軽い旨みとコク。

12/17

常温でいただく。

やわらか~い口当たりでジュッとした甘みとスッと爽快な酸に、ツゥ~と程よいボリュームと多少艶やかな旨みとクゥ~と軽快で奥深いコクが広がり、その後、ジュウ~と酸が主張する甘酸とツゥ~とした旨みのふくらみをスゥ~と爽快な酸とクゥ~とした奥深いコク&軽い辛さで引けていき、クッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、スゥ~と軽い酸と微かな甘旨みに軽いコク辛さの爽快感。

初日よりも多少艶やかさが増した。

お燗でいただく。

フォッとした甘みとフオッと丸い感じの艶やかな旨みにスゥ~と細身だがしっかりした酸がふくらみ、その後、ジュッフゥ~とした軽い爽快さを伴った甘旨酸のふくらみをスィ~とした爽快な酸とクゥ~とした爽快なコク辛さで引けていき、クッとした爽快感と辛さでキレ。

余韻は、フゥ~とした甘旨みと心地よい爽快感。

 

 

爽やかな酸が引っ張っていくツルリとした程よいボリュームのある旨みと奥深いコクを楽しめる、「ひやおろし」という感じの味ノリと温度帯ユーティリティなお酒。

旨みのボリュームは程よくありますが、ツルリとしていて当たりはやさしくやわらか。

一連の流れが滑らかで、入ってキレまでの流れがスルリとしている。

ジュッとひやおろしらしい甘みはありますが、それよりも細身だが角の取れた酸が主張し、食中酒らしい味わい。

お燗にすると、スルッとした甘酸と旨みふっくらでキレはスフッと燗上がりしまくり♪

温度が冷や(冬場の常温)以下だと酸が主張するお酒ですが、ぬる燗から45度くらいだとふっくらし、丸みと一体感がでてウマウマ♪

熱めだとこれまた酸と爽快感が立ち、良さはイマイチ…。

これは冷や(常温)かお燗という、ザ・ひやおろしモデルですね。

 

レギュラー特純もそうですが、お燗で飲むならひやおろしくらいの時期(熟感)でないと良さがでないですね。

この辺りは金紋錦が山田さん系統というのもあるのかしら?(たかね錦は知らん)

 

それにしても、ひやおろしは食中酒系のお酒造っているところのお酒の方が楽しめるなぁと。

華やか系は生の方が良いのが多数…。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 澤の花 特別純米酒 ひやおろし | トップページ | くどき上手 大吟醸 澱がらみ »

2012 飲んだ日本酒(リキュール含む)」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

長野県のお酒」カテゴリの記事

コメント

昨今は、ひやおろしと言いつつも生生なお酒が多いし、
華やか系はそちらで楽しんでますね~。

投稿: トール | 2013年3月 6日 (水) 10時09分

トールさん

まぁ生でも火入れでもいいのですが、秋上がり&ひやおろし酒は猫も杓子も暖色系ラベルで、寒くなってきて手に取る頃にはすでに新酒が出ていました…。

あの色、訴求力ないんだよなぁ…。

投稿: 半可通 | 2013年3月 6日 (水) 21時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/48381707

この記事へのトラックバック一覧です: 水尾 特別純米酒 金紋錦 ひやおろし:

« 澤の花 特別純米酒 ひやおろし | トップページ | くどき上手 大吟醸 澱がらみ »