« 水尾 特別純米酒 | トップページ | 立ち飲みバンザイ! 新橋「庫裏」 »

2013年4月12日 (金)

三芳菊 壱 23BY

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

お勉強飲み。

「三芳菊 壱 23BY」

三芳菊酒造

Dsc_1216

使用米:山田錦等外米

精米歩合:65%

アルコール度数:17度

製造年月日:24年11月

値段:1升2,100円(税込)

感想

Dsc_1218

開栓初日(1/29)

冷やしていただく。

上立ち香は、フゥ~スゥ~と南国フルーツの甘い香りが重めに香る。

口に含むと、フゥ~とやわらか口当たりでジュウ~と重めの甘みとスゥ~とした南国フルーツのような酸に、ジュオ~とした弾力&口の中がコーティングされたような艶やかな旨みとクゥ~としたコク辛さ&微かなえぐみが広がり、その後、ジュウ~としたちょい重めの甘酸とツゥ~とした旨みに微かなえぐみのふくらみをスゥ~とした酸とクゥ~とした軽いえぐみ&コクでスッと引けていき、クッとした軽いえぐみ&辛さでキレ。

余韻は、スゥ~としたえぐみの爽快感とスゥ~とした甘旨酸。

甘みしっかりでも派手さはなく、重さもあるし、しっかりした酸の方が主張する感じで意外と甘さは感じない。

生熟し、旨み艷やかでいい感じだが、ちょい生ヒネだし、酸が立って日本酒というよりはしっかりした白ワインって感じ。

まぁワイン全然知らないので、あくまでもイメージだけど(苦笑)

2/5

冷やしていただく。

やわらか~い口当たりでジュウッと密度の濃い甘みとスッ!とした酸にギュウ~と程よい弾力のある旨みとクゥ~としたコク&軽いえぐみが広がり、その後、ジュウ~としたジューシー甘酸とフゥ~とした旨みのふくらみをスゥ~とした酸とクゥ~と軽快なコク&微かなえぐみで引けていき、スックッとした辛さでキレ。

余韻は、フゥ~とした甘酸と微かな弾力のある旨みに微かなえぐみの爽快感。

初日よりもふんわりで、酸の主張が引っ込み厚みが出てもポップに飲める。

美味い。

 

 

酸が引っ張っていく、ギュッと詰まった甘旨みを楽しめて後口はスッキリのお酒。

開けて2日目で生ヒネ気にならず、重さも気にならずで、5日くらい経つと酸の主張が引っ込み一体感がでてウマウマ。

等外米とはいえ元々の米質がいいのか、この時期に飲むといい感じで質の良い旨味感が楽しめますね。

 

 

「壱」自体、以前あった味の多さがなくなった感じ。

個人的にはそれがネガでもないのですが、上質感は上がったのでこれはこれでアリかなと。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 水尾 特別純米酒 | トップページ | 立ち飲みバンザイ! 新橋「庫裏」 »

2013 飲んだ日本酒(リキュール含む)」カテゴリの記事

徳島県のお酒」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/49534782

この記事へのトラックバック一覧です: 三芳菊 壱 23BY:

« 水尾 特別純米酒 | トップページ | 立ち飲みバンザイ! 新橋「庫裏」 »