« 三芳菊 壱 23BY | トップページ | 真澄 純米大吟醸 山花 »

2013年4月14日 (日)

立ち飲みバンザイ! 新橋「庫裏」

とある用事で夕方まで三田におりまして、それなら帰り道に新橋のあそこへ寄りましょ♪と向かった先は「立ち飲み庫裏 新橋駅前ビル店」

Dscn6488_2

18時前で先客4、5人ってところに半可通が来たら女性2人組とサラリーマンの方がお帰りになられた。

半可通の負のオーラか異臭でしょうね。

 

まぁ気にせずに飲みましょと、つまみ2品とお酒3種で1,000円セットというのがあったので、まずはそれを注文。

お酒1種類だけ選べるというので、「寫楽」の雄町をチョイス。

Dscn6490

Dscn6491

「謙信 純米吟醸生酒 越淡麗」

「梅錦 黒純米」

「寫楽 純米吟醸生酒 備前雄町」

おつまみはきゅうりに紫蘇が巻かれたのと、塩辛。

んでは、いただきます。

「謙信」は良いバランスのジューシーさと、きれい且つ程よいボリュームの旨みでシュルッとキレ。

これは美味いわ!

品のある味わいとボリュームで、これは日本酒好きから苦手な人まで好まれるお酒って感じ。

マニアなブログや酒屋等の煽りに引いておりまして、「謙信」家飲みしたらその一派に見られるのが嫌でスルーしていたけど、以前飲んだ五百万石の生や火入れのも美味しかったし、今度家でじっくり飲んでみよ(マニア入り)

「梅錦」は山廃低精米とは思えないスルリと飲みやすさがありつつ、しっかりした旨みと酸具合。

冷酒でもいけるねという練れと味わい。

塩辛やっつけるには、これ一択!

「寫楽」は雄町らしいボリュームと精米歩合らしいきれいさを併せ持つお酒。

やわらかな甘酸で、今でも美味しいけど開けてもうちょい経ったくらいが良いかも。

これは家飲みで楽しめそう♪

ここでおつまみ2品追加。

Dscn6492

かつおの磨きなんちゃらと味噌漬け3種。

お酒も2つ追加。

Dscn6493

「くどき上手 30周年記念 純米大吟醸」

「いきな女 山廃仕込 特別純米酒」

「くどき上手」は純米大吟醸の完成形という少しのケチもつけられない完璧なお酒。

派手すぎない香りなのにスゥ~と鼻腔を通り過ぎる上品な甘い香りで、上品な甘みと磨きに磨かれたきれいな旨みなのにきっちりとしたボディ感。

飲み込んだ後のスゥ~という余韻感は、今まで飲んだお酒でもトップクラスだと思う。

それでも若干の若さもあり、今飲んでも寝かしてもよい素晴らしい完成度。

飲んでいてニヤけてしまう。

さすが播州山田錦だと、30%まで磨いても旨みしっかり味わえるだなぁ…。

こういう王道ど真ん中を造らせたら、やっぱり「くどき」は凄いわ。

前も言ったけど、こういうやつのお手頃系を定番にしてくれ!!

「いきな女」は山廃らしい酸とキレがきれいに広がり、満足感ありつつ冷酒でもスルリと飲める。

まぁ冷や(常温)くらいでユルユルと飲みたい感じですね。

お次はこれ。

Dscn6495

「玉川 純米吟醸無ろ過生原酒 祝」

「玉川」らしい風味とボリュームしっかりで、丸みある甘みと旨みの弾力でブイブイしつつスルリ。

相変わらず面白美味くて個性がポジ。度数含めてしっかり系なのに飲みやすい。

久しぶりに飲んだけど、やっぱり美味いわ。

この辺で隣の人に話しかけられ、もうこれで帰ろうかなと思っていたけど流れでもう1杯注文。

Dscn6496

「勝駒 純米酒」

過不足ない甘旨みと香りで、スイスイガツンという飲みごたえときれいさでシュッとキレ。

「勝駒」はいつ飲んでも外れなし!

 

 

混んできたので、早々に空にして帰りました。

やっぱりこの店はいいですね!

女性客からオッサンまでひっきりなしにお客さんが来る人気店。

以前あったおでんがなくて温か系つまみがなかったのは残念でしたが、色々な日本酒を手頃に楽しめてホント良いお店。

「くどき」なんて90ml700円ですよ!?

シンジラレナーイ。

またこの辺に用事作って飲みに来ないと…。

 

 

ご馳走様でした!

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 三芳菊 壱 23BY | トップページ | 真澄 純米大吟醸 山花 »

外飲み」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/51209243

この記事へのトラックバック一覧です: 立ち飲みバンザイ! 新橋「庫裏」:

« 三芳菊 壱 23BY | トップページ | 真澄 純米大吟醸 山花 »