« 鷹長 純米酒 | トップページ | 華一風 特別純米生酒 低圧しぼり 槽直とり »

2013年5月21日 (火)

「2013 長野の酒メッセin東京」に参加してきた

「2013  長野の酒メッセin東京」に参加してきました。

長野県のイベントに参加するのは初めてでして、ドキがムネムネしながら行って参りました。

 

会場はグランドプリンスホテル高輪。

品川駅から坂をヒーコラ登る…。

Dsc_1515道半ば

んで、到着。

Dsc_1516

1524

地下の会場へ。

1517

受付して会場内へ。

1518

一般受付開始時間(16時)直後でこの人数(それ以前はプロの試飲会)

 

 

ということで、人が多いので写真撮影はこれで終わり〼

ここからは飲んだ順番ではなく、資料の番号順に飲んだのを列挙していき〼

では、スタート!

 

中善酒造店

「中乗さん 契約農家産美山錦 大吟醸」

「中乗さん 契約農家産美山錦 純米大吟醸」

 

湯川酒造店

「九郎右衛門 純米吟醸9号」

「九郎右衛門 純米吟醸長野酵母」

「木曽路 三割麹純米酒」

オモロウマ

「木曽路? 山廃あらばしりオリガラ」

「木曽路? 山廃中取り」

 

山廃があるのを初めて知りました。

そして、この山廃が良い感じ♪

毎年秋に発売される山廃の火入れがあるらしく、これは是非飲んでみたい。

今年の「九郎右衛門」はさらに洗練された印象で、長野酵母と山廃中取りが特に美味し。

 

北安醸造

「北安大國 純米吟醸無濾過生原酒」

「北安大國 純米酒 豊響」

「北安大國 純米原酒 五割麹仕込」

オモロウマ

「北安大國 濃醇原酒」

オモロウマ!

普通酒らしいけど、こういう濃くて甘ウマな普通酒はかなりイイ!

ロックでユルユル飲んでも良さ気♪

 

全般に甘みしっかりなのに、しつこくないのが良い。

 

米澤酒造

「特別純米 おたまじゃくし」

棚田米

「特別純米 中川村のたま子」

平地のお米

「新今錦伝 自然共生701」

「新今錦伝 自然共生901」

「新今錦伝 激闘編914」

9号&14号酵母

「新今錦伝 長野ウルトラD」

 

特純のお酒をブースの人は「同じ品種なのでそんなに変わらないですよ」と言っていたけど、ちょっと違うように感じたなぁ…。

 

仙醸

「黒松仙醸 こんな夜に 純米大吟醸 満月」

「黒松仙醸 こんな夜に 純米吟醸 山椒魚」

「黒松仙醸 こんな夜に 純米吟醸 山女」

雷鳥よりもワインっぽい酸を感じる。

「黒松仙醸 こんな夜に 特別純米生 鹿」

「黒松仙醸 こんな夜に 特別純米 鹿 21BY」

古酒感なしで良い感じの食中向きのスッキリ酸具合。

「黒松仙醸 こんな夜に 純米 雷鳥」

柑橘系の酸。

 

他ににごりっぽいのを飲んだけど、何か忘れ。

 

漆戸醸造

「井の頭 純米大吟醸」

「井の頭 純米吟醸 袋取り生」

「井の頭 純米吟醸」

「井の頭 純米」

 

純米と純吟生美味し。

知らない銘柄でしたが、良いお酒。

 

西飯田酒造店

「積善 純米吟醸生原酒」

「積善 純米吟醸 超辛」

「積善 純米吟醸 愛山」

「積善 純米酒」

 

「ひとごこち◎ユーティリティでウマウマ♪」とメモ書きされてました。

純米と純吟がひとごこちみたいだけど、両方かどちらかか自分でも分からない(苦笑)

とにかく記憶の中では、芯のある味わいにスッキリした香り&スッキリした酸のあるお酒という印象で、長野でもカラーがちょい違うタイプかなと。

そしたら花酵母を使うところみたいですね。

7号系とはまた違うシャープさがあって、また飲んでみたいお酒。

 

高橋助作酒造店

「松乃尾 純米大吟醸」

「松尾 純米吟醸 荒瀬原」

「松尾 純米美山錦」

「戸隠 特別純米 錦」

「戸隠 戸隠 槽口搾り 錦」

「信乃大地 黒姫高原ヨーグルトのお酒」

 

う~ん、日本酒もいいけど一番はヨーグルトのお酒(笑)

「松尾」は旨口「戸隠」はちょい香り系みたいだけど、両者とも以前飲んだ時よりも洗練された感じ。

一つ気になるのは、シャレオツラベルなのはいいけど、どれを飲んだか覚えづらいんだよなぁ…。

スペックも分かりにくいし。

 

酒千蔵野

「川中島幻舞 大吟醸Premium」

「川中島幻舞 純米吟醸」

「川中島幻舞 特別純米酒 山田錦」

「川中島 特別純米酒」

「川中島 特別純米辛口」

「川中島 純米にごり」

 

ひさしぶりににごり飲んだけど、ここのにごりはにごり率の高いお酒は苦手の半可通でも飲めるしっかりにごり。

池袋西武で今度買おう。

 

高沢酒造

「豊賀 純米吟醸」

「豊賀 特別純米酒 中取り」

「豊賀 特別純米生原酒」

「米川 本醸造」

 

飲んだのどれも美味し!

「豊賀」が美味いのは知っていましたが、本醸造も甘口でウマウマ。

長野行ったら「米川」飲んでみたいなぁ。

 

松葉屋本店

「北信流 金紋錦純米生原酒」

「北信流 純米吟醸 16号」

「北信流 純米吟醸43」

加水火入れで度数ちょい下げ。

「北信流 純米吟醸 翠」

 

高天酒造

「高天 純米吟醸生」

ちょいクセ

「高天 特別純米生一本旨口」

ちょいクセ

 

菱友醸造

「御湖鶴 純米吟醸 金紋錦」

「御湖鶴 純米酒 金紋錦」

純米は昨年のお酒。

 

純吟の方がいいなぁ。

 

舞姫酒造

「舞姫 大吟醸 斗瓶囲い」

「舞姫 純米酒」

「翠露 純米吟醸美山錦生」

サッパリジューシーで良い感じ。

「翠露 辛口純米酒」

旨味あるのにキリリとしていて好み。

 

酒ぬのや本金酒造

「本金 純米 雨あがりの空と」

夏酒

「本金 純米酒」

「本金 純米吟醸無濾過生原酒」

ちょいクセ

「本金 純米吟醸火入れ」

「本金 大吟醸原酒」

 

純米と純吟火入れが好みでした。

 

沓掛酒造

「互 先発しぼりたて生原酒」

あらばし

「互 中継ぎ生原酒」

中取り

「互 隠し玉 袋吊り」

「福無量 純米酒」

 

先発と中継ぎが好み。

地元向けの純米もタイプは違うが悪くない。

 

岡崎酒造

「亀齢 純米吟醸」

「亀齢 純米吟醸生」

「亀齢 純米酒」

 

土屋酒造店

「亀の海 純米吟醸無濾過生」

 

田中屋酒造店

「水尾 純米大吟醸」

「水尾 純米吟醸」

「水尾 特別純米酒」

「水尾 一味」

「水尾 特別本醸造」

「水尾 特別本醸造生」

 

純大と特本美味し。

純吟が以前と違う気がしたので、ブースの人に聞きましたが昨年と造りは変わりないとのこと。

そういえば、純吟火入れは久しく飲んでなかったわ(苦笑)

 

角口酒造店

「北光正宗 純米大吟醸 金紋錦」

「北光正宗 純米吟醸 金紋錦」

「北光正宗 特別純米 金紋錦」

 

あともう1種飲んだけど忘れ。

上2種は香りあるタイプで、下はサッパリ寄り。

ここに限らずですが、個人的にラベル統一しているのに味や香りに統一感ないのはどうしてもモヤモヤする…。

 

井賀屋酒造店

「岩清水 純米吟醸無濾過生 槽搾り」

ちょい木っぽい風味

「岩清水 純米五割麹無濾過生 槽搾り」

ワインっぽい

「岩清水 純米吟醸 無濾過瓶火入れ」

ワインっぽい

「岩清水 純米五割麹無濾過瓶火入れ」

 

どれもやわらかで、味と酸がしっかりあるタイプ。

 

丸世酒造店

「旭の出乃勢正宗 もち米熱掛四段本醸造」

 

銘柄読めん(笑)

 

大信州酒造

「大信州 超辛口純米吟醸」

「大信州 手いっぱい」

贅沢味♪

 

EH酒造

「信濃の国 酔園 大吟醸叡智」

「信濃の国 酔園 やわ口吟醸」

「信濃の国 酔園 辛口純米」

 

志賀泉酒造

「大吟醸 朝から大吟醸」

「純米大吟醸 朝から大吟醸」

 

なんちゅう名前だ(苦笑)

 

佐久の花酒造

「佐久の花 純米吟醸無濾過生酒」

「佐久の花 純米吟醸無濾過生酒 SpecD」

「佐久の花 辛口吟醸 無濾過生酒」

 

「佐久の花」ってSpecDの華やかイメージがありましたが、7号酵母の純吟美味し!

旨味感しっかりなのにきれいでシュッといていて、半可通好み。

辛口も旨味しっかりあるのに締まったタイプでウマウマ♪

「佐久の花」が派手目でも控え目でも美味いのに驚いた…。

 

芙蓉酒造

「芙蓉 一念囲い」

 

古屋酒造店

「純米吟醸 深山桜」

ちょい華

「和和和 純米吟醸美山錦生原酒」

「和和和 純米吟醸 雄山錦」

「和和和 特別純米ひとごこち生原酒」

 

雄山錦のが好み。

 

伴野酒造

「澤乃花 本醸造」

「澤の花 ささら 超辛口吟醸」

「澤の花 純米」

「澤の花 純米大吟醸」

昨年のお酒

「澤の花 夕涼み 純米吟醸」

キリリと美味い

 

う~ん、下のクラスから上のクラスまで万遍なく美味い。

アル添でも純米でも美味いし、どれも外れなし!

 

笑亀酒造

「笑亀 手造り純米酒」

永遠に飲めそうな純米で良い酸具合。

「笑亀 直汲み無濾過生原酒」

「笑亀 純米吟醸火入れ」

「からから帝王」

ツンツンしていない辛口で面白い。

 

あと古酒もいただいた。

色々なお酒があって面白い蔵ですね。

古酒も良い感じ。

 

とまぁこんな感じで2時間ちょいいましたが、18時近くになると人がさらに増えたし飽きたので帰りました。

帰りは駅までの送迎バスで楽ちん♪

 

感想としては、名前は知っているけど初めて飲んだという銘柄も多くて今後の参考になりました。

それと、とにかく人が多いイベントでしたね。

しかも会場がそれほど広くないからか、結構な圧迫感。

そんな感じで、まぁ来年は行かなくてもいいかなと。

 

そしてイベント中に某料飲店さんに声をかけられ、メガネトーク。

17時過ぎているのにいたので、「今日休みなんですか?」と聞くと「これから仕事」とのこと。

17時過ぎて、ここにいちゃダメでしょ!(笑)

この時にもこんなやり取りした気がする…。

「なんか良いのあった?」と聞かれたので、「松尾のヨーグルト酒が美味しかった」と勧めておきました(スイーツ男子) 

 

 

 

そんなこんなで、蔵の方、スタッフの方、ありがとうございました!

それにしても13時から20時までって蔵の人は大変だ…。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

グルメ食品・ギフトを通販でお取り寄せ!ぐるなび食市場

|

« 鷹長 純米酒 | トップページ | 華一風 特別純米生酒 低圧しぼり 槽直とり »

2013 参加したイベント」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

>朝から大吟醸
なんて素敵なネーミングかしら(^_^;)

クロウェモンの濁り生を注文してますが、山廃ではありません。
入荷するといいなあ。

投稿: トール | 2013年5月21日 (火) 13時21分

トールさん

>クロウェモン
きっとにごりも良さ気。


山廃は木曽路銘柄みたいですね。
山廃は中取りのほうが好みですが、以前からクロウェモンが好きなら、あらばしの方がオススメかも。

投稿: 半可通 | 2013年5月21日 (火) 20時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/51702309

この記事へのトラックバック一覧です: 「2013 長野の酒メッセin東京」に参加してきた:

« 鷹長 純米酒 | トップページ | 華一風 特別純米生酒 低圧しぼり 槽直とり »