« 相模灘 本醸造にごり生 | トップページ | くどき上手 純米大吟醸10年古酒 »

2013年5月 6日 (月)

若駒 五百万石60 無濾過生原酒おりがらみ

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

オリガララーガ。

「若駒 五百万石60 無濾過生原酒おりがらみ」

若駒酒造

Dsc_1284

Dsc_1286

使用米:五百万石

精米歩合:60%

使用酵母:T-S

アルコール度数:17度以上18度未満

醸造責任者:柏瀬幸裕

製造年月日:24年10月

値段:1升2,835円(税込)

感想

Dsc_1287

開栓初日(2/27)

冷やしていただく。

上立ち香は、スゥ~と軽いソーダのような香りとオリの香り。

口に含むと、スフゥ~とした口当たりでジュッとした甘みとスッとした酸にフッギュ~としたモノトーン感ありつつ程よいボリュームのある旨みとクゥ~とした程よいコクが広がり、その後、ジュ~としたやや酸が主張する爽やかな甘酸とフォ~とした旨コクのふくらみをスゥ~とした爽快な酸とクゥ~としたコク&微かな爽快感でフッと引けていき、そのままクッとした辛さでキレ。

余韻は、フゥ~と軽い旨コクと軽い爽快感。

美味い。

サッパリした甘みと爽快な酸はありますが、何かほんの微かなトロミみたいなコーテイングされつつ甘酸が広がる感じ。

旨みも当たりはやわらかなのに弾力あるフォッとした旨味で、米の質が良いのかな?と感じさせる旨味感。

開けてすぐはギクシャクした感じだったのが、注ぐ度にオリを混ぜるために天地逆にしてから注いでいたからか、段々と纏まってきてウマウマ♪

飲んで鼻に抜ける香りはオリの野暮ったさがすこしあるが、それ以上に旨味の質とキレが良いのでさほど気にならず。

3/6

冷やしていただく。

スゥ~とした口当たりでジュウ~とした甘みとスゥ~とした爽やかな酸に、グギュ~とした当たりはやわらかだがモノトーン感ある程よいボリュームのある旨みとクゥ~と軽快なコク辛さが広がり、その後、ジュウ~とした爽やかな酸がやや主張する甘酸とギュ~とした旨みのふくらみをスッとした酸とクッとしたコク辛さで引けていき、クッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、微かな甘みとフゥ~と軽い旨みに軽い辛さの爽快感。

初日よりも、ふんわりで質感が上がった。

 

 

サッパリした酸が主張する爽やか甘酸と、モノトーン感&オリのシルキーで程よいボリュームのある旨みが楽しめるお酒。

キレ良いが心地よくキレていく感じで後口サッパリ。

酸が引っ張っていきますが、程よい甘みとシルキーな旨味があるので酸の主張は強すぎない(半可通的基準値で)

今期2本目ですが、バランスの取れた米味と透明感ある酸は変わらずにスペックの差が楽しめる仕上がり。

こういうラベルと味に軸がしっかりあるとこ大好き♪

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 相模灘 本醸造にごり生 | トップページ | くどき上手 純米大吟醸10年古酒 »

2013 飲んだ日本酒(リキュール含む)」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

栃木県のお酒」カテゴリの記事

コメント

>オリガララーガ
澱あまり入ってない?

最近、すっかり栃木酒三昧です。
明後日あたり、いよいよ東力士の極一滴雄町を開けようかと(^_^)v

ガララーガも飲んでみたいにゃー。

投稿: トール | 2013年5月15日 (水) 10時07分

トールさん

いえ、オリはガラッていますよ。
オリガラとガララーガという野球選手をかけたダジャレ的なものdeath…。

今月は諸事情による節約月間なので、酒代おさえるために先程安ウマ本醸造2本購入。
その代わりに今日は高ウマ酒をグビグビ飲んでくるつもりです♪

>東力士の極一滴雄町
2本買って、もう1本は夏越しで飲んでみてください。
ホント極。

投稿: 半可通 | 2013年5月15日 (水) 10時56分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/50925345

この記事へのトラックバック一覧です: 若駒 五百万石60 無濾過生原酒おりがらみ:

« 相模灘 本醸造にごり生 | トップページ | くどき上手 純米大吟醸10年古酒 »