« 十九 Trifoglio生 | トップページ | 遊穂 純米酒 22BY »

2013年10月 3日 (木)

黒牛 純米無濾過生原酒 中取り

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

オール山田さんになってからの純米クラスは飲んだことないし、売れているみたいなので久しぶりに「黒牛」を購入しました。

「黒牛 純米無濾過生原酒 中取り」

名手酒造店 

Dsc_1607_edited1

Dsc_1608_edited1

Dsc_1610_edited1

使用米:山田錦

精米歩合:(麹)50(掛)60%

日本酒度:+2.0

酸度:1.8

アミノ酸度:1.4

アルコール度数:18.5度

製造年月日:平成25年7月

値段:1升3,000円(税込)

感想

Dsc_1611_edited1

開栓初日(7/24)

冷やしていただく。

上立ち香は、スゥ~と上品なサイダーのような香り。

口に含むと、フゥ~とした口当たりでジュウッと上品且つ濃密な甘みとスッ!としっかりした酸に、ギュウ~とボリュームありつつ端正な旨みがクゥ~とした軽い渋みを伴ったコクと共にふくらみ、その後、ジュスゥ~とした甘酸とギュ~とした厚みのある旨みのふくらみをスゥ~とした酸とクゥ~とした渋コク苦みでフェードアウトしていき、クッとした苦辛さでキレ。

余韻はフゥ~とふんわりだが、しっかりした甘旨みと軽い渋辛さの爽快感。

8/2

冷やしていただく。

フッスゥ~とした口当たりでジュウッと上品且つ濃密な甘みとスッ!とした酸に、ギュウ~としたボリュームありつつふわりとした旨みとクゥ~と軽快な苦コクがふくらみ、その後、ジュウ~とした上品且つやや濃密な甘酸とギュウ~とした旨みのふくらみをスゥ~とした酸とクゥ~と軽快な苦コク辛さで引けていき、クッとした苦辛さでキレ。

余韻はフワ~と軽い甘旨みと軽くヒリ~とした苦辛さの爽快感。

初日よりもふわりとした分、上品さとしっかりした飲みごたえのメリハリが出た。

 

 

 

ブドウのような甘酸とボリュームありつつ端正な旨みが上品なふくらみと共に楽しめるお酒。

濃密な甘みと旨味しっかりなのに、上品で飲みごたえありつつしつこくなく飽きずに飲める。

その辺は、中取りなのと甘み濃密でも派手ではないからかもしれませんね。

とはいえ、1杯の満足感はかなりあります。

 

このボリューム感と端正な旨味にこのふくらみ感で三千円ならお買い得だし、余韻の心地よい米感がいい感じ。

開けて1週間くらいで張りはあまりないですが、ジュワッとした甘旨みが楽しめて濃いのが好きな人はたまらないだろうなぁ…。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 十九 Trifoglio生 | トップページ | 遊穂 純米酒 22BY »

2013 飲んだ日本酒(リキュール含む)」カテゴリの記事

和歌山県のお酒」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/52651122

この記事へのトラックバック一覧です: 黒牛 純米無濾過生原酒 中取り:

« 十九 Trifoglio生 | トップページ | 遊穂 純米酒 22BY »