« 巌 純米酒 本生 | トップページ | 黒牛 純米無濾過生原酒 中取り »

2013年10月 2日 (水)

十九 Trifoglio生

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

「十九 Trifoglio生」

尾澤酒造場

Dsc_1599_edited1

使用米:長野県産等外米

精米歩合:50%

アルコール度数:16度

製造年月:平成25年3月(瓶詰め)

蔵出年月:平成25年5月

値段:4合1,350円(税込)

感想

Dsc_1602_edited1

開栓初日(7/18)

冷やしていただく。

上立ち香は、フゥ~としっとりしつつ爽やかな甘酸っぱい香り。

口に含むと、スゥ~とした口当たりでジュッとした甘みとスッと爽快な酸にギュ~と詰まった旨みとクゥ~と軽快なコクがチリリッと軽い渋みと共にふくらみ、その後、ジュウ~としたやや酸が主張する甘旨酸とチリ~とした軽い渋みのふくらみをスゥ~としたしっかりしつつ爽やかな酸とクゥ~とした軽快な渋コクでフゥ~と引けていき、クッとした渋辛さでキレ。

余韻はスゥ~とした軽い渋みの爽快感とほんのり甘旨酸。

 

 

酸が主張するが甘みもあるし、太さはそれほどなく爽やかなので、お酒だけでもいける。

7/22

冷やしていただく。

スゥ~とした口当たりでジュウッとした甘みとスッとスッキリした酸にギュ~と締まった旨みとクゥ~としたコクがフワリとふくらみ、その後、ジュ~とした甘酸とギュ~と締まった旨み&微かな渋みのふくらみをスゥ~と爽やかな酸とクゥ~と軽いコク渋みでフゥ~と引けていき、クッとしたコク辛さ&微かな渋みでキレ。

余韻はフゥ~と爽やかな甘旨みに微かな酸と渋みの爽快感。

初日よりも瑞々しいジューシーさが増し、渋みがなくなりふんわりさも増した。

美味い!

 

 

 

爽やかな酸が引っ張っていく、サッパリジューシー味と締まった旨みがふわりと味わえるお酒。

ジュウッとした甘みはあるが、サッパリしっかりした酸と共にきて爽やかジューシー♪

旨みありつつ、きれいふわりで半可通的には等外米でも充分な旨味感にふくらみと余韻。

 

出荷直後よりもこのくらいの時期に飲むのが美味いと思う。

 

名前&ラベルがシャレオツだからというわけでもないけど、味的にはイタリアンにホント合いそう。

個人的には野菜系のイタリアンで飲みたいかなと。

 

冷えている時はジューシーサッパリで冷や(常温)に近いと酸がちょい立つワインっぽい感じなので、半可通的には冷えている時のほうが好みでした。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 巌 純米酒 本生 | トップページ | 黒牛 純米無濾過生原酒 中取り »

2013 飲んだ日本酒(リキュール含む)」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

長野県のお酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/52651089

この記事へのトラックバック一覧です: 十九 Trifoglio生:

« 巌 純米酒 本生 | トップページ | 黒牛 純米無濾過生原酒 中取り »