« 相模灘 特別本醸造無濾過生にごり | トップページ | 「醸す人 東京農大魂 逸品堂シリーズ」を読んでみた »

2014年2月22日 (土)

三芳菊 零

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

 
「三芳菊 零」
 
三芳菊酒造
 
Dsc_2223
 
使用米:山田錦等外米

精米歩合:60%

アルコール度数:17度

製造年月:2013年8月

値段:1升2,205円(税込)

感想

Dsc_2225

開栓初日(12/22)

冷やしていただく。

上立ち香はフゥ~とパインとかそっち系の果実の甘い香り。

口に含むと、やわらか~い口当たりでジュウッと南国果実系の甘みと酸に、ギュウッとした程よい弾力と丸いボリュームのある旨みとクゥ~としたコク&微かに軽やかなえぐみが広がり、その後、ジュウ~とした南国果実系の甘酸とグゥ~とした旨みのふくらみをスゥ~とした酸とクゥ~とした軽い辛さ&軽やかなえぐみで引けていき、クッとしたえぐみ&辛さでキレ。

余韻はフ~とした軽い酸とフゥ~とした軽い甘旨みに軽い爽快感。

 

美味い。

迷わず飲めよ。飲めばわかるさ。

 

12/27

冷やしていただく。

やわらか~い口当たりでジュウッとした南国果実系の甘酸とギュウッとした程よい弾力と丸いボリュームのある旨みがクゥ~としたコク&微かなえぐみと共に広がり、その後、ジュウ~とした南国果実系の甘酸にグゥ~とした旨みとクゥ~としたコク辛さのふくらみをスゥ~とした酸とクゥ~としたコク辛さで引けていき、クッとした辛さでキレ。

余韻はフゥ~とした軽い甘旨みと酸に軽い辛さの爽快感。

 

初日とそんなに変わらず。

 

 

 

 

南国果実系のジューシーさと程よい弾力&丸いボリュームを楽しめる、日本酒っぽくないがちゃんと日本酒というお酒。

やはり「壱」よりも、「零」の甘酸と旨みのバランスのほうが好み♪

お酒だけで飲んでもいいけど、クリスマスパーティ系の洋風料理と飲むとよりグイグイすすみますね。

ジュースのように…といっても、ジュースのように後口がベタつくようなこともなく、旨みもしっかりあって甘いだけのお酒とも違います。

キレもしっかりあり、味わいの割にキレは結構辛口感がある。

 

値段、味も含めて1升瓶をケースで買ってもいいかもというお酒。

ゴチャゴチャ言わんと飲んだらええんや!(アキラ兄さん)

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 相模灘 特別本醸造無濾過生にごり | トップページ | 「醸す人 東京農大魂 逸品堂シリーズ」を読んでみた »

2013 飲んだ日本酒(リキュール含む)」カテゴリの記事

徳島県のお酒」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/54653645

この記事へのトラックバック一覧です: 三芳菊 零:

« 相模灘 特別本醸造無濾過生にごり | トップページ | 「醸す人 東京農大魂 逸品堂シリーズ」を読んでみた »