« 水尾 特別純米酒 | トップページ | 十九 M 生酒 »

2014年3月23日 (日)

立ち飲みバンザイ! 結局結「折原商店」

とある用事で門前仲町へ…。

 
用事も終わったし、この日も雨だったので雨宿りでも…と、向かった先は「折原商店」
 
Dsc_0448
 
先客に甘酒?飲んでいる人がいましたね。
 
わかる、わかる。
 
この日は冬に逆戻りみたいな寒い日だったしね。
 
というわけで、最初の1杯は初めて見る銘柄の「豊能梅 純米吟醸生」を冷酒でいただく。
 
つまみはおでん。
 
Dsc_0750
 
いっつも同じのを食べてますね(苦笑)
 
 
んでは、「豊能梅」いただきます。
 
瑞々しくシルキー&透明感ある甘酸とギュッと細身で程よく締まりつつきれいな旨みが広がって、シュッとキレ。
 
全体に透明感のある味わいと心地よいキレのあるお酒ですね。
 
流れによどみがなくて味はボンボンしていないし、このズバッ!とも、キリリ!とも違うシュッというキレ感は半可通好み♪
 
と今ブログ書いていて知りましたが、「豊の梅」という蔵のお酒でしたね。
 
名前は聞いたことありましたが、飲んだのはおそらく初めてだと思いまふ…。
 
目につくキラキラの箔押しラベルだし、万人に受ける味とお手頃な価格で良いお酒。
 
まぁカプ甘バカには物足りないかもしれませんが…。
 
 
次は最近来るたびに毎回飲んでいるからか、せっかくだし雄町シリーズ3種を制覇するかと「結 特別純米備前雄町 袋吊し生原酒」をいただく。
 
シルキー甘旨みがふわりで、シュル~と軽い苦みでキレ。
 
香り軽めの上品な香りで、旨みありつつ上品ふわり感が楽しめてホントイイトコどりという味わい。
 
弐番斗瓶よりも香りは軽めだし、甘旨みもしっかりありながら上品な印象で、こっちの方が真ん中辺りなのかな?
 
しっかりしているのに飽きずに飲めて、ふくらみも素敵で、キレ感も心地よいビター具合で口に残らずで、この値段で飲ませていただきありがとう!という気持ちになりますね。
 
 
ただなんだろう、結果的に濃い順に飲んでいた気がする…。
 
普通、逆だろ!(苦笑)
 
 
とまぁ、この日は2杯で良い感じ。
 
ご馳走様でした! 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 水尾 特別純米酒 | トップページ | 十九 M 生酒 »

外飲み」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

ググって初めて知りましたが、豊パワー梅の方が
本来の商標なのですね。
コスパ堪能してみたいです(^_^;)

>雄町

HAIL!
雄マチスモは、澤屋まつもとの雄町生を開けさせて頂いた。
キリっとシャープで、美酒には違いないが、まつもとや雄町
から連想する味とはギャップを禁じ得ない。
別途購入した愛山生の方が、安価で且つ漢の意気込を感じる。
HAIL!

投稿: トール | 2014年3月24日 (月) 12時04分

トールさん

>豊能梅
高知のお酒という味わいに、酸が目立たずのシルキー旨み酒でした。
50純吟なのに同じ銘柄の吟醸と同じ値段だったので、松山三井って安いお米なんですかね?

まぁ貧乏舌には充分なお米ですが(苦笑)

>澤屋まつもと
雄町残念でしたね。

マチスモではないので雄町は気にならなかったのですが、愛山は気になっていたんですよね。
一応、行かない酒屋さんなのにそこのメルマガだけは登録はしているので、情報だけは得てます(笑)

投稿: 半可通 | 2014年3月25日 (火) 08時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/55474834

この記事へのトラックバック一覧です: 立ち飲みバンザイ! 結局結「折原商店」:

« 水尾 特別純米酒 | トップページ | 十九 M 生酒 »