« 「闘う純米酒 神亀ひこ孫物語」を読んでみた | トップページ | 十九 大吟醸生 »

2014年3月 1日 (土)

立ち飲みバンザイ! モテる日本酒「折原商店」

とある用事で門前仲町へ…。

 
用事も終わり雨も降ってきたし雨宿りでも…と向かった先は、「折原商店」
 

Dsc_0448

平日昼間なのに珍しく、先客オッサン一名が日本酒を堪能していました。

まずは違いを比べてみましょうかね?と「結 特別純米生原酒 備前雄町袋吊り弐番斗瓶」をいただく。

つまみはいつもの大根と卵のおでん。

Dsc_0647

んでは「結」いただきます!

袋吊りらしいふんわりシルキーな甘旨みですが、旨みはきれい且つしっかり。

旨みしっかりあるお酒が袋吊りされちゃったね!という味わい。

この辺は2番斗瓶取りだから、こういうバランスなのかな?

香りはふんわり上品な香り♪

吟醸好きなら袋吊りがオススメって感じ。

お次は「想天坊 じゃんげ 辛口純吟おりがらみ生」をいただく。

青草のような風味と端正な旨みがきれいにギュッ。キレはさすが新潟というシュパッとしたキレ感。

これ名前を調べるのにグーグル先生に聞いてみたら、毎年5月に発売されるお酒なんですね。

多分飲んだのはこれだと思うけど、1年物とは思えないフレッシュさでしたね。

元々甘みが抑えられているからか、ダレた甘みもなかったし。

 

この後、子供のお迎えがあったのでね。

2杯で止めておきました。

その代わりにこの前飲んで感動したアレの1升瓶があったので、それはしっかり購入。

 

そんな立ち飲みですが、2杯目を選んでいるときに若くてきれいなお姉さん二人組が入店。

平日の昼間から一人は日本酒、もう一人はノンアルコールの何かを飲んで、つまみににんにくのなんとかを頼んで昼酒スタートしてました。

しかも「結」飲んでたし、4合瓶だとすぐなくなるとか話しているし、ガチの日本酒好きでしたね(笑)

 

普段外で飲まないし、お酒の会とか昼間のやつしか行かないので、日本酒好きなんてうるさいオッサンしかいないと思っていましたが、今はあんな若い子も飲むんだなぁと。

外で日本酒飲んでいても話しかけてくるのはオッサンしか経験がないので自然と貝になるけど(人見知りだし)、あんなお姉さんに話かけられたらお口のパッキンユルユルでだだ漏れですよ!(笑)

 

日本酒が前よりも売れてきていると聞いてはいたけど、分母が増えてきているのをこの日少し実感しました。

 

お店の方、ごちそうさまでした!

そしてお姉さん、実感をありがとう!

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 「闘う純米酒 神亀ひこ孫物語」を読んでみた | トップページ | 十九 大吟醸生 »

外飲み」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/55171249

この記事へのトラックバック一覧です: 立ち飲みバンザイ! モテる日本酒「折原商店」:

« 「闘う純米酒 神亀ひこ孫物語」を読んでみた | トップページ | 十九 大吟醸生 »