« 遊穂 純米酒 24BY | トップページ | 相模灘 特別本醸造無濾過生酒 槽場詰め »

2014年4月 8日 (火)

十九 Sneeuwpop

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

「十九」に関しては、お酒の名前が間違っていても誤差の範囲内ということで…(笑)

「十九 Sneeuwpop」
 
尾澤酒造場
 
Dsc_0569
 
Dsc_0570
 
使用米:長野県産米

精米歩合:65%

アルコール度数:18度

製造年月:平成26年1月

蔵出年月:平成26年1月

値段:1升2,500円(税込)

感想

Dsc_2291

開栓初日(2/11)

冷やしていただく。

上立ち香は、スゥ~とカルピスソーダっぽい香り。

口に含むと、スゥ~と微発泡感ある口当たりでジュウッと爽快な甘みとスッとスッキリした酸に、ギュウ~と太さはそれほどないが程よい厚みのある旨みがクカ~とした軽い渋コク&爽快な微発泡感と共にふくらみ、その後、ジュ~と爽快な甘酸とギュ~とした旨みに微発泡感&軽い渋みのふくらみをス~とした酸と軽い渋み&微発泡感で引けていき、クッとした爽快感でキレ。

余韻はスゥ~とした軽いペリエ感と渋みに微かな旨み。

 

2/18

冷やしていただく。

フゥ~と微かに爽快&オリのやわらかな口当たりでジュウッとした甘みとスッ!と爽快な酸に、ギュウッと太さはないがやや硬質で詰まった旨みがクカ~としたややドライなコク辛さと共に広がり、その後、ジュウ~とした甘みありつつ爽やかな甘酸とギュウ~とした旨みにクゥ~とした軽いコク辛さのふくらみをシルキーなオリガラを残しつつス~と爽やかな酸とクゥ~とした軽いドライなコク辛さで引けていき、クッとした軽いドライ感と辛さでキレ。

余韻はフゥ~とシルキーな甘旨みとスゥ~と軽いドライ感&爽快感。

 

初日よりもエアリーシルキーになり、キレ感も増した。

 

 

ジューシーな甘みはあっても爽快な酸とキレでサッパリシルキーなオリ酒。

心地よい微発泡感と甘み&スッキリした酸の味わいと香りにガラった色で、どこかカルピスソーダを連想させる(笑)

新酒のオリ酒でもツンツンしていないし、シルキーでギュッと詰まった旨味感が楽しめる。

軽いドライ感はお米由来って感じで、それがいい感じの締り&キレでお酒だけでもいけるタイプ。

 

スルリと飲めつつ満足感はしっかりあって、ラベルに合った味わいですね。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 遊穂 純米酒 24BY | トップページ | 相模灘 特別本醸造無濾過生酒 槽場詰め »

2014 飲んだ日本酒(リキュール含む)」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

長野県のお酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/55248170

この記事へのトラックバック一覧です: 十九 Sneeuwpop:

« 遊穂 純米酒 24BY | トップページ | 相模灘 特別本醸造無濾過生酒 槽場詰め »