« 風の森 ALPHA TYPE-1 | トップページ | 「2014 吟醸新酒祭」に参加してきた »

2014年5月15日 (木)

天の戸 美稲80 純米無濾過生原酒

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

「天の戸 美稲80 純米無濾過生原酒」
 
浅舞酒造
 
Dsc_2455
 
使用米:秋田県産米

精米歩合:80%

アルコール度数:18度

製造年月日:平成26年2月

値段:1升2,000円(税込)

感想

開栓初日(3/7)

冷やしていただく。

上立ち香は、スゥ~と軽い酸とほんのり甘い香り。

口に含むと、フゥ~とやわらかい口当たりでフゥ~とした甘みとスッ!としっかりした酸にギュウ~とボリュームのある旨みとクゥ~とした軽い穀物味のあるコク苦み&軽い渋みが広がり、その後、ジュウ~とした甘酸とギュウ~としたボリュームのある旨みに軽い爽快感のあるふくらみをスゥ~とした酸とクゥ~とした軽い爽快感&コクで引けていき、クッとしたコク苦辛さでキレ。

余韻はフゥ~としたやや酸の立つ甘旨酸とスゥ~と軽い渋コクの爽快感。

 

3/15

冷やしていただく。

フゥ~とした口当たりでやわらかジュッとした甘みとスッとしっかりした酸にギュウ~とボリュームのある旨みとクゥ~とした軽い穀物味のあるコク苦みが広がり、その後、ジュウ~とした瑞々しい甘酸とギュウ~とした旨み&コク苦みのふくらみをスゥ~とスッキリした酸とクゥ~とした軽いコク苦辛さでスッと引けていき、クッとしたコク苦辛さでキレ。

余韻はスゥ~と軽い苦みと微かな甘旨み。

 

初日よりもふんわり軽やかになり、辛口感もちょい増した。

 

 

お米の旨味たっぷりなのにスルリと飲める引っかかりのなさと柑橘っぽい甘酸を楽しめるお酒。

お米の旨味感たっぷりなのに引っかかりなし。

雑味と言われるようなものも感じるが、あくまでお米の旨味の一部という気にならなさ。

昔飲んだ時よりも酸が立つ印象で、日常のオカズと飲むのにとても合う感じ。

 

旨味しっかりでも重くなく、度数も高いのにスルスル飲んでしまう危険なお酒になっています(笑)

 

冷えていてもしっかりしつつ上品な旨味感と程よい甘酸ですが、ゆっくり温度を上げていき熱めのお燗だと良い感じのジューシーふっくら感がでます。

燗上がりするし、お燗向きですが、レンジでチンだと生熟感がでる感じ。

ですのでこれは、手間がかかってもお湯でお燗するのがいいかも。

 

生酒のお燗が好きではない半可通でも、これはお燗がオススメ。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 風の森 ALPHA TYPE-1 | トップページ | 「2014 吟醸新酒祭」に参加してきた »

2014 飲んだ日本酒(リキュール含む)」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

秋田県のお酒」カテゴリの記事

コメント

生燗いいですね~。

お燗はすべて湯煎でやってます(^_^)v

投稿: トール | 2014年5月16日 (金) 11時00分

トールさん

たま~にこれは生燗しようかな?と思ってやりますが、味以上に匂いが気になって相変わらずあまりしないですね。
生でもこれはお燗でしょ!という燗向き生酒には、元々手を出さないですし(苦笑)

それに生燗は温度がシビアだからサンシンみたいな機械があればいいけど、湯煎徳利だと面倒で…。

投稿: 半可通 | 2014年5月18日 (日) 09時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/55276469

この記事へのトラックバック一覧です: 天の戸 美稲80 純米無濾過生原酒:

« 風の森 ALPHA TYPE-1 | トップページ | 「2014 吟醸新酒祭」に参加してきた »