« 天鷹 純米吟醸 辛口純吟ひやおろし原酒生詰 | トップページ | 天の戸 美稲80 純米無濾過生原酒 »

2014年5月 2日 (金)

風の森 ALPHA TYPE-1

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

周りでこれを飲んだ人皆が薄いと評価がやや低かったが、この価格でこういうチャレンジする姿勢を買って買ったった。

「風の森 ALPHA TYPE-1」
 
油長酒造
 
Dsc_2453
 
Dsc_2454
 
使用米:秋津穂

精米歩合:65%

アルコール度数:14度

製造年月日:平成25年12月

値段:1升2,194円(税込)

感想

Dsc_2458  

開栓初日(3/6)

冷やしていただく。

上立ち香は、スゥ~と氷で多少薄まったサイダーっぽい香りと薄らバニラっぽい香り。

口に含むと、スゥ~とした微かに発泡感のある口当たりでシュ~とちょい薄めのサイダーっぽい甘みとスッキリした酸にギュ~と軽快な旨みとフゥ~とした微かなコク&微発泡感が広がり、その後、スッキリしたちょいサイダーっぽい甘酸とギュ~と心地良いタッチの旨みのふくらみをス~とスッキリした酸とクゥ~と軽やかなペリエ感で引けていき、クッとした軽いコク辛さでキレ。

余韻はフゥ~とほんのり甘旨酸とスゥ~と微かな爽快感。

 

美味い。

 

2/13

冷やしていただく。

スゥ~とした口当たりでジュウ~と軽やかなサイダーのような甘みとス~と軽やかな酸にギュウ~と当たりはないがやわらかふんわりしたタッチの旨みとクゥ~と軽やかなコクがフワリとふくらみ、その後、ジュ~と軽やかジューシーな甘酸とギュ~とやわらかでふんわりしたボリュームのある旨みのふくらみをスゥ~と軽やかスッキリした酸とクィ~と軽やかなコク辛さで引けていき、クッとした軽やかな辛さでキレ。

余韻は軽やかふんわりした甘旨酸とス~と軽い爽快感。

初日よりもふんわりシルキーで最初から最後まで流れがよどみなく、甘旨みもでた。

 

美味い!

 

 

軽やかでやわらかジューシーな甘酸とふんわりしたボリュームのある旨みが楽しめる、疲れずグイグイ飲んでしまう危険なお酒。

薄いというよりは軽い。

試飲で飲むと、普通のアキツホ65と比べてちょい薄いなぁ…という感じかもしれませんが、何か食べながらダラダラ飲むなら絶対こっち!という飲兵衛仕様。

スルッと飲みやすく、それでいて味はちゃんとある。

 

通常のアキツホよりも酸のエッジが鋭くなく、度数も低めだからか疲れずに飲めるのに風森らしい開けたてのピチピチ感はしっかりあります。

低アルでも味はしっかりあるし(ただし普通の風森と比べるのはNG)、通常の風森とは酸の質がちょい違う感じで、どちらかというと種麹が通常と違うタイプの日本酒っぽい酸味感。

その酸と旨味と微発泡感が絡んでいて、独特のシルキー舌触りを感じました。

 

これは日本酒飲まない人や度数的にキツイと感じて敬遠していた人に飲んで欲しいお酒ですね。

とにかく杯が止まらない味わいと値段。

来年の正月はこれをダラダラと飲むのもいいかも。

 

頭でっかちなムナゲ(笑)バカは飲まないでいいお酒。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 天鷹 純米吟醸 辛口純吟ひやおろし原酒生詰 | トップページ | 天の戸 美稲80 純米無濾過生原酒 »

2014 飲んだ日本酒(リキュール含む)」カテゴリの記事

奈良県のお酒」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

ノーマルのアキツホが濃厚だから、従来の風森ファン以外にいいかもですね~。

昨晩、パパンと三芳菊のWILDSIDE(購入時2100円)を開けました。
最近のは、後味がスッキリになったのですね。
パパンは気に入ったようでした。

投稿: トール | 2014年5月 3日 (土) 12時58分

トールさん

>WILDSIDE
久しく飲んでないですね。
久しくというか、発売当初に飲んだきりですが…。

零好きには、良さをスポイルしてどうする!という、普通逆だろ!という矛盾なお酒(苦笑)

まぁ安いんで今度飲んでみようかな?

投稿: 半可通 | 2014年5月 4日 (日) 08時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/55276412

この記事へのトラックバック一覧です: 風の森 ALPHA TYPE-1:

« 天鷹 純米吟醸 辛口純吟ひやおろし原酒生詰 | トップページ | 天の戸 美稲80 純米無濾過生原酒 »