« かたの桜 特別純米無濾過生原酒 雄町 | トップページ | 外飲みバンザイ! 「魚金本店」で1升瓶を空ける »

2014年7月 5日 (土)

立ち飲みバンザイ! 「名酒センター」で6種堪能

休日に浜松町でセミナーに参加。

 

仕事絡みではない趣味的なセミナーというか、なんとなく面白そうな会が18時半からあったので参加してきました。

開始18時半という中途半端な時間だし、別にカッチリしたセミナーではないので多少飲んでいても平気だろうという自己判断で向かった先は「名酒センター」

Dsc_2258

ここに来たのは2度目

見たら7年も前なんだなぁと。

 

17時過ぎに着きましたが、すでに数人のサラリーマンが飲んでいましたね。

確か3本選ぶと割引みたいのがあった気がするし、先客も3本並べて飲んでいるので、適当に3本選ぶかと。

まずはこれ。

Dsc_2251

「鳳鳴 純米吟醸直汲み無濾過生原酒」

「田むら 純米吟醸 吟風」

「十六代九郎右衛門 純米吟醸無濾過生原酒 9号酵母」

をチョイス。

どれも1杯250円で、3本選ぶと100円引きの650円でした。

んでは、いただきます!

「鳳鳴」は山田さん、五百万石、杜氏の夢というお米を使用したお酒ですね。

きれいにギュッとした程よい厚みとジュワッとした甘みにシュッというキレ。

度数も高めでしっかりした味わいですが重くなく、田舎酒と書かれていますが田舎臭い味わいではないです。

これは開けたてを飲んでみたい家飲み仕様。

「田むら」は程よい旨みとやさしい甘みでスル~とキレ。

やさしい味わいで、ホントスルスル飲んでしまうタイプ。

「田むら」3種で飲み比べなんて楽しそう。

そして精米歩合が65と札に書かれていたけど、多分55だと思ふ。

「九郎右衛門」は華やかな香り&甘みときれいかつ程よい旨みがフワリ。

キレはそっち系にありがちな苦みはなくスルリというキレ。

以前よりも洗練された味わいでも、きれい過ぎない。

札には9号酵母と書かれていたけど、長野っぽいなぁという華やか具合。

 

まだ時間もあるし、もう3種飲みますかと選んだのはこれ。

Dsc_2254

「巌 純米吟醸ささにごり」

「弥山 純米吟醸原酒」

「弥山 山廃特別純米酒」

3種共1杯200円なので、割引されて計500円。

「巌」は爽やかジュ~とした甘みとスッキリした酸にモノトーンなサラッとしたにごりの旨味感が楽しめて、シュッとキレ。

美味い!

「弥山 純米吟醸」はこいおまちと八反錦という広島仕様。

やわらかい甘みと程よい旨みがギュ~で軽いコク辛さでキレ。広島っぽいやわらかさはありますが、薄ら甘い感じのお酒でない。

「弥山 山廃」は山廃らしい酸と深みあるコクでこれはお燗向き。

「弥山」の振り幅すごいなぁ…(苦笑)

そして「ややま」と読んでいましたが、このブログ書くのに調べたら「みせん」と読むんですね。

高校の修学旅行で宮島行ったんだけどなぁ…。

 

そんな感じで約2合飲んでおしまい。

珍味っぽいツマミしかなかったので、スナック菓子で飲んでいました。

うん、現代っ子!

 

 

あまりお店の事をどうこう書くのは好きではないんですけど、書かずにはいられないといいますか、正直日本酒を飲むお店としてはちょっと…という印象。

とにかくお酒のコンディションが良くない!

別に開けて3日以内で飲みきれ!とか、瓶をあまり揺らすな!とか、そういう方面&コンディションにうるさい方ではないと思っていますが、それにしたって生系がダレ気味ばかり。

唯一一升瓶の最後の1杯を注がれた「巌」だけはそういう系統だからかウマウマでしたが(苦笑)、他はう~ん…という感じ。

温度管理も低くないし、4合瓶で管理しているならわかりますが一升瓶が3日くらいバンバン空くという感じでもなさそうだし…。

 

それと店員の質。

一人の若い子は色々見れていて仕事ぶりも気持ち良い感じですが、一人ひどいのがいましたね。

本人無意識なんだろうけど、注文のルール知らないお客さんがきて「えっ、知らないんですか?」みたいな顔と話し方だったり、生のにごり酒を封開けするのに横にいた若い子が「それ吹くかも…」と教えているのに天地返し混ぜ混ぜしてから封開けしているのを見てヒヤヒヤするし、お酒注ぎながら他の店員と話していたり、いい年して程度が低い低い。

日本酒のコンディションと店員どちらか1つなら書いていませんが、2つも重なるとネタにする(笑)

 

安いし、サクッと飲めて使い勝手はいいのでまた浜松町に行ったら寄るとは思いますが、ちょいちょい残念な感じでした。

 

そしてこの後、会場の前のすき家で軽く牛丼食べたらこの日はお酒の飲めない体に…。

生ダレとジャンクの組み合わせはヤバイ!

家に帰ってもビールではなく、アルプスの天然水ソーダ飲んでいました(チーン)

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« かたの桜 特別純米無濾過生原酒 雄町 | トップページ | 外飲みバンザイ! 「魚金本店」で1升瓶を空ける »

外飲み」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/56578483

この記事へのトラックバック一覧です: 立ち飲みバンザイ! 「名酒センター」で6種堪能:

« かたの桜 特別純米無濾過生原酒 雄町 | トップページ | 外飲みバンザイ! 「魚金本店」で1升瓶を空ける »