« 寿喜心 雄町 純米中汲み生酒 | トップページ | 風の森 秋津穂 純米真中採り »

2014年8月21日 (木)

相模灘 特別純米無濾過生原酒 槽場詰め 若水

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

「相模灘 特別純米無濾過生原酒 槽場詰め 若水」
 
久保田酒造
 
Dsc_2516
 
使用米:相州若水

精米歩合:60%

使用酵母:9号系

日本酒度:+2

酸度:2.1

アルコール度数:17度以上18度未満

製造年月日:2014年4月

値段:1升2,700円(税込)

感想

Dsc_2519

開栓初日(5/19)

冷やしていただく。

上立ち香は、スゥ~と爽やかな甘みにスッキリした酸と軽い旨みを感じる香り。

口に含むと、フゥ~とした爽快な口当たりでジュウ~とサッパリしつつやや密度の濃い甘みとスッ!と柑橘系だがしっかりした酸に、ギュウ~とちょい濃い目の旨みとクゥ~としたコク&軽い渋苦みが広がり、その後、ジュ~とやや酸が主張する甘酸とギュウ~としたちょい濃い目の旨み&軽いコク苦みのふくらみをスゥ~としっかりした酸とクゥ~とした軽いコク苦渋みで引けていき、クッとした爽快感&コクでキレ。

余韻はフゥ~と微かな旨みにス~と軽いコク味と爽快感。

 

5/23

冷やしていただく。

スゥ~とした口当たりでジュウ~としたサッパリした甘みとスゥ~としっかりした酸にギュウ~としたちょい濃い目の旨みとクゥ~とした軽くチリチリした苦コクが広がり、その後、ジュウ~とした甘旨酸とチリ~としたコク苦みのふくらみをスゥ~としっかりした酸とクゥ~としたコク苦みで引けていき、クッとしたコク苦辛さでキレ。

余韻はフゥ~とした旨み優位な甘旨みにス~とした軽い酸と苦コクの爽快感。

 

初日よりも酸より旨み優位で、チリチリしたコク苦みも主張。

 

 

しっかりした柑橘系の酸とお米の旨味を楽しめる飲みごたえのあるお酒。

しっかりお米が溶けた味わいとしっかりした酸のある食中系。

キレはシュッという微かな渋みと下の1点に集中するような微かな苦みでキレていき、余韻も心地よく良い感じ。

「相模灘」の吟醸ラインではないですが、旨味しっかり楽しめるタイプで1杯の満足感は半端ない。

 

今でも充分美味いですが、これはもうちょい寝かして味ジュワジュワでもいける酸とキレ具合。

まさに今記事をあげているこの時期仕様かも(笑)

 

個人的には生じゃなくてもいいかな?と感じますが、外飲み1杯に向いている1杯の満足具合。

この旨味感が若水!という感じの溶け感で、飲む温度帯は冷酒よりも常温近くか、お燗がオススメ。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 寿喜心 雄町 純米中汲み生酒 | トップページ | 風の森 秋津穂 純米真中採り »

2014 飲んだ日本酒(リキュール含む)」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

神奈川県のお酒」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/56578758

この記事へのトラックバック一覧です: 相模灘 特別純米無濾過生原酒 槽場詰め 若水:

« 寿喜心 雄町 純米中汲み生酒 | トップページ | 風の森 秋津穂 純米真中採り »