« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月27日 (土)

月の輪 滓酒生

練馬駅前にある酒屋さんで購入したお酒。

「月の輪 滓酒生」
 
月の輪酒造店
 
Dsc_2538
 
Dsc_2539
 
Dsc_2540
 
アルコール度数:18度

製造年月日:2014年1月

値段:900ml1,255円(税込)

感想

Dsc_2544

開栓初日(6/12)

冷やしていただく。

上立ち香は、スゥ~と軽いバナナっぽい香りと軽いオリの香り。

口に含むと、スゥ~と微かな爽快感&やわらかな口当たりでシルキ~でトロリとした旨みとジュ~とした甘みにスッと爽快な酸とクゥ~とした軽いコク辛さが広がり、その後、ジュ~とした甘酸とギュウ~トロ~としたオリの旨みのふくらみをスゥ~と爽快な酸とクゥ~と軽快なコク辛さで引けていき、クッとした軽いアルコールっぽい辛さでキレ。

余韻はフゥ~と軽い甘旨みとスゥ~と辛さの爽快感。

 

美味い。

 

 

トロ~としたシルキーな旨みに爽やかな甘酸とキレがあってスイスイ飲んでしまう危険なお酒。

しっかりしたオリ酒&アル添だからか、鼻に抜ける感じやたまにツンっとしたオリ感&アルコールっぽさはあるが、生酒&心地よい甘酸の爽やかさでスイスイ飲んでしまいます。

度数は18度だし、しっかりオリ量なので飲みごたえはあるのに、これは不思議と飲んでしまう。

蒸し暑い日でもウマウマ飲めるオリ酒でした。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月21日 (日)

昼酒バンザイ! 粋気取りで「蛇の市 本店」

休日に日本橋へ…。

 

昼過ぎからお江戸日本橋亭で落語を聞きに行くので、せっかくなのでお昼ご飯もその辺で食べたいなと。

しっかし、日本橋辺りは魅力的なお店が多くて、どこにしようか半可通まいっちんぐ。

そういえば、お寿司屋さんで日本酒に力入れているお店が日本橋にあったよなぁと何かで見たのを思いだし、検索。

直ぐに発見し行ってみると、表のメニュー表に書かれているランチ価格が手頃なのでここに決定!

別に日本酒が飲めなかったとしても久々に目の前で握ったお寿司が食べられるし、まぁいいかなと。

「蛇の市 本店」、きみに決めたぁ!(ポケモン風に)

Dsc_3092  

Dsc_3093

んでガラガラ~と開けて座って、鳥を注文してお酒は飲めますか?と尋ねると飲めますよということなので、お酒のメニューをいただく。

ひやおろしが色々あるし、お燗向きのもあるし、つまみ要らない系もありましたね。

ランチのお寿司以外のつまみの注文はできなそうなので(忙しそうだし)、お寿司とケンカしなさそうな「町田酒造 純米60秋あがり」をいただく。

20140918_113359_616

今年秋あがりあったの?

町田の火入れだと60が一番好き♪

それとグラスはこれで量は小。

他に中と大もありました。

20140918_112735_443

この写真の前にはこれが握られています。

20140918_113054_236

20140918_11329_312

この値段で目の前の職人さんが握って出してくれる幸せ♪

寿司がどれも美味い!

写真にはないけど、穴子に付いたチョコみたいな色&濃度の煮詰め?生で初めて見た。

 

せっかくなのでもう1杯くらい飲みたいなぁとサラダと玉子焼きは残しておいた(意地汚い策士)

20140918_114421_87

「十六代九郎右衛門 純米吟醸 東条産山田錦」をいただく。

九郎右衛門でも華やかな香りや甘みはやや控えめで、端正な旨味感がしっかり。この蔵らしい風味もあって、優等生すぎない感じ。

 

とまぁ最後にデザートまでいただき、満足♪

量的にはちょい物足りないですが、次の日までお寿司美味しかったなぁと余韻に浸れました。

次はちらしと握り一人前づつとか、花ダブルとかカッコ悪い注文をしてもいいのかな?(苦笑)

お寿司はもちろん美味しいし、和らぎ水も出してくれるし、ガリは甘くなくし、サービスも良くホント良いお店だった♪

ですが、さすがの半可通でもランチセットのお寿司だと日本酒はいらないわとなりますね(身も蓋もない)

刺し身で日本酒飲むのもそんなに好きじゃないし、ビールならまだしもお米系で日本酒飲んでも美味しくないんですよね…。

できたら、どこかで軽く飲んでお寿司で〆たい。

次行くときは最初にホントにお酒だけ飲んで、その後握ってもらうか、1軒目にどこかで飲んでからお寿司を食べに来ようかなと。

というか、夜行けよ!という話ですが(苦笑)

 

お店の方々、ご馳走様でした!

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月 9日 (火)

「うえも商店」のひやおろし試飲会に参加してきた

春日町にある酒屋さんのイベントに参加してきました。

 

ひやおろしの試飲会でして、約30種ほど。

というか、春日町に移転してからこういうイベント初参加の半可通。

数日前に店いったら、ぜひ来て!というお誘い&その夜は暇だったので参加してきました。

出品リストはいただきましたが、この企画は普通の日本酒イベントではなく気に入ったのあったら買っていってね!という店側が身銭切った企画なので(あくまで半可通の私感)、参加側もイベントイベントせずに…。

ということで、感想等メモはしていませんし、何が出品されていたとかも書きません。

そういうのを理解できずに色々飲めるイベントだと勘違いして友人達と来るマニアや、遠方から来ちゃう貧乏臭いマニアとか、イチイチイチイチかまって欲しい七面倒臭いマニアとかが来るような感じではないイベントですね。

たつなみの時みたいに店内は広くないので、その場の空気が読めないバカは周りの迷惑だし、恥ずかしいから来ないほうがいいですよ。

これは半可通兄さんのアドバイスだにょ♪

 

ということで、こんな雰囲気ですにょという写真と、おっ!というお酒だけアップ。

半可通兄さんの溢れ出る愛という名の高泡のヴァイブスを感じて!

 

では、

Dsc_2956

Dsc_2957

Dsc_2958

陸奥八仙 特別純米

以前は特純は生だけ出してろよ!という生と火入れの高低差がありすぎた八仙ですが、これは良かった。

寧ろ中途半端に香りあってきれいになった特純生よりも好きかも。

Dsc_2959

南方 山廃純米

南方は以前生や火入れ&各スペックを色々試飲させてもらいましたが、それほど惹かれたのはなかったです。

んでも、今回のこれはなかなか魅力的。

良い感じの山廃感と米の旨味感があって、これのお燗はかなりいけそう♪

Dsc_2960

雪の茅舎 純米吟醸

ここのお酒は完成度高いなぁという、生は生の良さ、火入れは火入れの良さを引き出していますね。

シルキー!

Dsc_2961

十九 poco a poco

きれいジューシー。

これ昨年は買えなかったやつで初飲みでしたが、これ美味い!

磨いた系十九は外れなし!(断言)

Dsc_2962

龍力 純米吟醸

厚みあって角取れていて、ひやおろしらしいなぁと。

Dsc_2963

上喜元 純米吟醸おりがらみ 中秋の風花

スゲェ。

これスゲェ。

美味いよりもスゲェが先に立つ。

Dsc_2964

開運 ひやおろし

良い意味で地味。

さすがのバランス。

Dsc_2965

幻舞 特別純米 秋あがり

幻舞は生でしょ!(吟醸除く)なんて思っていた半可通を誰か貶して!

まろやかエロい。

 

この他、姿 純米吟醸も良い感じのまろやかエロで、以前よりも派手系酵母使いでも火入れイイじゃん!というお酒があったのが印象的。

カプ苦もないし、改良されているんだなぁと。

 

普段買わないお酒を色々飲める機会がないとその進化に気づけないし、ホント参加してよかったです。

月末にも第2弾の試飲会があるので、それも参加しようかなと。

陰湿な地下活動しかしていない半可通先生に会えるのは、春日町だけ!(ジャンプ風に)

 

そんなんで、ひやおろし買うのはまだ早いかな?とおもっておりましたが、最近の全国的な酒不足&勉強の為にもひやおろし1本購入して帰宅。

 

お店の方々ありがとうございました!

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月 3日 (水)

三芳菊 零

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

「三芳菊 零」
 
三芳菊酒造
 
Dsc_2535
 
使用米:山田錦等外米

アルコール度数:17度

製造年月日:2014年5月

値段:1升2,376円(税込)

感想

Dsc_2537

開栓初日(6/5)

冷やしていただく。

上立ち香は、フォ~と酸と甘みがしっかりある南国果実のような香り。

口に含むと、やわらか~い口当たりでフゥ~とした甘みとス~とした酸にギュウ~とした程よい弾力のある旨みがクゥ~と軽快な苦コク渋みと共に広がり、その後、ジュウ~とやや酸が優位な甘酸とギュウ~とした旨みに軽い苦渋みのふくらみをス~と爽快な酸と渋苦みで引けていき、クッとした苦渋みでキレ。

余韻はスゥ~とした苦渋みの爽快感とほんのり甘旨み。

 

旨みはありますが、甘みそれほどなく、酸とカプ苦み優位でアレ?これ零?という感じ。

シュッとしていて開けてしばらくはダレそうにない感じですが、「三芳菊」らしい甘みとえぐみがなく今風なカプ系なお酒になっていて、ちょっと求めているのとは違うかなと。

味ノリしたらどうなるかわかりませんが、以前のラインではない気がする…。

 

6/14

冷やしていただく。

やわらか~い口当たりでジュウッとした甘みとスゥ~としっかりした爽快な酸にギュウ~と程よい弾力のある旨みとクゥ~とした軽いコク苦みが広がり、その後、ジュウ~とややカプジューシーな甘酸とギュウ~と弾力ある旨みのふくらみをスゥ~とした酸とクゥ~と軽快なコク苦みで引けていき、クカッとしたコク苦辛さでキレ。

余韻はフゥ~とふんわりした甘旨みにスゥ~とした酸と苦辛さの爽快感。

 

初日よりもふんわりで上質な旨味感になった。

 

 

ややカプ寄りジューシー味と爽快な酸に程よい弾力ある旨みを楽しめるお酒。

以前に比べてカプ系な甘みと苦みのお酒になっている。

そこに弾力のある旨みと爽快な酸にシュルッというキレで、食中系にもなっている気がする。

味ノリ的にももうちょい飲み頃は先ですね。

というと、記事アップした今頃か?(苦笑)

 

これはこれで美味いけど、正直言って以前の中毒性ある方が好き。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »