« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月

2014年12月31日 (水)

若竹屋 純米無濾過生原酒 杜氏の隠し酒

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

溜まりすぎているので感想だけをあげていく…。

「若竹屋 純米無濾過生原酒 杜氏の隠し酒」
 
若竹屋酒造場
 
Dsc_3463
 
Dsc_3465
 
使用米:福岡県産夢一献

精米歩合:68%

アルコール度数:17度

製造年月日:2014年10月

値段:1升2,516円(税込)

感想

Dsc_3466

開栓初日(10/18)

冷やしていただく。

 

ピチ感ありつつ生熟したジューシー甘酸としっかりしつつ重くない旨みが楽しめる後口サッパリのお酒。

甘酸っぱいジューシー味が生熟した感じで、ちょい生熟フレーバーあっても嫌じゃなく、この張りのあるジューシー味は良い感じ。

旨みは程よくきれい且つボリュームあってキレ&余韻の爽快感&ちょい苦み残しでグイグイ飲んでしまう。

こういうフレッシュ封じ込めの生熟は角が取れているのにフレッシュさもあって、この時期飲むのにサイコー♪

 

開けて3日くらいまでが生熟ジューシーとピチ感あって良い感じ。

それ以降は旨味感↑で甘み↓で、旨味しっかりを楽しみたい人は開けて放置。

直汲み好きなら即空けるべき。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月30日 (火)

菊姫 菊 山廃仕込

石川県の酒屋さんから購入したお酒。

溜まりすぎているので感想だけをあげていく…。

「菊姫 菊 山廃仕込」
 
菊姫
 
Dsc_3324
 
Dsc_3326
 
アルコール度数:15度以上16度未満

製造年月日:2014年2月

値段:4合1,028円(税込)

感想

Dsc_3328

開栓初日(10/10)

常温でいただく。

 

厚みのある旨みとしっかりした酸が程よく練れていてスルリと飲めるお酒。

この価格帯でこの旨味感と上品さがあって、程よく練れていても飲みやすいお酒はそうそうないんじゃ…。

これは冷やでグイグイ飲んでしまいますね♪

お酒だけでもいけるし、何か食べながらでも良い。

 

昔「菊姫」の何を飲んだか忘れましたが、結構クセとゴツさのある印象があったのですが、これ良い味ノリで熟成香は控えめだし、山廃らしい腰のある酸はあっても主張しすぎないし、複雑味もあまりなく、飲みやすい熟成山廃酒。

この価格帯でアル添感もなく、あくまでも軽くしてくれているアル添具合。こういうのはアル添のポジ要素だなと。

お燗ならアチチにせず、普通の熱燗くらいがふっくらスキッとしたふくらみ&キレで良い感じ。

 

飲みにくかったら…と4合瓶にしたことを悔いる。これは一升瓶でグイグイ飲むべき味わいと値段。

これ飲むと「菊姫」のイメージが変わるなぁ~。

 

美味い。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月25日 (木)

手取川 大吟醸あらばしり生酒

石川県の酒屋さんから購入したお酒。

溜まりすぎているので感想だけをあげていく…。

「手取川 大吟醸あらばしり生酒」
 
吉田酒造店
 
Dsc_3301
 
Dsc_3302
 
精米歩合:45%

アルコール度数:16度

杜氏:能登杜氏 山本輝幸

製造年月日:2014年3月

値段:1升円(税込)

感想

Dsc_3306

開栓初日(10/9)

冷やしていただく。

 

しっとりジューシー味とモノトーンな程よいボリュームときれいさを併せ持つ生熟大吟醸酒。

3月詰めでも熟感はなく良い味ノリくらいで、カプ感も控えめでカプ苦も控えめ。

あらばしらしいちょい荒さはあってもベースがいいからか、高スペック味にあらばしらしい旨みを楽しめる仕様。

このクラスのあらばしは質が違うなぁと。

 

吟醸系を昔からやっている蔵の生熟大吟は、きれいさを保ちつつ良い生熟具合だと分かりました。

吟醸酒協会のイベントだとこういう路線が多く、さらに色々飲むのであまり気づきませんが、家で飲むとレベルの高さをしっかり実感できますね。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月23日 (火)

そろそろ純米酒

パルシステムで購入したお酒。

正雪のパック酒が美味しかったので、パルシステムで扱ってるお酒は安くて美味いんじゃないの?という思いから、よくカタログに載っているお酒を購入。

パックサケチャレンジ!(ちょうどこの頃はアイスバケツチャレンジとかいうのがね…)

「そろそろ純米酒」
 
諏訪大津本家酒造
 
Dsc_3330
 
Dsc_3333
 
使用米:国産コシヒカリ

精米歩合:70%

日本酒度:+3

酸度:1.5

アミノ酸度:1.6

アルコール度数:14度以上15度未満

製造年月日:2014年9月

値段:一升2千円しなかった(税込)

感想

Dsc_3336

開栓初日(10/15)

常温でいただく。

 

瑞々しい甘酸と細身だがしっかり目の旨みあっても軽やかに飲めるお酒。

純米でも軽やか。

そんなに練れ感もないので飲みやすい。

まぁその分濾過された感じはありますが、ペカペカではないのでまぁ値段の割に飲めます。

これもお燗にした方が軽やかふんわりで、冷や(常温)よりも美味しく飲める。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月22日 (月)

正雪 純米酒 手づくり 生一本

パルシステムで購入したお酒。

「正雪 純米酒 手づくり 生一本」
 
神沢川酒造場
 
Dsc_3135
 
Dsc_3137
 
使用米:国産米

精米歩合:70%

日本酒度:+2~+4

酸度:1.2~1.6

アミノ酸度:1.3~1.9

アルコール度数:15度

製造年月日:2014年7月

値段:1升2千円以下だった

感想

Dsc_3150

開栓初日(9/25)

常温でいただく。

 

角の取れたジュッとした甘酸&ギュウッとした旨みありつつ雑味なくスルッと飲めるパック酒。

純吟系の正雪しか飲んだことのない半可通ですが、それ系とは違うけども、このタイプの純米にしては旨みしっかりありつつやわらかできれい目。

このしっかり濾過したから!とは違う、ベースの雑味のなさはさすが!

練れ具合はあっても「うん、練れているね…」という劣化とは違う感じで、杯を重ねる毎にあまり気にならずユルユル飲んでしまう。

やはりレベルの高い蔵のパック酒はパック酒にしては…ではなく、いつも飲んでいるお酒と同じ土俵で美味しく飲める。

とくにお燗だとやわらかふんわりで、よりお値段以上となり、嫁は料理酒コーナーに置いてあるから料理酒のつもりだったようですが、お燗が美味いので1週間で空に(苦笑)

 

次の月にもこれがカタログに載っていてまた購入しましたが、その時は練れ感が強かった感じでこの時よりも冷や(常温)だとちょい落ちって印象。

ただ、お燗だとウマウマ♪

この辺はブレンド具合もあると思いますが、パルシステムの管理とかもあるのかなぁと。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月20日 (土)

初亀 特別本醸造 粋囲

日本橋の洒落た施設にある酒屋さんで購入したお酒。

普段税込み価格表示の酒屋さんで買っているので、そのつもりでレジ行ったらなんか損した気になりました(苦笑)

溜まりすぎているので感想だけをあげていく…。

「初亀 特別本醸造 粋囲」
 
初亀醸造
 
Dsc_3106
 
Dsc_3108
 
使用米:静岡県産誉富士

精米歩合:60%

使用酵母:No-2

日本酒度:+4

酸度:1.3

アルコール度数:15度以上16度未満

杜氏:外村一

製造年月日:2014年3月

値段:1升2,570円(税込)

感想

Dsc_3113

開栓初日(9/18)

常温でいただく。

 

良い感じに角の取れた滑らかな甘旨みに心地よい酸と軽快なアルコール感でキレていくお酒。

良い感じに味の乗った甘旨みが角が取れて滑らかだし、爽やかな酸とのバランスが良く、ちょい締まったコク辛さがしっかり軸を形成していて、アル添感も心地よく良い感じのキレ&余韻。

お燗にしても良くて温度帯ユーティリティ&程よい静岡らしい吟醸感もあって、さすがレベルが高い。

 

美味い。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月18日 (木)

風の森 純米いかき採り 山田錦80

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

「風の森 純米いかき採り 山田錦80」
 
油長酒造
 
Dsc_3125
 
Dsc_3127
 
使用米:山田錦

精米歩合:80%

使用酵母:K-7系

日本酒度:-2.5

酸度:2.2

アルコール度数:17度

製造年月日:2014年9月

値段:1升3,348円(税込)

感想

Dsc_3128

開栓初日(10/2)

冷やしていただく。

 

香り、味わい共に上品且つふんわり楽しめて、開栓後の変化も楽しめる低精米とは思えないお酒。

しぼり華は端正なボリュームあるタイプだったのが、いかきだと旨味ありつつふんわりきれいで、これ80?というきれいさとふくらみ。

開栓も栓飛ぶことなく、ガス感も大人しめでした。

秋津穂65よりもいかきの特徴を分かるには、こういう低精米の方が差が分かりやすいですね。

まぁ低精米のガツン感が減るから、その辺はいかきだから全てサイコー!とも言えない。香りは断然いかきだけど。

 

開けて1週間くらい経つと上品なふんわりさは変わらずに酸が目立ってきて白ワインっぽい感じに。

開けたてこそいかき!という感じですが、いかき!っぽさがなくなり、この変化した味わいも悪くない。

爽快感あるときに飲み切るのもいいですが、いかきはじっくり飲んで変化を楽しむお酒だなと。

ですので、外飲みよりも絶対家飲み向き!

 

来年はもうちょい磨いたクラスのいかき採りを飲んでみたい。

 

美味い。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月11日 (木)

上喜元 純米吟醸おりがらみ 中秋の風花

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

溜まりすぎているので感想だけをあげていく…。

「上喜元 純米吟醸おりがらみ 中秋の風花」
 
酒田酒造
 
Dsc_3078
 
Dsc_3079
 
Dsc_3081
使用米:五百万石

精米歩合:55%

アルコール度数:14度以上15度未満

製造年月日:2014年9月

値段:1升2,808円(税込)

感想

Dsc_3083_2

開栓初日(9/14)

冷やしていただく。

 

爽やかな甘酸なのにサッパリしすぎずまろやかで、シルキーで詰まった旨みとスッキリしたキレのある完成度の高いお酒。

爽やかなのに甘み酸のどちらも主張しすぎず、しかもまろやか。

オリガラなのに旨み軽快だが物足りなさのない旨味感があって、しかもまろやか。

オリガラの火入れなのにフレッシュさがある火入れ具合で、引っかかりなくフワリスル~で余韻も心地よい。

お燗にしてもオリっているお酒にありがちなツーンというアルコール感もなく色々素晴らしい!

 

全てが計算された印象で、非常に完成度の高いひやおろし。

開けて1週間でシルキーな味わいになり、変化も楽しめる一升瓶家飲みがいいかも。

超好み!というわけでもないですが、よく出来たお酒です。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月10日 (水)

太平海 純米おり絡み本生 濾過前取り

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

溜まりすぎているので感想だけをあげていく…。

「太平海 純米おり絡み本生 濾過前取り」
 
府中誉
 
Dsc_2978
 
Dsc_2980
 
使用米:五百万石

精米歩合:55%

アルコール度数:15度

製造年月日:2014年6月

値段:1升円(税込)

感想

Dsc_2988

開栓初日(9/9)

冷やしていただく。

 

やわらかシルキーな甘旨みとスッキリした酸を楽しめるきれいさが立つオリガラ酒。

オリガラというよりもホント濾過していないというガラ具合だし、やわらかシルキーな旨みと上質な甘みでしつこさはなし。

程よく心地よい甘い香りに旨みと酸が出すぎないきれい目なお酒。とは言え物足りなさは全くなく、こういう吟醸酒なら毎日飲める。

 

出荷直後だときれいさが優位すぎてちょい物足りないかもしれませんが、この時期だと良い感じのボリューム&きれいさ♪

開けて5日目くらい経つと酸が少し出てきた感じで、個人的には早めに飲み切るほうがいいかなと。

しっかし、ちょい華やかな香り甘みありつつカプ苦なしで飲める吟醸酒はチャイルド舌持ちにはありがたい。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月 8日 (月)

相模灘 特別純米酒 豊潤辛口生

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

溜まりすぎているので感想だけをあげていく…。

「相模灘 特別純米酒 豊潤辛口生」
 
久保田酒造
 
Dsc_2966
 
使用米:美山錦

精米歩合:60%

アルコール度数:16度以上17度未満

製造年月日:2014年月

値段:1升円(税込)

感想

Dsc_2970

開栓初日(9/7)

冷やしていただく。

 

爽やかな甘みとスッキリした酸が引っ張っていく旨み硬質寄りのしっかり味とシュル~としたキレを持つ、まさに豊潤辛口というお酒。

スッキリした甘みがいい感じに味ノリしていて、スッキリした酸が引っ張っていくが出すぎずに良い感じ。

旨みもあるのに軽快で、コク&辛みも軽やかスキッとしていてホント豊潤辛口という味わい。

今年の相模灘でちょいちょいあった苦みも全くなく、生熟で良い感じの艶やかさもでて、今年の相模灘で一番の好み。

 

上質な味わいのある豊潤さのある瑞々しさと、しっかりしつつスッキリした旨みとキレで暑い日に良い感じ。

吟醸ラインではないけども、豊潤感と相模灘らしいきれいさが楽しめました。

 

美味い。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 7日 (日)

来福X 黒 生酒

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

溜まりすぎているので感想だけをあげていく…。

初飲み&久々の「来福」シリーズ。

「来福X 黒 生酒」
 
来福酒造
 
Dsc_2931
 
Dsc_2930
 
精米歩合:50%

アルコール度数:17度

製造年月日:2014年5月

値段:1升円(税込)

感想

Dsc_2932

開栓初日(8/30)

冷やしていただく。

 

密度の濃いジューシー味があるのにサッパリでちょい硬質さと厚みのある旨みを上品に楽しめるお酒。

上立ち香と甘みに酸の感じが何か甘みがしっかりした果実を連想させるが、それが半可通にはわからず(苦笑)

ちょいウリっぽい感じもあるかなぁと。

ちょいエロ系の甘みなのにサッパリしていて今風の甘みや香りとも違うし、しっかりしつつスッキリした酸とのバランスも良い感じ。

旨みは厚みありつつちょいドライというか硬質な感じで、この硬質感と甘酸と相まってふくらみ、キレ&後口はサッパリ。

この磨きでこの厚みと硬質感はクラシックなお米と予想。

ウマウマ飲めつつ、これは何のお米なのかな?とか色々考えて飲んでしまう楽しいお酒でした。

 

美味い。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月 4日 (木)

くどき上手Jr. 純米大吟醸山田穂

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

溜まりすぎているので感想だけをあげていく…。

「くどき上手Jr. 純米大吟醸山田穂」
 
亀の井酒造
 
Dsc_2728
 
Dsc_2730
 
使用米:山田穂

精米歩合:44%

使用酵母:M310、1801

日本酒度:±0

酸度:1.2

アルコール度数:17度以上18度未満

製造年月日:2014年6月

値段:1升3,780円(税込)

感想

Dsc_2740

開栓初日(8/27)

冷やしていただく。

 

しっとりとした甘みとちょい華やかな香りがあるのにしつこくなく、しっかり厚みのある旨みがあるのにきれいでスルリとキレていくお酒。

華やか系でも香りの主張はそれほどなく、上品な香りと甘み。

華やか系ジューシーなのに後口サッパリだし、旨みしっかりなのにきれいなふくらみで後口も心地よい。

そしてカプ苦もなくてチャイルド舌半可通でもいける仕様だし、余韻のふんわりさと鼻に抜ける香りなど、これ系をあまり飲まない半可通でも素直に美味いと感じるお酒ですね。

しかもこの精米歩合で旨みしっかりあるのに44%!というきれいさも併せ持つ。

 

山田穂ということでちょい家冷で寝かしていましたが、正直要らないですね(苦笑)

伸びるよりも張りがなくなる気がして、買ったらさっさと開ける方がいいかも。

開栓後1週間くらいの変化はふんわりさが増して楽しいですので、開けて3日くらいで空けなくちゃ!という必要はないかと。

 

美味い。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »