2014 参加したイベント

2014年10月22日 (水)

「第34回全国きき酒選手権大会 東京予選会」に参加してきた

「第34回全国きき酒選手権大会 東京予選会」に参加してきました。

 

10月8日の事を今頃?(笑)

ちょうど行ける日だったので、当たればラッキー位の気持ちで応募したら見事当選。

会のスタート時に100人募集のところ120人の応募と言っていたので、意外と倍率低いなぁと。

ちなみにこの東京予選は数年前に参加したのですが、時間制限された環境で本気の参加者達ときき酒という雰囲気に飲まれたのか、答えの記入方法を思いっきり間違えて提出して散るという感じでして、これをブログを面白おかしく…と思っているうちに記事書くモチベがなくなり、お蔵入りと相成りました。

今回2回目ですし、流れも分かるから今回はきき酒予選会を楽しもうと!(負けフラグ)

 

んで、当日。

会場は日本酒造会館

Dsc_3300

Dsc_3298

流れはこんな感じ。

Dsc_3320

上位2名が全国大会に出られます。

ただ補欠も含めてなのか、予選会では上位3名が決まるまでプレーオフと言っていました。

しかも全国大会出場者も今回参加していますので、ハイレベルなきき酒になると思います的な話を偉いさんが話していました。

もうね、そんなの来んなよと、和了れよと、張り切ってんじゃねーよと、モチベ下げんなよという空気に包まれたのを感じたのは半可通だけでしょうか?(笑)

そんな奴はブログで自慢するとか、きき酒ワークショプやるなり、肩書利用してイベントでも立ち上げてそっちにいけよとも思ったことは、一応ブログに書いておきます(笑)

 

さて、きき酒方法はこちら。

Dsc_3322

採点方法は…、まぁ全部当てるか好み順の差がないとOKなんだと思います(苦笑)

きき酒の様子は撮れませんでしたが、ステイ中はこんな感じ。

20141008_195225_723

 

んで、半可通の結果ですが7個中4個正解という一番面白味のない正解率(苦笑)

好み順の1,2,3までは正解して、4ダメで5は正解であとはグダグダ…。

1順目の時はギリギリまで色々飲んで舌と鼻おかしくするよりは…と、時間余らせるくらいそこそこ違いがわかるかも…と多少自信はあったんですよね。

2順目のときもニホヘトイロと飲んでいき(クチュクチュペッができないので)、おっこれ良い線いくかも!という期待という高泡がムクムクと膨らんでハを飲んだ瞬間シャレでもなくホントに

ハッ…

と発酵停止(苦笑)

今まではこれはあれだな、これはあれだなと予想はついていたのですが、ハを飲んだ瞬間これどこからやってきたの?という記憶がバシルーラ。

そこからですよ。

慌てて3種類くらいを飲み直して1順目に書いたメモとすり合わせ作業して、解答用紙に記入。

んで、その結果が4問正解。

Dsc_3475

1順目に怪しいのをしっかり確認しなかったのがいけませんでしたね。

好きなイソ系純吟とカプッているのとグホッ!という苦手系とベーシックな本醸造だな!というのだけは自信があって、それは合っていましたが普段飲まないようなのは全然ダメでしたね。

過信ですな!

 

まぁそんな感じで予選通過は無理でしょ!とプレーオフやるやらないの結果待ちまでマッタリ。

したらプレーオフはありますという話で、4人?5人?ほど呼ばれてその方達以外はお帰りを~となりました。

その帰る時に参加していた一人の方が知り合いなのか別の参加者の人と話しているのを聞いたのですが、その人は1個間違いなのに呼ばれてないからプレーオフの人は全問正解なんだろうねみたいなことを言っていましたね。

もうね、無理ゲーです(笑)

 

参加して感じたのは、日本酒好きが気軽に参加して勝ち抜けるというポップな大会じゃないということ。

きっと毎年応募しているような人が多そうだし、ちゃんときき酒トレをしっかりしてきました!という人も多いし、酒販店さんとかは参加できないけど日本酒をビジネスに絡ませている(飲み屋さんやワークショップ系)人もそこそこいそうで本気度が違う。

会場着いて受付前にトイレ行ったらリステリンしているサラリーマンや待っている時に鼻にシュッとするスプレーしている人とかみると、半可通の準備不足を感じました。

 

来年参加する気がある人は東京予選だと東京のお酒が使われるみたいなので、スペック関係なく色々な東京のお酒できき酒の練習(飲みでもいけるかもしれないけど、プレーオフになるとそれだと厳しそう)していったほうがいいですよという、俺の屍を越えてゆけ!という〆。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月 9日 (火)

「うえも商店」のひやおろし試飲会に参加してきた

春日町にある酒屋さんのイベントに参加してきました。

 

ひやおろしの試飲会でして、約30種ほど。

というか、春日町に移転してからこういうイベント初参加の半可通。

数日前に店いったら、ぜひ来て!というお誘い&その夜は暇だったので参加してきました。

出品リストはいただきましたが、この企画は普通の日本酒イベントではなく気に入ったのあったら買っていってね!という店側が身銭切った企画なので(あくまで半可通の私感)、参加側もイベントイベントせずに…。

ということで、感想等メモはしていませんし、何が出品されていたとかも書きません。

そういうのを理解できずに色々飲めるイベントだと勘違いして友人達と来るマニアや、遠方から来ちゃう貧乏臭いマニアとか、イチイチイチイチかまって欲しい七面倒臭いマニアとかが来るような感じではないイベントですね。

たつなみの時みたいに店内は広くないので、その場の空気が読めないバカは周りの迷惑だし、恥ずかしいから来ないほうがいいですよ。

これは半可通兄さんのアドバイスだにょ♪

 

ということで、こんな雰囲気ですにょという写真と、おっ!というお酒だけアップ。

半可通兄さんの溢れ出る愛という名の高泡のヴァイブスを感じて!

 

では、

Dsc_2956

Dsc_2957

Dsc_2958

陸奥八仙 特別純米

以前は特純は生だけ出してろよ!という生と火入れの高低差がありすぎた八仙ですが、これは良かった。

寧ろ中途半端に香りあってきれいになった特純生よりも好きかも。

Dsc_2959

南方 山廃純米

南方は以前生や火入れ&各スペックを色々試飲させてもらいましたが、それほど惹かれたのはなかったです。

んでも、今回のこれはなかなか魅力的。

良い感じの山廃感と米の旨味感があって、これのお燗はかなりいけそう♪

Dsc_2960

雪の茅舎 純米吟醸

ここのお酒は完成度高いなぁという、生は生の良さ、火入れは火入れの良さを引き出していますね。

シルキー!

Dsc_2961

十九 poco a poco

きれいジューシー。

これ昨年は買えなかったやつで初飲みでしたが、これ美味い!

磨いた系十九は外れなし!(断言)

Dsc_2962

龍力 純米吟醸

厚みあって角取れていて、ひやおろしらしいなぁと。

Dsc_2963

上喜元 純米吟醸おりがらみ 中秋の風花

スゲェ。

これスゲェ。

美味いよりもスゲェが先に立つ。

Dsc_2964

開運 ひやおろし

良い意味で地味。

さすがのバランス。

Dsc_2965

幻舞 特別純米 秋あがり

幻舞は生でしょ!(吟醸除く)なんて思っていた半可通を誰か貶して!

まろやかエロい。

 

この他、姿 純米吟醸も良い感じのまろやかエロで、以前よりも派手系酵母使いでも火入れイイじゃん!というお酒があったのが印象的。

カプ苦もないし、改良されているんだなぁと。

 

普段買わないお酒を色々飲める機会がないとその進化に気づけないし、ホント参加してよかったです。

月末にも第2弾の試飲会があるので、それも参加しようかなと。

陰湿な地下活動しかしていない半可通先生に会えるのは、春日町だけ!(ジャンプ風に)

 

そんなんで、ひやおろし買うのはまだ早いかな?とおもっておりましたが、最近の全国的な酒不足&勉強の為にもひやおろし1本購入して帰宅。

 

お店の方々ありがとうございました!

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年5月22日 (木)

「2014 吟醸新酒祭」に参加してきた

「2014 吟醸新酒祭」に参加してきました。
 
1週間も前の出来事を今頃アップ。 
もうねぇ、買い替えた新しいPCは使いにくいし、正直ブログ書くの面倒くさいの…(苦笑)
 
この日はとにかく、行ったブースにあったお酒は殆ど飲んだし、注がれたお酒は全飲みで後半はメモしてないし、記憶がバシッ(あらばしではなく、バシルーラの方)ておりますので写真見て「あ~飲んだな、そういえば…」がありますし、飲んだお酒書くのも面倒くさいので、それもヤメ!というスイーツ仕上げdeath…。
 
ちなみに西田酒造店は参加していませんでした。
 
 
では、どうぞ。
 
Dsc_0929
会場地図。
 
Dsc_0930
Dsc_0931
スタート前。
 
Dsc_0932
まずは御代櫻酒造
 
「津島屋 純米大吟醸 播州山田錦」美味し。
味のっていてこの時期でもウマウマ。
 
Dsc_0933
関谷酒造
 
「蓬莱泉 和」のトロトロした味わいが素敵。
 
「純米大吟醸 一念不動」昨年のイベント時に飲んだ時よりも古酒感控えめで良い感じ。
1年熟成といっていたけど、秋だとそれプラス半年分エイジングするからなのかな?
 
Dsc_0934
Dsc_0935
開始直後は皆さん会場の端(東海近畿と東北)に行っているので、入口付近はガラガラ。
 
Dsc_0936
Dsc_0937
亀の井酒造
 
「イエロー Jrのヒ蜜」エロ甘い!
でも後口はしつこくなく、旨味もちゃんとある。
カプンプンではないので、1升を家飲みでもいける感じ。
「スーパーくどき上手 改良信交」がウマウマでした。
 
Dsc_0938
亀の井酒造が角っこだと渋滞起こします(苦笑)
 
Dsc_0939
森島酒造
 
「大観 純米吟醸 雄町」はやっぱり美味いね!
「大観 純米吟醸 ひたち錦」もウマウマ。
山田さんのはちょい若く、ピークはもう少し先かも。
 
Dsc_0940
青木酒造
 
「御慶事 大吟醸袋吊り斗瓶」「御慶事 純米吟醸 ひたち錦」の2つだけの出品でしたが、両方共美味し。
南部杜氏に変わったみたいで、良い感じの出来栄え。
 
Dsc_0941
出羽桜酒造
 
「出羽桜 純米吟醸つや姫」は火入れとは思えないフレッシュウマウマ。
さすがです。
 
Dsc_0942
今田酒造本店
 
「富久長」はやっぱり八反草!
「富久長 純米大吟醸八反草雫酒 妙花風」も最高の味わいですが、「富久長 純米大吟醸八反草 50」も米味しっかり&きれいで素敵。
八反草を使いこなしていますね。
 
Dsc_0943
桝田酒造店
 
普通ではあまり流通していない「満寿泉 限定純米大吟醸生」が最高!
無濾過生とは思えない滑らかさと薄っすらトロリとした旨味感があって美味し。
 
Dsc_0944
Dsc_0945
土井酒造場
 
きゃー出品酒が乱立してる!(笑)
 
この日は社長&ムッスコさんがおらず、業界の有名な方がブースにおられました。
開運親子がいない代わりに、サービスでこんなに出品酒を出してくれたのかな?
 
25BYの静岡&全国出品酒から昨年の静岡&全国など。
20BY全国はバカウマだし24BYの…と贅沢なひとときを過ごす…。
 
出品酒を堪能したあとには、しっかり純吟クラスもいただくのが半可通。
うむ、「開運 吟醸」美味し!
 
Dsc_0946_2
本田商店
 
「秋津はなくなったので、これどうぞ!」と注がれた「龍力 袋搾り斗瓶取り荒ばしり」美味し。
「大吟醸 米のささやきYK40-YK50」も美味し。
 
Dsc_0947
一本義久保本店
 
「一本義 純米大吟醸生原酒」「一本義 特醸山田錦 純米吟醸」など甘旨みしっかりトロリで良い感じ。
 
福井だとどこでも売っているお酒というイメージで惹かれませんでしたが、こういう生系は首都圏で受けそう。
 
Dsc_0948
Dsc_0949
中本酒造店
 
「山鶴 純米吟醸段違い辛口生原酒」とか辛口を袋吊りしたお酒を出していたり、色々面白いラインナップでした。
「さぶろう 純米吟醸」が軽やかシルキーで一番半可通好みでした(貧乏舌)
 
会の半ばや終盤にこういうお酒は落ち着く(笑)
 
Dsc_0950_2
利守酒造
 
「酒一筋 山廃純米吟醸 時代おくれ」はやはり鉄板。
 
Dsc_0951
八海醸造
 
「八海山 大吟醸」とかもいいですけど、「八海山 吟醸」美味し!
こういうイベントでコンディションが良いのを飲むと、「八海山」スゲェ!となりますね。
 
最近の日本酒好きは端麗辛口を馬鹿にする風潮というか、下に見る印象がありますが、こういうお酒の良さも分かりつつ濃いのや派手なのも飲むという人となら飲みに行きたいわ。
 
ブースの人が「うちの本醸造ばかり飲んでます!」と、良い顔をしていたのが印象的。
 
Dsc_0953
何故かモザイクかかっているみたいに…。
大洋酒造
 
越淡麗の3種、特に「大吟醸 大洋盛出品酒」が絶品。
 
このブースに行ったら、何故かそこにいた参加者のオネーサンに「まずはこれを飲んでみて」と出品酒を注がれました(苦笑)
「美味いですね~」と返すと、「栄光富士飲んだ?」と聞かれ、「まだ飲んでないです」と答えると「じゃあ、連れて行ってあげる」と二人で移動(笑)
 
アレッ?俺もしかしてやられる?(ボコボコにされる方ではなく)チェリー喪失?と期待と股間が高泡de蛇管火入れ状態でしたが、ちゃんと栄光富士のところに連れて行って貰えました。
 
Dsc_0954
Dsc_0955
Dsc_0956
富士酒造
 
ワイン酵母を使用した「純米大吟醸無濾過生原酒 Snake Eye」がオモロ美味い。
 
行った時このブースはやたら混んでいましたけど、あのオネーサンが連れて来てたのか?(苦笑)
 
Dsc_0957
島崎酒造
 
「東力士 極一滴雫酒 五百万石」はやはり美味し。
ラベルがシャレオツになった「熟露枯」が山廃の純吟山田さんと書かれていたけど、最近でたお酒なのかな?
 
Dsc_0959
龍神酒造
 
「尾瀬の雪どけ 純米大吟醸山田錦」は王道!という感じの安定の美味さ。
 
Dsc_0960
天山酒造
 
ここの愛山は半端ないって!
 
Dsc_0961
天鷹酒造
 
この位の時間になると「辛口 純米吟醸天鷹」がらしいし、美味い。
 
Dsc_0967
夢心酒造
 
いまさらどうこう書くことなし!
ホント落ち着きます。
 
Dsc_0968
吉田酒造
 
「智則」と同じ?同じような?スペックなのが美味しかった記憶が朧げにある(苦笑)
 
Dsc_0993
Dsc_0998
Dsc_0999
青木酒造
 
「鶴齢 純米吟醸山田錦」が特に美味しかったみたい。
飲んだ記憶はあるけど、必要に写真撮っている辺り、よほど気にいったのでしょうね(他人ごと)
 
Dsc_1000_2
吉田酒造店 
もう覚えてないわ(苦笑)
 
写真やメモはこれ以上ないので、多分ほかのブースには行ってないと思いますがどうなんでしょ?(苦笑)
 
まぁここまでヘロヘロになったのは久しぶり。
帰りの電車では乗り換えする駅で寝て乗り過ごし、戻ったりなんやとしてまぁ明るいうちによく家に帰れたなぁと。
 
そして家に帰ったらそのままご就寝ですよ。
朝までよく寝て、翌日は二日酔いどころか、12時間近く寝ているから超元気でした(笑)
 
でもまぁさすがに、しばらく香りある吟醸酒はいいわ…とはなりますね。
そしてまた秋に、しばらく香りある吟醸酒はいいわ…となって、1年中安酒に走ると(笑)
 
 
蔵の方、スタッフの方ありがとうございました!
多分迷惑はかけていないはず…。
 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

2010 参加したイベント | 2010 蔵見学&蔵拝見 | 2010 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2011 参加したイベント | 2011 蔵見学&蔵拝見 | 2011 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2012 参加したイベント | 2012 蔵見学&蔵拝見 | 2012 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2013 参加したイベント | 2013 蔵見学&蔵拝見 | 2013 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2014 参加したイベント | 2014 蔵見学&蔵拝見 | 2014 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2015 参加したイベント | 2015 飲んだ日本酒(リキュール含む) | グルメ・クッキング | 三重県のお酒 | 京都府のお酒 | 佐賀県のお酒 | 兵庫県のお酒 | 和歌山県のお酒 | 埼玉県のお酒 | 外飲み | 大阪府のお酒 | 奈良県のお酒 | 宮城県のお酒 | 富山県のお酒 | 山口県のお酒 | 山形県のお酒 | 岐阜県のお酒 | 岡山県のお酒 | 岩手県のお酒 | 島根県のお酒 | 広島県のお酒 | 徳島県のお酒 | 愛媛県のお酒 | 愛知県のお酒 | 新潟県のお酒 | 日本酒 | 日本酒イベント情報 | 日記・コラム・つぶやき | 東京都のお酒 | 栃木県のお酒 | 滋賀県のお酒 | 石川県のお酒 | 神奈川県のお酒 | 福井県のお酒 | 福岡県のお酒 | 福島県のお酒 | 秋田県のお酒 | 群馬県のお酒 | 茨城県のお酒 | 読書 | 酒造組合 | 長野県のお酒 | 青森県のお酒 | 静岡県のお酒 | 香川県のお酒 | 高知県のお酒 | 鳥取県のお酒