« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月29日 (木)

風の森 純米大吟醸しぼり華 秋津穂

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

溜まりすぎているので感想だけをあげていく…。

「風の森 純米大吟醸しぼり華 秋津穂」
 
油長酒造
 
Dsc_3574
 
Dsc_3576 
 
使用米:秋津穂

精米歩合:50%

使用酵母:K-7系

日本酒度:+3.5

酸度:1.9

アルコール度数:17度

製造年月日:2014年8月

値段:1升3,240円(税込)

感想

Dsc_3577

開栓初日(11/19)

冷やしていただく。

 

酸が引っ張っていくジューシー味とボリュームありつつふんわりしたシャープな旨みとキレのあるお酒。

旨味の線は細いが心地よいボリュームがあって、ふんわり軽やか。

香り、甘み共に上品で軽やか、キレはシュッと心地良くスイスイ飲んでしまうが飲みごたえはしっかりある。

確かに50%の秋津穂だなぁという味とふくらみ(まんま)

 

ただ50%でこれだと、これ以上磨けたとしても秋津穂を敢えて…という印象もある。

低精米カゼモリに慣れていると、ボリュームある50%とはいえこれカゼモリ?というふくらみと軽やかさで不思議な気分になりますね(苦笑)

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月27日 (火)

大観 純米吟醸 雄町

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

溜まりすぎているので感想だけをあげていく…。

「大観 純米吟醸 雄町」
 
森島酒造
 
Dsc_3568
 
Dsc_3570 
 
使用米:雄町

精米歩合:50%

日本酒度:+2

酸度:1.7

アルコール度数:15度

製造年月日:2014年5月

値段:4合円(税込)

感想

Dsc_3571

開栓初日(11/13)

冷やしていただく。

 

しっとりエレガントな甘みとスッキリした酸に程よい弾力&きれいさのあるお酒。

しっとりしつつ華やかさは控えめで、エレガントなのにしつこさがなくて好み♪

程よい弾力のある旨みが程よくきれいで、上品さと飲みごたえが両立。

キレはシュッと収斂味ある締まったキレ感で心地良く、カプ苦がほとんどなく、後口も心地よくて飽きずに飲める。

 

生のピチジューシー&ちょい華やかもいいですが、火入れの角の取れたちょい落ち着きありつつ艶やかな味わいも良い感じ。

「大観」の雄町は生でも火入れでも外れなし!

 

美味い!

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月25日 (日)

相模灘 純米無濾過生原酒槽場詰め 山田錦

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

溜まりすぎているので感想だけをあげていく…。

「相模灘 純米無濾過生原酒槽場詰め 山田錦」
 
久保田酒造
 
Dsc_3542
 
使用米:播州山田錦

精米歩合:50%

使用酵母:9号系

日本酒度:+2

酸度:1.7

アルコール度数:17度以上18度未満

製造年月日:2014年3月

値段:1升3,700円(税込)

感想

Dsc_3549

開栓初日(11/8)

冷やしていただく。

 

生熟ジューシー甘酸と端正且つボリュームある旨みを心地よい苦辛さでキレていくお酒。

開けたてはこの時期でも気泡が立つフレッシュさですが、開けて3日くらいで生熟感が出てきます。

そこからは日増しに主張。

ただ甘旨みもしっかりなので濃いのが好きなら開けてしばらく放置がオススメ。

旨みしっかりでも播州山田さん50だからか端正でしつこさはなし。

キレは苦みを伴うキレですが、ここまで味ノリしているとあまり気にならない。

 

発売直後に試飲させてもらいましたが、今くらいが甘旨みありつつきれいで苦みは気にならない。

雄町は発売直後にすぐ飲んでもいいですが、山田さんは夏越しが現代的な濃さかも。

 

美味い。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月24日 (土)

水尾 特別純米酒 金紋錦仕込 ひやおろし

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

溜まりすぎているので感想だけをあげていく…。

「水尾 特別純米酒 金紋錦仕込 ひやおろし」
 
田中屋酒造店
 
Dsc_3289
 
Dsc_3291
 
使用米:金紋錦

精米歩合:59%

アルコール度数:16度

製造年月日:2014年9月

値段:1升3,240円(税込)

感想

Dsc_3293

開栓初日10/6

冷やしていただく。

 

爽快な酸が引っ張っていくフレッシュさを閉じ込めた程よく丸い味わいのお酒。

開けて3日くらいは栓開ける度にシュッシュッいう程フレッシュ封じ込め。

透明感ある柑橘系の甘みと酸が引っ張っていくが、トゲトゲしていなくて飽きずに飲める。

旨みはちょい弾力あるふわり&詰まり感でキレはシュル~で余韻も心地よい。

 

久しぶりにひやおろしを飲みましたが、以前のような荒々しさやガツン感もなくフレッシュ増しで、できあがったひやおろしって感じ。

レギュラー金紋錦よりも度数があるからか、味の厚みありながらキレ感が増して飲みごたえ&辛口感がアップ。

個人的にはレギュラーのバランス感が好きだけどレギュラー物足りない人には断然こっちがオススメ。

開けて1ヶ月経ってもダレずにウマウマ♪

これは購入後半年くらい寝かしてもいいくらい伸びそう。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月17日 (土)

旭鳳 純米原酒 秋のいざない

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

溜まりすぎているので、感想だけをあげていく…。

「旭鳳 純米原酒 秋のいざない」
 
旭鳳酒造
 
Dsc_3525
 
Dsc_3527
 
使用米:広島県産こいもみじ

精米歩合:70%

日本酒度:+5

酸度:1.6

アミノ酸度:1.6

アルコール度数:17.4度

製造年月日:2014年9月

値段:1升2,100円(税込)

感想

Dsc_3530

開栓初日(10/30)

冷やしていただく。

 

しっとりジューシーな甘酸とギュ~としっかりしつつ出すぎない旨みを苦みでキレていくお酒。

しっとり華やか系の甘みと香りですが、軽快でそれ以上にしっかりした旨みに酸とキレがあるので、どちらかというと辛口っぽい味わい。

旨みはしっかりでもギュッと締まったタイプでボリュームは程々。

苦みはあっても低精米のお米由来という感じで、それがキレに繋がっている感じ。

このキレ&後口は食中酒寄りひやおろしという印象。

 

これはコスパいいね。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月15日 (木)

瑞冠 新鮮組 純米吟醸袋搾りしずく生酒 ゆめせんぼん

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

溜まりすぎているので、感想だけをあげていく…。

「瑞冠 新鮮組 純米吟醸袋搾りしずく生酒 ゆめせんぼん」
 
山岡酒造
 
Dsc_3494
 
Dsc_3496
 
Dsc_3497
 
使用米:ゆめせんぼん

精米歩合:60%

使用酵母:蔵付き2号

日本酒度:+5

酸度:1.7

アミノ酸度:0.8

アルコール度数:16.5度

製造年月日:2014年9月

値段:1升2,700円(税込)

感想

Dsc_3498

開栓初日(10/24)

冷やしていただく。

 

シルキーな旨みと滑らかな甘みに爽快な酸とシュッというキレのある、上品な香りと味わいでスイスイ飲んでしまうお酒。

甘みあるのにサッパリスッキリな甘酸とシャープな質だがシルキーな旨みがふんわり味わえる。

キレはスッキリしつつスパッ!と切り過ぎない心地よいキレ感と後口で、辛口と言えば辛口なのかな?

香り、味共にしずく!という上品さで、これはお値段以上。

 

広島吟醸でもなく、硬派過ぎてもいないし、程よい甘い香りとジューシーな甘みもあって良い感じ。

この時期の生でも熟感はなく、飲み頃!という程の熟感でもないので安心してダラダラ飲めました。

 

美味い。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月14日 (水)

雁木 純米無濾過生原酒 おりがらみ秋熟

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

溜まりすぎているので感想だけをあげていく…。

 

その時美味しければ生でも火入れでも問題なし!

それが秋あがりだ!

夏越しだ!!

「雁木 純米無濾過生原酒 おりがらみ秋熟」
 
八百新酒造
 
Dsc_3531
 
使用米:(麹)山田錦(掛)西都の雫

精米歩合:60%

アルコール度数:17度以上18度未満

製造年月日:2014年10月

値段:4合1,512円(税込)

感想

Dsc_3534

開栓初日(11/1)

冷やしていただく。

 

濃いめで厚みのある甘旨みにしっかりした酸とスキッとしたキレを楽しめるお酒。

角の取れた熟感でしっかりした甘酸としっかりしつつちょい端正な旨みのバランスが良く、しっかり厚みあるのに重くなく、しっかりだけでなく米の質も楽しめる。

オリは薄らでオリの風味もそんなになく、旨味がちょい足しされただけというオリリィ具合。

これこれ!これだよ!という期待を裏切らないしっかり甘酸と旨味のボリューム♪

秋の無濾過生原酒はこうでないと。

 

この時期にこういうタイプは少ないので、しっかり系なのについ飲み過ぎますね(苦笑)

まぁ、4合瓶だと量が足りないけど1升瓶よりも4合瓶の足りないくらいがいいのかもなぁと。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月10日 (土)

2015.2月「dancyu」日本酒特集を買ってみた

2015年2月「dancyu」日本酒特集を買ってみました。

過去記事

2007年

2008年

2009年

2010年

2011年

2012年

2013年

2014年

 

今年は2月発売なんですねと、TSUTAYAにド派手な跳ね馬レッドの雑誌が置いてあって気づきました。

Dsc_3894

目次はこんな感じ。

Dsc_3896

クラシックスというタイトル通り、生もとがメインの特集。

もう完全に日本酒好きしか視野に入れていない内容でございます(笑)

「この前テレビで紹介されていたフランスで飲まれている日本酒は置いてありますか?」みたいな銘柄さえも覚えていないけど、酒屋に来ればその説明で買えるだろうと世界が認めた的な肩書で買いに来るような人達など放ったらかしですよ!

 

この号はページ数埋めるためだけのやっすい料理特集などもなく、取材多めでマニアにしっかり寄っているので初心者ではないけどマニアでもないの…(モジモジ)という中性的な半可通的には良い感じかと。

生もと&山廃を造っている蔵元が、生もとと山廃の違いなど丁寧に説明してくれているので、その辺に興味がある方などは購入をオススメします。

生もと特集だと、個人的には内容と関係ない「菊正宗」が飲んでみたくなりましたね。

ちゃんと飲んだ記憶がないので…。

 

あとは6、7、9号酵母発祥の蔵の特集もいいですね。

特に最後の3蔵のコメントがイイ!

 

仕込み水の特集とか日本酒好きキャリア短い人なんてたまらないんじゃ?

きっと昔の自分ならガッツリ読んでいたでしょうが、今では数値とかそういうのどうでもいいので全然頭に入ってこないdeath(苦笑)

 

毎度あるお燗の特集は、ぬる燗をすすめていました。

個人的には最初からぬる燗だと嫌だし、なんでもぬる燗ってちょっと…。

まずアチチ!(笑)

そこから落ちていって、その酒の好きなゾーンを見極めろ!と。

それでどこもイマイチだったらその酒はお燗にするな!と。

それが半可通流だと(ドーン)

この話とは関係ないですが、なんでもお燗にする人や、なんでも冷酒で飲む人など自分で好きなように飲むのは結構ですけど、それを人に推してくる人って面倒だなぁと。

半可通もお燗好きですが、度数高いやつのお燗や生酒のお燗は好きじゃないし、生でもお燗向きなタイプだったらそれの火入れを落ち着いた頃に飲みたいですね。

また冷酒向きなのをお燗にしてカプンプンさせて飲むのも嫌。

あのニオイ(香りではない)でムフォ!って、ムフォ!ってなるんですよね…。

吟醸酒協会のお燗ブースなんて地雷がイッパイです(笑)

まぁ確認の為に飲んだりしますが、やはり好きではないです。

特に今時酵母のあまーい!カプンプンはかなりきます…。

カプンプンでも古酒だとお燗でギリいけますが、ロリ寄りなので未だに古酒古酒しているのは苦手です(苦笑)

こういうこと書くと、アイツ分かってねーなぁ!と思われるのでしょうが、嗜好品なんだから好きに飲ませlow!

 

とまぁこんな感じで今年のは量より質だなと(上から目線で)思いながらお好み焼きの特集などをパラパラ見ていたら、最後にまさかの次号も日本酒特集の予告!(笑)

日本酒ブームがきたぁー!!

日本酒ルーキーは俺様についてこいやぁ!!

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2015年1月 7日 (水)

2015年 正月のお酒

元旦、実家には「風の森 ALPHA」「まんさくの花 純米吟醸袋吊り生詰原酒 Diamond Drop」

Dsc_3848

2つとも美味しいお酒ですが、おせち系やお寿司とはあまり合わず…(苦笑)

ダラダラ長時間飲むのにいいかなぁと思って持参しましたが、ちょっと違った。

「まんさくの花」は特に開けたて硬めでこれは1升瓶で家飲みだなと確信。

 

2日は嫁の実家へ…。

今年は皆で焼き肉屋へ行くということを前日に聞かされ、こんな日本酒もあるんだよという啓蒙活動用に「風の森 ALPHA」と、義弟が好きな「醸し人九平次 純米大吟醸山田錦 EAU DU DESIR」を持っていく予定で購入済みでしたが、いつでも皆で飲めるようにと急遽スーパードライ1ケースをお年賀に…。

Dsc_3861えぇ肉

ですので結果的に「九平次」は家飲むことに。

もうすでに開けていますが、新酒の火入れだとこの時期の開けたては硬いねぇ…というお勉強になった年始。

半可通的には、やはりこの時期は新酒ならにごりだし、晩稲系なら前年度の火入れだなと思っていますが、正月酒のチョイスは自分一人で飲むわけではないので難しいですねぇ。

もう正月はビールと永遠飽きずに飲めて冷やでもお燗でもいける本醸造でいいや!(笑)

 

ということで、今年もよろしくお願いします!

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月 1日 (木)

奥能登の白菊 能登の酒

石川県の酒屋さんから購入したお酒。

溜まりすぎているので感想だけをあげていく…。

「奥能登の白菊 能登の酒」
 
白藤酒造店
 
Dsc_3469
 
使用米:国産米

アルコール度数:15度

製造年月日:2014年10月

値段:4合787円(税込)

感想

Dsc_3472

開栓初日(10/20)

常温でいただく。

 

やわらかな甘旨みと軽いアルコール感でキレていく、リッチな味わいの普通酒。

普通酒クラスでもそれを感じさせないアルコール感とふんわりやわらかな味わい。

ペカペカでも練れ練れでもなく、良い感じの味ノリとやわらかツル~な旨みで、キレはアル添主張控えめでスルッ。

火入れ感や熟感もなく、やわらかな味わいでさすが奥能登!という味わい。

 

開けて1週間経ったくらいが艶やかな旨みがでて、お値段以上。

クセもなく、お酒だけでも飲めてアル添感も控えめで、このお酒は今まで飲んできた普通酒でもトップクラス(ただし開けて1週間以上経った状態)

これは一升瓶推奨!

 

美味い!

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »