« 若竹屋 純米無濾過生原酒 杜氏の隠し酒 | トップページ | 2015年 正月のお酒 »

2015年1月 1日 (木)

奥能登の白菊 能登の酒

石川県の酒屋さんから購入したお酒。

溜まりすぎているので感想だけをあげていく…。

「奥能登の白菊 能登の酒」
 
白藤酒造店
 
Dsc_3469
 
使用米:国産米

アルコール度数:15度

製造年月日:2014年10月

値段:4合787円(税込)

感想

Dsc_3472

開栓初日(10/20)

常温でいただく。

 

やわらかな甘旨みと軽いアルコール感でキレていく、リッチな味わいの普通酒。

普通酒クラスでもそれを感じさせないアルコール感とふんわりやわらかな味わい。

ペカペカでも練れ練れでもなく、良い感じの味ノリとやわらかツル~な旨みで、キレはアル添主張控えめでスルッ。

火入れ感や熟感もなく、やわらかな味わいでさすが奥能登!という味わい。

 

開けて1週間経ったくらいが艶やかな旨みがでて、お値段以上。

クセもなく、お酒だけでも飲めてアル添感も控えめで、このお酒は今まで飲んできた普通酒でもトップクラス(ただし開けて1週間以上経った状態)

これは一升瓶推奨!

 

美味い!

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

|

« 若竹屋 純米無濾過生原酒 杜氏の隠し酒 | トップページ | 2015年 正月のお酒 »

2014 飲んだ日本酒(リキュール含む)」カテゴリの記事

日本酒」カテゴリの記事

石川県のお酒」カテゴリの記事

コメント

普通酒は、開栓直後だと安酒共通の悪臭がしたりとかありますね。
赤城山も数日は放置する必要がありました。

それと、流通過程がルーズになりがちなのも厄介で…(^_^;)

投稿: トール | 2015年1月 1日 (木) 12時43分

トールさん

>安酒共通の悪臭
これにはなかったですが、ありますよね。
蔵直だとそんなに当たらない気がするので、管理の問題なのかな?と思っています。

>流通過程がルーズ
焼酎じゃないんだぞ!と(苦笑)

ルーズと言えば、近所の西友で正月用に仕入れされた新潟有名系のお酒と剣菱が暖房&照明ガンガン当たるスポットに鎮座されておりまして、売れ残りがディスカウントされるのを期待しております(笑)
剣菱なら耐えられるだろう…。

投稿: 半可通 | 2015年1月 4日 (日) 18時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1346789/57954498

この記事へのトラックバック一覧です: 奥能登の白菊 能登の酒:

« 若竹屋 純米無濾過生原酒 杜氏の隠し酒 | トップページ | 2015年 正月のお酒 »