福島県のお酒

2013年9月12日 (木)

辰泉 純米しぼりたて うすにごり生

近所のディスカウント酒屋さんで購入したお酒。

ちょいディスカウント価格だったので購入してみました。

「辰泉 純米しぼりたて うすにごり生 仕込みNo.4」

辰泉酒造

Dsc_1563

Dsc_1565

精米歩合:65%

アルコール度数:15度以上16度未満

製造年月日:平成25年1月

値段:4合1,000円くらいだったはず

感想

Dsc_1567

開栓初日(6/27)

冷やしていただく。

上立ち香は、スゥ~軽くメロンソーダのような香り。

口に含むと、フゥ~とやわらかい口当たりでジュッとサッパリしたメロンソーダのような甘みとスッときれいで軽い酸に、ギュ~と軽やかな旨みとクゥ~としたコク&軽いお米由来の苦みが広がり、その後、ジュ~と軽やかなメロンソーダのような甘酸と軽やかな旨みのふくらみをス~とした酸とク~とした軽いコク苦&微かな渋みで引けていき、クッとした軽いコク苦みでキレ。

余韻はフゥ~とした軽やかな甘旨みとスゥ~とした軽いコク苦みの爽快感。

美味い。

6/30

冷やしていただく。

スゥ~とやわらかな口当たりでやわらかジュッとした甘みとスッと軽やかな酸に、ギュ~と軽やかな旨みとクゥ~としたコク苦みが広がり、その後、ジュ~と瑞々しいジューシー甘酸とギュ~と軽やかな旨みのふくらみをス~と上品で軽やかな酸とクゥ~と軽やかなコク苦みで引けていき、クッとした軽い辛さでキレ。

余韻はフゥ~と軽やかでやわらかな甘旨みと心地よいコク苦み。

初日よりもやわらかさが増し、よりふんわり。

 

 

 

サッパリした甘みと軽やかな酸の上品ジューシー味と軽やかギュッとした旨みを楽しめる、しぼりたてらしいフレッシュ酒。

上立ち香&含み香が上品で軽いメロンソーダような感じだからか、甘みもそんな風に感じる。

福島のお酒らしいサッパリジューシー味でスイスイ飲んでしまう♪

 

キレは心地よく、苦みも上品できつくなく、サッパリした苦みでいい感じ。

にごり具合もうすにごりという本当に薄っすらしたにごり感。

しぼりたてでもこれくらいの度数だとスイスイウマウマ飲めるし、ちょいガラッているので物足りなさはなし!

会津のお酒はレベル高い。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

グルメ食品・ギフトを通販でお取り寄せ!ぐるなび食市場

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年10月25日 (火)

永寶屋 辛口純米無濾過生原酒

光が丘にあった酒屋さんで購入したお酒。

「永寶屋 辛口純米無濾過生原酒」

鶴乃江酒造

Dscn4841

使用米:八反錦

精米歩合:60%

日本酒度:+7

酸度:1.4

アルコール度数:17度

製造年月:23年3月

値段:4合1,365円(税込)

感想

Dscn4845

開栓初日(8/28)

冷やしていただく。

上立ち香は、スゥ~と軽快で爽快な甘い香り。

口に含むと、フッとした口当たりでやわらかでしっとりとした甘みとスッと心地よい酸に、程よくク~とした締まった旨みとク~と軽快なコクが広がり、その後、ジュッとした甘酸とグ~ンとした程よい旨みのふくらみをス~とした酸とク~としたコクがで引けていき、キッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、ク~としたコク辛さとフ~と薄らとした甘旨酸。

美味い。

9/9

冷やしていただく。

フッとした口当たりでジュッとした瑞々しい甘みとスッとした瑞々しい酸に、ギュ~と程よくシャープな旨みとキッとしたややドライなコクが広がり、その後、ジュ~と瑞々しい甘酸とギュ~とシャープな旨みのふくらみをフ~とした酸とク~と軽快なコクで引けていき、キッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、フ~とした軽い旨みと心地よい辛さの爽快感。

初日よりも、ピチピチ感がなくなり、瑞々しい感じが出た。

 

瑞々しく爽やかな味わいの中に、スッキリシャープな旨味とキレを楽しめるお酒。

過不足ない爽やかな甘みと程よい旨みのバランスが良く、辛口というだけあってスキッとキレるが辛口過ぎなくて半可通好みの辛口仕立て。

フ~と糸をひくような旨味感も良い感じ♪

暑い日にピッタリの瑞々しさと濃すぎない旨味で、満足感とスッキリ感が同居していますね。

「会津中将」の五百万石もいいですが、八反錦もホント上手な蔵だなぁ~と感じます。

ただラベルと味があってないような気が・・・(苦笑)

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年5月 3日 (火)

国権 山廃仕込み 特別純米酒

光が丘の酒屋さんで購入したお酒。

酸好きっ子の半可通好みだからと店長の超プッシュがあったので、購入してみました。

「国権 山廃仕込み 特別純米酒」

国権酒造

Dscn4131

精米歩合:50%

アルコール度数:15度~16度未満

製造年月:22年9月

値段:1升3,098円(税込)

感想

Dscn4137

開栓初日(1/31)

常温でいただく。

上立ち香は、スッと微かに酸を感じる香り。

口に含むと、瑞々しい口当たりでジュッとした瑞々しい甘みとフッスッとスッキリした酸に、程よくギュ~と締まった旨みとキッとした締まったコクがフッと広がり、その後、フッとした上品な甘旨酸のふくらみを甘みを残しつつフ~ス~とした酸とク~とした締まったコクでフェードアウトしていき、キッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、フッとした甘みと辛さの爽快感。

お燗でいただく。

フッとやわらかな甘みとスッ!とした酸にグッキュッ~と締まった上品な旨みとコクがふくらみ、その後、ふんわりした甘旨みをスィ~とした酸とク~としたコクでフェードアウトしていき、キッとした辛さでキレ。

余韻は、ふんわりした甘旨みと辛さの爽快感。

瑞々しい中に練れたような甘みがあって上品な味わいですが、お燗で飲むには甘み&きれいさが半可通には過ぎるかな?

3/19

常温でいただく。

やわらかい口当たりに溶け込むスッキリした甘みと酸にグッキュッと締まった旨みとコクがジュッと広がり、その後、瑞々しい甘酸とキュ~とした旨みのふくらみをジュ~とした酸とク~としたコクで引けていき、キッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、スッキリした甘旨みと軽く辛さの爽快感。

初日よりも瑞々しい感じで、甘みも控えめになり、初日よりも好みな味わい。

お燗でいただく。

ジュッとスッキリした甘みとスッ!と爽快な酸にク~としたややシャープな旨みとコクがふくらみ、その後、ふんわりした甘旨酸をスックィ~とした酸とシャープなコクでフェードアウトしていき、クッとした辛さの爽快感でキレ。

余韻は、微かにふんわりした旨みと心地よい爽快感。

 

瑞々しく練れた甘みと山廃&五百万石というボリューム感とキレのあるお酒。

スペックから想像する味よりも上品で、きれいな山廃。まぁ50%の精米歩合だから当然かもしれませんが。

2年くらい熟成させてから商品にしたお酒みたいですが、あまり古酒感はなく、瑞々しい練れ具合と角の取れ具合でちょうど飲み頃って感じ。

締まった旨みに酸とキレ感はお燗向き。

精米歩合以上のきれいさで、旨みは精米歩合らしい味わいのお酒でした。

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

嘉永蔵末廣 福の花 生もと純米

蔵へ行ったときに購入したお酒。

「嘉永蔵末廣 福の花 生もと純米」

末廣酒造

Dscn2534

Dscn2535

Dscn2537

使用米:会津金山町産福の花

精米歩合:60%

アルコール度数:15度以上16度未満

製造年月日:2010年3月

値段:4合1,800円(税込)

感想

Dscn2538

開栓初日(3/24)

常温でいただく。

上立ち香は、スゥゥ~と爽快な香りと薄らとコクを感じる香り。口に含むと、スッキリした含み香で瑞々しい口当たりに溶け込む瑞々しい甘みとジワ~とした酸に、フワワ~ンと軽やかだがシュルル~と過不足ない旨みに軽くキリッとしたコクがフワッとふくらみ、その後、スィ~とした酸とシュルル~としたコクでフ~とフェードアウトしていき、フッとキレ。余韻は、ふんわりした含み香と薄らとしたコク。

口の中でシュルル~と渦を巻くようにふくらみ、引けていく感じがとても面白い♪

お燗でいただく。

フッスッとした酸とジュッとした甘みに爽快でグ~ンと伸びのある旨みとコクがフッと上品にふくらみ、その後、上品でス~とした甘みのふくらみを残しつつ、スィ~とした酸とクワ~としたコクにアルコールっぽい爽快感で引けていき、カッとした爽快感でキレ。余韻は、ほんのりとした甘みとコク。

お燗にすると、トロリとした甘みが立ち、アルコール感も出た。

生もとでも冷やの方が好み。

4/15

常温でいただく。

瑞々しい口当たりに溶け込むジュ~としたやわらかい甘旨みと程よい酸に、シルキーでややドライなコクが上品にス~と広がり、その後、フ~としたふくらみをス~とした程よい酸とク~としたコクが上品にフェードアウトしていき、フッとキレ。余韻は、ほんのりした甘み。

初日よりも甘みとふくらみが出た。

お燗でいただく。

ジュッとした甘みとスッとした爽快な酸に、線は細いがグ~ンと伸びのある旨みと伸びのあるややドライなコクがキリ~とふくらみ、その後、ス~とした酸とキリ~としたコクでフェードアウトしていき、キッとしたコク辛さでキレ。

開けて日が経つと、お燗も美味い。

端整で弾力感のある旨みと端整且つドライなコクのあるスベリのよいお酒。

程よいボリューム感と酸にやわらかな甘みのバランスが良く、生もとでも万人に受けるお酒ですね。でも米由来なのか、奥深いコクと伸びのある旨みがあるので、分かる人にはニヤリとしてしまう味わい。

米的には、雄町よりも神力とかに近いのかな?そんな感じのコクとキレ感を感じました。

希少なお米を何でも有り難がる訳でもないですが、これと生もとの組み合わせは素晴らしいと思います。当然蔵のレベルの高さ&小仕込みというのも当然あるのでしょうが。

これだけ美味いお酒を、そこでしか買えないって、これこそ地酒。飲みたい奴は会津行って買ってこいやぁ!

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月22日 (土)

鶴乃江 会津印 

蔵へ行ったときに購入したお酒。

「鶴乃江 会津印」

鶴乃江酒造

Dscn2504

アルコール度数:15度以上16度未満

製造年月日:2010年3月

値段:1升1,680円(税込)

感想

Dscn2508

開栓初日(3/12)

常温でいただく。

上立ち香は、スッキリした甘みが微かに香る。口に含むと、やわらかい口当たりに溶け込むフワッとしたやわらかい甘みと旨みに程よい酸とフッとしたコクが広がり、その後、フ~とした軽い甘旨みを瑞々しい酸に軽いコクと薄らとした苦みでスッと引けていき、軽くクッとした辛さでキレ。余韻は、薄らとしたアルコールのジンジン感と薄らとクリームの様な風味。

やわらかな甘みと旨みがあって、お酒単独でもグイグイいける。

お燗でいただく。

フッと爽快な甘みにクッとしたスッキリした旨みとコクに軽いアルコール感と軽い苦みがふくらみ、その後、フ~とした甘旨みとキ~とした苦コクで引けていき、キッとした苦辛さでキレ。余韻は、アルコールのジンジン感。

お燗にすると、アルコール感と軽いクリームの様な旨みと風味を感じる。

温度は半可通好みの熱々よりも、40度以下くらいがいい感じ。

3/30

常温でいただく。

瑞々しい口当たりに溶け込むジュッとしたやわらかな甘みと酸に、ジ~と程よい旨みとスッとしたコクがフッと広がり、その後、フ~とした甘みを引きずりつつ、ス~とした酸とスキ~としたコクで引けていき、キッとした軽い苦みと辛さでキレ。余韻は、軽い辛さの爽快感。

初日とさほど変わらず。

お燗でいただく。

スッと爽快な酸とジュッとした甘みにスキ~とした旨みとコクが広がり、その後、ス~とした甘みをスキ~とした酸とコクにアルコールの爽快感で引けていき、キッとした辛さとコクでキレ。余韻は、軽くアルコールのジンジン感。

 

やわらかな甘みと食中向きの酸があるアル添感低めの普通酒。

やわらかな甘みはあってもしつこくなく、発酵系の調味料に合う甘み。普通酒なのにアル添感はあまりなく、特に冷や(常温)で飲むとより目立たず。個人的にも、冷やの方が好み。

常温放置していても崩れないし、お燗でも冷やでもいける理想的なデイリー酒ですね。

こういうお手頃なお酒が普通に美味く、しかも地元の味に合うっていうのが、ホントの地酒!って感じを受けます。これを自宅で家のオカズと飲んでも充分美味いですが、本当の実力を発揮するのは会津の味付け&料理でしょうね♪

会津もそうだし、上諏訪辺りでも感じましたが、酒造がかたまってあるところはデイリー酒(普通酒)のレベルが高い!地元民は安くて美味いのを求める訳でしょうし、それがどこかイマイチだったら簡単に浮気できる環境ですから、そんな危機感がデイリー酒のクオリティを高めていくのでしょうね。

そして、半可通の好みもデフレ傾向(苦笑) 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年4月29日 (木)

会津中将 生純米原酒にごり

光が丘の酒屋さんで購入したお酒。

このお酒は、この時の会で気にいったお酒ですね。

「会津中将 生純米原酒にごり」

鶴乃江酒造

Dscn2374Dscn2375

Dscn2377

使用米:五百万石

精米歩合:60%

アルコール度数:17度以上18度未満

製造年月日:2010年3月

値段:4合1,365円(税込)

感想

Dscn2379

開栓初日(3/6)

冷やしていただく。

上立ち香は、スゥ~と爽快なもろみ(オリ?)の香り。口に含むと、瑞々しい口当たりでスッとした酸にジュ~とした甘みとオリの旨みが、軽くピチピチとした爽快感と薄らとしたペリエ感と共にフワ~とふくらみ、その後、ス~とした酸にスキ~としたコクとペリエ感でフェードアウトしていき、スキッとした軽いペリエ感でキレ。

やっぱり、美味い♪

普通にスクリューキャップをクルクルと開けれるにごりでしたが、やはり軽いペリエ感はありますね。

オリもたっぷりですが、ドロドロしていないし、ピチピチ感がなくなってもシルキーな口当たりなのでグイグイ飲めそう。

上澄みだけ飲んでも美味いのですが、まだこの時期だと若々しく、にごり混ぜ混ぜくらいの方がしっくりくる♪

3/12

冷やしていただく。

瑞々しい口当たりに溶け込むスッとした甘みと爽快な酸に、程よいながらもグ~ンと伸びのある旨みとスキッとしたコクに薄らとしたペリエ感がふくらみ、その後、スッキリ、フワッとしたふくらみをフ~としたオリの旨み残しつつ、ス~とした酸にコクと軽い爽快感で引けていき、スッとした爽快感でキレ。余韻は、軽い爽快感に軽くオリの旨み&含み香。

初日よりもピチピチ感が収まり旨味を感じますが、でもまだ若い。

 

スッキリ爽やかな甘みと香りに、伸びのあるシルキーなオリの旨味と口当たりにあるお酒。

この爽やかな香りと甘みに伸びのあるシルキーで程よいオリの旨味は、とても好み♪

もうちょい寝かしたら、フレッシュ&旨味ジュワジュワ味が楽しめそうなので、来年はもうちょいしてから飲んでみます。

開けたら最後、ロリにはたまらん味わいで、つい味見のつもりのチビチビが、ついグイグイと飲んでしまう仕様で我慢できずに完飲。

オリガラ好きのドロドロ苦手な半可通的にはギリギリのにごり具合なので、ピチッてる位がもしかしたら飲みやすいのかもしれませんが。

 

後どうしても書きたいのは、このお酒を蔵の販売所限定販売もホントもったいないし、4合瓶だとやはり割高なので理解ある酒販店さんだけにでも、1升瓶で販売してほしいですね。大体栓が飛ぶとかいうトラブルも、酒販店さんがちゃんと説明すればいいだけだし。

例えばですよ。オリ量を減らせば、栓が飛ぶ危険もなくなるのかな?そうすれば、オリガラ好き半可通には嬉しい話だし、しかも割安でこのお酒が買えるじゃないの!

この提案は、WIN-WINでは?

※半可通が2つも得するという意味でのWIN-WINですが(笑)

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

2010 参加したイベント | 2010 蔵見学&蔵拝見 | 2010 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2011 参加したイベント | 2011 蔵見学&蔵拝見 | 2011 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2012 参加したイベント | 2012 蔵見学&蔵拝見 | 2012 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2013 参加したイベント | 2013 蔵見学&蔵拝見 | 2013 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2014 参加したイベント | 2014 蔵見学&蔵拝見 | 2014 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2015 参加したイベント | 2015 飲んだ日本酒(リキュール含む) | グルメ・クッキング | 三重県のお酒 | 京都府のお酒 | 佐賀県のお酒 | 兵庫県のお酒 | 和歌山県のお酒 | 埼玉県のお酒 | 外飲み | 大阪府のお酒 | 奈良県のお酒 | 宮城県のお酒 | 富山県のお酒 | 山口県のお酒 | 山形県のお酒 | 岐阜県のお酒 | 岡山県のお酒 | 岩手県のお酒 | 島根県のお酒 | 広島県のお酒 | 徳島県のお酒 | 愛媛県のお酒 | 愛知県のお酒 | 新潟県のお酒 | 日本酒 | 日本酒イベント情報 | 日記・コラム・つぶやき | 東京都のお酒 | 栃木県のお酒 | 滋賀県のお酒 | 石川県のお酒 | 神奈川県のお酒 | 福井県のお酒 | 福岡県のお酒 | 福島県のお酒 | 秋田県のお酒 | 群馬県のお酒 | 茨城県のお酒 | 読書 | 酒造組合 | 長野県のお酒 | 青森県のお酒 | 静岡県のお酒 | 香川県のお酒 | 高知県のお酒 | 鳥取県のお酒