栃木県のお酒

2014年11月22日 (土)

辻善兵衛 純米吟醸五百万石 活性にごり生酒

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

溜まりすぎているので感想だけをあげていく…。

「辻善兵衛 純米吟醸五百万石 活性にごり生酒」
 
辻善兵衛商店
 
Dsc_2481
 
Dsc_2482
 
Dsc_2488
 
Dsc_2486  
 
Dsc_2491  
使用米:五百万石

精米歩合:53%

アルコール度数:15度

製造年月日:2014年2月

値段:1升3,394円(税込)

感想

Dsc_2496

開栓初日(8/3)

冷やしていただく。

 

やわらかな甘みとサッパリした酸のジューシーさとオリの旨味をしっかり楽しめつつきれいさ優位で、サッパリ飲める辻善らしいにごり酒。

米粒が浮いていても辻善のにごりは全然引っかからずにスルリと飲めるのがホント不思議。

ジュ~ギュ~シュル~という活性にごり酒なのに流れの淀みなし!

このきれいさベースを保ったまましっかりガス感あるにごりは中々ない。

夏越しでもいけるし、寧ろこの時期が飲み頃では?という若さもあって秋に飲んでもいい位。

 

開けてから2週間以上引っ張ってみましたが、ピチ感なくなってもウマウマスルスル飲めるし、辻善というブランドイメージのまま活性にごりの良さがだけがプラスしている辺りは、さすが。

個人的には雄町にごりが至高の活性にごりで、それが飲めないのは残念ですがこの五百万石のまとまりも素晴らしい!

五百万石を使いこなしている感が半端ないです。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年11月19日 (水)

東力士 山廃純米無濾過生原酒 極一滴雫酒

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

溜まりすぎているので感想だけをあげていく…。

「東力士 山廃純米無濾過生原酒 極一滴雫酒」
 
島崎酒造
 
Dsc_2461
 
Dsc_2465
 
Dsc_2462
 
 
使用米:国産米

精米歩合:65%

使用酵母:栃木県酵母

アルコール度数:16度以上17度未満

製造年月日:2014年7月

値段:1升2,808円(税込)

感想

Dsc_2468

開栓初日(7/31)

冷やしていただく。

 

しっかりしつつサッパリした酸が効いているサッパリジューシー味と山廃らしい複雑味に、オリの旨味がしつこくなく楽しめるお酒。

山廃っぽい酸と複雑味あるのにきれいで旨みもしっかりあるのに上品なのは袋吊りだからかな?

甘みはあるのに酸があるからかサッパリしていて、暑くても飲みごたえありつつスッキリサッパリと飲めますね。

香りも果実のような甘い香りが軽やかに香るし、味も山廃!と構えるような感じではなく、お酒単独でグビグビ飲んでしまうような設計。

これは夏酒というジャンルでカテゴライズするのはもったいないですが、暑い日にでも美味しく飲めるという括りでは夏にも推奨!という感じ。

これは夏の定番になりそう。 

開けてしばらく経って微発泡感がなくなると旨みと山廃っぽい複雑味がでましたが、それでも暑い日に美味しく飲めます。

ロックもいける!

美味い!

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年7月 2日 (水)

若駒 雄町70無濾過生原酒 無加圧採り

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

「若駒 雄町70無濾過生原酒 無加圧採り」
 
若駒酒造
 
Dsc_2488
 
Dsc_2489
 
Dsc_2490
 
使用米:雄町

精米歩合:70%

使用酵母:Newデルタ T-S

アルコール度数:17度

醸造責任者:柏瀬幸裕

製造年月日:平成26年3月

値段:1升3,024円(税込)

感想

Dsc_2491

開栓初日(4/7)

冷やしていただく。

上立ち香は、スゥ~とサイダーのような甘い香りと薄らオリの香り。

口に含むと、スゥ~と心地よい爽快な口当たりでやわらかジュウ~としたジューシーな甘みとスゥ~と爽快な酸に、ギュウ~と当たりはやわらかいが弾力とボリュームのある旨みとクゥ~と微かな爽快感&穀物味のあるコクがふんわりふくらみ、その後、ジュウ~とやわらかジューシー甘酸とギュウ~と弾力のある旨みに軽い穀物味&微かな爽快感のあるふくらみをス~とスッキリした酸とクゥ~と微かなコク渋みで引けていき、クッとしたコク辛さでキレ。

余韻はフゥ~とやや旨み優位のシルキーな甘旨みに微かな酸と爽快感。

 

美味い。

 

4/21

冷やしていただく。

フゥ~とした口当たりでふんわりしたシルキーで程よい弾力のある旨みとジュウ~とした甘みにスゥ~と爽快な酸とクゥ~と軽快なコク辛さが広がり、その後、ジュウ~とシルキーな甘旨みとスゥ~と爽快な酸のふくらみをスゥ~と爽快な酸とクゥ~とした軽い穀物味のあるコク辛さで引けていき、クッとしたコク辛さでキレ。

余韻はフゥ~としたふんわりした軽い甘旨みにスゥ~とした軽い酸と軽いコク辛さの爽快感。

 

初日よりも硬さが取れ、ふんわりシルキーでウマウマ。

 

美味い!

 

 

シルキーでしっかりした旨味とジューシーな甘みに爽やかな酸と心地よいキレでまとめてくるお酒。

軽い爽快感とシルキーな旨味感でスルリと入る。

ジューシーな味わいと旨味しっかりなのにやわらかで、そこにシルキーな雄町らしいボリュームと穀物味を楽しめて以前よりも上品な印象。

この旨味しっかりなのにシルキー弾力感はこの精米歩合とは思えないし、かといってこの精米歩合らしい雄町感もちゃんとある。

 

以前の元気一杯という勢い優位から脱却し、一つ上のステージに入った感のあるこのふくらみからシュッという流れ&キレ。

インパクトは以前ほどないが、いつでも安心して飲める仕様になっている感じ。

これは火入れも期待できる。

 

こういうお米毎で楽しめるブランドは飲んで楽しいですね!

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年5月 1日 (木)

天鷹 純米吟醸 辛口純吟ひやおろし原酒生詰

吟醸酒協会のイベントのお土産にいただいたお酒。

決してあるのを忘れていたわけではないです…。

「天鷹 純米吟醸 辛口純吟ひやおろし原酒生詰」
 
天鷹酒造
 
Dsc_2310
 
Dsc_2311
 
Dsc_2315
 
使用米:五百万石

精米歩合:55%

アルコール度数:17度

製造年月日:平成25年9月

値段:4合?円(税込)

感想

Dsc_2316   

開栓初日(2/28)

常温でいただく。

上立ち香は、フゥ~と軽く練れた香りと程よい酸味を感じる香り。

口に含むと、フゥ~とした滑らかな口当たりでやわらかな甘みとスッ!と角の取れたスッキリした酸にツゥ~と程よい滑りの良さ&モノトーン感のある旨みとクゥ~としたコク辛さが広がり、その後、フゥ~とした甘みとツゥ~とした旨みにスゥ~とした酸と辛さのふくらみをスゥ~としたスッキリした酸とクゥ~とした多少硬質なコク辛さで引けていき、クッとした多少ドライな辛さでキレ。

余韻はフゥ~としたやわらかな甘旨みとスィ~とした軽い酸にヒリ~とした辛さ。

 

美味い。

 

3/10

常温でいただく。

フゥ~とした口当たりでジュッと軽く練れて密になった甘みとスッとシャープな酸に、ギュウ~と締まりつつ滑らかな旨みとヒリ~クゥ~としたコク辛さが広がり、その後、ジュ~とした軽く練れた甘酸とギュ~としたモノトーン感のある旨みのふくらみをス~とシャープな酸とヒリ~としたコク辛さでフェードアウトしていき、クッとしたコク辛さでキレ。

余韻はフゥ~とほんのり滑らかな甘旨みと軽い酸に軽い辛さの爽快感。

 

初日よりも艷やかな甘旨みがでた。

 

お燗でいただく。

やわらかジュウッとした甘みとスッ!とシャープな酸にツゥ~と滑らかで程よいボリューム&きれいな旨みとクゥ~と軽いドライな爽快感がふくらみ、その後、ジュ~とした甘酸とギュ~とした旨み&軽いドライ感のあるふくらみをスゥ~としたシャープな酸とクゥ~としたドライ感で引けていき、クカッとした軽いドライ&辛さでキレ。

 

 

艶やかな甘旨みとスカッとしたキレを楽しめる温度帯ユーティリティなお酒。

程よい角の取れ具合で、旨みの滑りみたいのとしっかりした酸の先端が多少丸くなっていて良い感じ♪

旨みの滑りが良いとはいえ、モノトーン感ある旨みにヒリッとした辛さとキレ感で完全に食中酒向きひやおろし仕様ですね。

ただ辛口でもやわらかな甘みはあるので、お酒だけでもいけるタイプ。

 

普段行く酒屋さんにはない銘柄なので飲む機会はないけど、蔵の設備&レベルの高さが良く分かるお酒です。

 

冷や(常温)でも美味いし、燗上がりもするお酒ですね。

でも一番ウマウマはお燗!(キッパリ)

個人的には裏ラベルを信じるよりもちょい熱めが艷やか増しで良い感じ。

蔵元を信じるか、それともジーニアス半可通を選ぶか、さぁどっち!?

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年4月 1日 (火)

若駒 純米無濾過生原酒 無加圧採り あさひの夢65

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

「若駒 純米無濾過生原酒 無加圧採り あさひの夢65」
 
若駒酒造
 
Dsc_2270
 
Dsc_2272
 
Dsc_2271
 

使用米:栃木県産あさひの夢

精米歩合:65%

使用酵母:Newデルタ

アルコール度数:17度以上18度未満

製造責任者:柏瀬幸裕

製造年月日:平成26年1月

値段:1升2,600円(税込)

感想

Dsc_2273

開栓初日(1/30)

冷やしていただく。

上立ち香は、スゥ~とクリームソーダっぽい甘い香り。

口に含むと、スゥ~と心地良い爽快な口当たりでジュッとした甘みとスッ!と爽快な酸にギュウッと線は細いがしっかりした旨みがキュッとした爽快な渋コクと共に広がり、その後、ジュウ~とした甘酸とギュ~とした旨みに軽い爽快感のあるふくらみをスゥ~と爽快な酸とクゥ~とした軽い渋コクで引けていき、クッとした辛さでキレ。

余韻はスゥ~とした軽い甘旨酸とスゥ~と軽い爽快感。

 

酸が優位なジューシー甘酸と線は細いがしっかりした旨みがあるが、心地良い渋みの爽快感と共に広がるので、味はしっかりありつつスッキリ飲める。

新酒らしいのにトゲトゲしていないので、フレッシュなのにまろやか。

これは変化が楽しみ。

 

2/5

冷やしていただく。

スゥ~とした口当たりでジュウッとした甘みとスッ!と爽快な酸にギュウ~と太さはそれほどないがしっかりした旨みと軽快なコク&微かな渋みが広がり、その後、ジュウ~とした爽快な酸が多少優位な甘酸とギュ~とした旨みに微かな渋みを伴ったふくらみをスゥ~とした酸とクゥ~としたコク&爽快な渋辛さでシュッと引けていき、そのままクッとした辛さでキレ。

余韻はシュ~と心地良い爽快感とほんのり甘旨酸。

 

初日よりもふんわりし、オリもシルキーになったがまだちょい若い。

美味い。

 

 

 

爽快な酸が引っ張っていく柑橘系の甘酸とシルキーなオリの旨味が爽快に楽しめるお酒。

ホントはもうちょい寝かしor引っ張りたかったのですが、これしか飲むのがなくて仕方なく飲み切りました…。

秘技天地返しフリフリ&エアリー注ぎでもヘコタレないしっかり具合。

開けて5日くらいまで栓開ける度ポンポンいうくらいの元気さなので、飲み頃ピークはもうちょい先ですね。

ちょいエアリーになった6日目で飲み切ってしまい、これから!というところで完飲。

 

この柑橘っぽい酸優位のジューシーさとしっかりしつつ硬質でシルキーな旨味感とシュッというキレと元気さで、若い子が好きなそうな食べ物と合いそうな味と香り。

味や香り的には、同じ栃木のアレのアレに共通するものがあるなぁと。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年12月 5日 (木)

若駒 雄町70無濾過原酒 ひやおろし

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

「若駒 雄町70無濾過原酒 ひやおろし」

若駒酒造

Dsc_1879

Dsc_1880

使用米:岡山県産雄町

精米歩合:70%

使用酵母:Newデルタ/T-S

アルコール度数:17度以上18度未満

製造年月日:平成25年9月

値段:1升2,730円(税込)

感想

Dsc_1881

開栓初日(10/3)

常温でいただく。

上立ち香は、スゥ~と微かにクリーミーな甘い香り。

口に含むと、フゥ~とした口当たりでジュウッと角の取れた甘みと当たりはやわらかいがグホワッとした旨みにスッとした酸とクッとしたコク&微かな渋みがフワッと広がり、その後、ジュウ~とした角の取れた甘酸とホワ~とした程よい弾力のある旨みのふくらみをスゥ~とした酸とクゥ~としたコク&微かな渋みで引けていき、クッとした軽い辛さと渋みでキレ。

余韻はフワ~と丸い甘旨みとフゥ~と軽い爽快感。

 

美味い。

 

 

10/19

常温でいただく。

フゥ~とした口当たりでジュウッと程よく練れた甘みとスッ!としっかりした酸にギュオッとあたりはやわらかいが程よい弾力とボリュームのある旨みとクゥ~としたコク&微かな穀物味が広がり、その後、ジュウ~と程よく練れた甘酸とフォ~とした旨みのふくらみをスゥ~とした酸とク~ヒリ~としたコク辛さで引けていき、クッとしたコク辛さでキレ。

余韻はフゥ~としたふんわりした甘旨みとスゥ~と軽い辛さと酸の爽快感。

 

初日よりも一体感が出て、よりふんわりスムースになった。

 

お燗でいただく。

フッとした甘みとスッ!とシャープな酸にギュホワ~とした旨みとクゥ~と爽快なコクがふくらみ、その後、ジュウ~とした甘酸とホワ~とした旨みにクカ~としたコクのふくらみをスゥ~とした酸とクゥ~とした爽快なコク辛さで引けていき、スッとした辛さでキレ。

余韻はフワ~とした甘旨みにス~とした軽い酸とコク辛さ。

 

 

 

程よく練れた甘み&シャープな酸に当たりはやわらかいが弾力のある旨みを楽しめる、温度帯ユーティリティなお酒。

しっかりした酸はあっても程よく練れていて角はなく、甘旨みも程よく練れていてボリュームあっても疲れずに飲める、いい味ノリ具合♪

この味ノリしたひやおろしはポチャッとした感じ(だらしなくではなく詰まった)で、低い温度で管理したひやおろしではない感じ。

低精米の雄町で酸あるタイプだとこのポチャはハマりますね。

 

お燗にすると甘旨みフワッと立ち、キレはシュッとシャープな酸とちょい穀物味&爽快感でキレていき、心地よい余韻とスッキリ感でよりメリハリが出る。

こういう温度帯ユーティリティなところと食中でもお酒単独でもいける感じは、半可通理想のひやおろしモデル。

 

「若駒」の生とはちょい違う印象なので生好きだとアレッ?という感じかもしれませんが、「若駒」雄町70の味ノリした火入れはこうなるよね~というライン上の味わい。

充分味ノリしていますが、もっとポチャポチャっとした雄町を楽しむならもっと寝かしてもいいかも…なんていう、今飲んでもいいし、もっと先でもいいかな?という楽しみもあるところもひやおろしらしさかなと。

 

ひやおろし否定派の方は多いですが、意外とひやおろしってその蔵のスタンス?タイプ?が分かって面白いかも。

ストックに余裕があると、通過点ひやおろしでもいいけど、余裕がないと嫌でもそれ飲まなきゃいけないときには開けたてからウマウマ飲めるのがいいから、その辺はその蔵のお酒を考慮して買うといいんだなと、ようやっと分かってきた(笑)

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年11月 9日 (土)

東力士 純米雄町 極一滴雫酒 おりがらみ

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

「東力士 純米雄町 極一滴雫酒 おりがらみ」

島崎酒造 

Dsc_1603_edited1

Dsc_1604_edited1

Dsc_1605_edited1

使用米:雄町

精米歩合:65%

アルコール度数:17度以上18度未満

製造年月日:平成25年5月

値段:1升2,835円(税込)

感想

Dsc_1606_edited1

開栓初日(7/23)

冷やしていただく。

上立ち香は、スィ~と爽快なクリームソーダのような香り。

口に含むと、スゥ~とした爽快な口当たりでジュッとした甘みとスッとした酸にギュウ~とした弾力とボリュームのある旨みがクカ~とした爽快感&渋コクと共にふくらみ、その後、ジュウ~とした甘酸とギュウ~とした旨み&爽快感のふくらみをスゥ~とした爽快な酸とクゥ~とした渋コクで引けていき、クッとした渋辛さでキレ。

余韻はフゥ~とした甘旨酸とスゥ~とした渋みの爽快感。

 

やや酸が主張するジューシー甘酸と雄町オリガラらしいボリュームが楽しめる。

ただまだ硬く、今後の変化が楽しみ。

 

 

 

と、今後の変化が楽しみなこれですが、後半のメモを書き忘れそのまま完飲(苦笑)

2週間くらいは引っ張った記憶がありますが、そのくらいじゃこの時のジュワジュワシュ~というウマウマフレッシュ感は再現出来ず…。

 

やはりこのオリガラは夏越しで開けるべきだなと。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年9月26日 (木)

辻善兵衛 純米きもと兵庫夢錦

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

「辻善兵衛 純米きもと兵庫夢錦」

辻善兵衛商店

Dsc_1545

Dsc_1547

使用米:兵庫夢錦

精米歩合:68%

使用酵母:熊本9号

日本酒度:+3

酸度:2.0

アルコール度数:16度

製造年月日:平成25年2月

値段:1升2,400円(税込)

感想

Dsc_1549

開栓初日(6/9)

常温でいただく。

上立ち香は、フゥ~とやわらかな甘みと生クリームのような香り。

口に含むと、スゥ~とした口当たりでフゥ~とした微かに詰まった甘みとスッ!とした酸にギュウ~とした旨みとクゥ~とした軽快なコク&軽い複雑味&軽い渋辛さが広がり、その後、ジュウ~としたやや酸が立つ甘酸とギュ~とした旨み&コクのふくらみをスゥ~とした爽快な酸とクゥ~としたコク辛さで引けていき、クッとした辛さでキレ。

余韻はフゥ~とした旨みと軽い甘みに軽いコク辛さの爽快感。

7/15

常温でいただく。

スゥ~とした口当たりでジュ~とした甘みとスゥ~と爽やかでしっかりした酸にギュウ~と締まった旨みとクゥ~としたコク&軽い複雑味が広がり、その後、ジュ~とした酸が主張する甘酸とギュ~とした旨み&複雑味のふくらみをス~としたしっかりした酸とクゥ~としたコク&複雑味で引けていき、クッとした辛さ&複雑味でキレ。

初日よりもふんわりだが、複雑味も立った。

お燗でいただく。

フゥ~とした軽やかな甘みとスッ!とシャープな酸にツクゥ~とした爽快な旨みとコクがスカッとふくらみ、その後、フゥ~スゥ~としたスッキリした甘みと旨酸のふくらみをスゥ~と爽快な酸とクゥ~とした爽快な複雑味で引けていき、スカッとした爽快感でキレ。

 

 

 

柑橘系のしっかりした酸と複雑味を伴うキレのある辻善兵衛らしい生もと酒。

生もとらしい酸はあるが、程よい太さの柑橘系寄りの酸だし、複雑味のあるコクはあるが、主張控えめで滑りの良さもあってスルッと飲んでしまう。

そしてバランスの良い甘みと旨みがあるので、満足度はしっかり。

バランスの良い味わいと心地よい複雑味&滑りの良さで、辻善兵衛の生もとだな!というそのまんまのお酒(笑)

冷や(常温)だとやわらかな甘みと柑橘系の酸に滑らかな旨みと複雑味がいい感じ。

お燗だとスカッとしたふくらみで軽快にふくらみ、スキッとしたシャープな味わい(温めでも変わらず)

お燗の熱めだとスカッキレ酒、温めでもふんわりスカッ酒なので、お酒だけなら冷や、食中ならお燗(特に脂系)かなと。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

グルメ食品・ギフトを通販でお取り寄せ!ぐるなび食市場

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月 6日 (月)

若駒 五百万石60 無濾過生原酒おりがらみ

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

オリガララーガ。

「若駒 五百万石60 無濾過生原酒おりがらみ」

若駒酒造

Dsc_1284

Dsc_1286

使用米:五百万石

精米歩合:60%

使用酵母:T-S

アルコール度数:17度以上18度未満

醸造責任者:柏瀬幸裕

製造年月日:24年10月

値段:1升2,835円(税込)

感想

Dsc_1287

開栓初日(2/27)

冷やしていただく。

上立ち香は、スゥ~と軽いソーダのような香りとオリの香り。

口に含むと、スフゥ~とした口当たりでジュッとした甘みとスッとした酸にフッギュ~としたモノトーン感ありつつ程よいボリュームのある旨みとクゥ~とした程よいコクが広がり、その後、ジュ~としたやや酸が主張する爽やかな甘酸とフォ~とした旨コクのふくらみをスゥ~とした爽快な酸とクゥ~としたコク&微かな爽快感でフッと引けていき、そのままクッとした辛さでキレ。

余韻は、フゥ~と軽い旨コクと軽い爽快感。

美味い。

サッパリした甘みと爽快な酸はありますが、何かほんの微かなトロミみたいなコーテイングされつつ甘酸が広がる感じ。

旨みも当たりはやわらかなのに弾力あるフォッとした旨味で、米の質が良いのかな?と感じさせる旨味感。

開けてすぐはギクシャクした感じだったのが、注ぐ度にオリを混ぜるために天地逆にしてから注いでいたからか、段々と纏まってきてウマウマ♪

飲んで鼻に抜ける香りはオリの野暮ったさがすこしあるが、それ以上に旨味の質とキレが良いのでさほど気にならず。

3/6

冷やしていただく。

スゥ~とした口当たりでジュウ~とした甘みとスゥ~とした爽やかな酸に、グギュ~とした当たりはやわらかだがモノトーン感ある程よいボリュームのある旨みとクゥ~と軽快なコク辛さが広がり、その後、ジュウ~とした爽やかな酸がやや主張する甘酸とギュ~とした旨みのふくらみをスッとした酸とクッとしたコク辛さで引けていき、クッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、微かな甘みとフゥ~と軽い旨みに軽い辛さの爽快感。

初日よりも、ふんわりで質感が上がった。

 

 

サッパリした酸が主張する爽やか甘酸と、モノトーン感&オリのシルキーで程よいボリュームのある旨みが楽しめるお酒。

キレ良いが心地よくキレていく感じで後口サッパリ。

酸が引っ張っていきますが、程よい甘みとシルキーな旨味があるので酸の主張は強すぎない(半可通的基準値で)

今期2本目ですが、バランスの取れた米味と透明感ある酸は変わらずにスペックの差が楽しめる仕上がり。

こういうラベルと味に軸がしっかりあるとこ大好き♪

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年4月 4日 (木)

若駒 五百万石 純米無濾過生原酒 無加圧採り

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

「若駒 五百万石 純米無濾過生原酒 無加圧採り」

若駒酒造

Dsc_1003

Dsc_1004

使用米:五百万石

精米歩合:80%

使用酵母:New-デルタ T-S

醸造責任者:柏瀬幸裕

アルコール度数:17度以上18度未満

製造年月日:24年12月

値段:1升2,520円(税込)

感想

Dsc_1006

開栓初日(12/28)

冷やしていただく。

上立ち香は、スゥ~爽快な甘い香り。

口に含むと、スゥ~と爽快な口当たりでジュウ~と爽快でジューシーな甘みとスッと爽やかな酸に、グギュ~とボリュームありつつきれいな旨みとクゥ~と軽快なコクが広がり、その後、ジュウ~としたジューシー爽快甘酸とギュ~とした旨みのふくらみをスィ~とした酸とクゥ~とした軽く穀物味ありつつ上品なコク&微かな渋みで引けていき、クッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、微かな甘みとフゥ~とした旨みに軽い爽快感。

美味い。

1//22

冷やしていただく。

スゥ~とした口当たりでスッ!と柑橘系のしっかりした酸とジュッとした甘みに、ツギュ~としたボリュームありつつきれいな旨みとクゥ~とした微かな穀物味のあるコクがフォッと広がり、その後、ジュウ~と柑橘系の甘酸とギュ~とした旨みのふくらみをスゥ~とした柑橘系の酸とクゥ~としたコク辛さでスッと引けていき、そのままクッとした辛さでキレ。

余韻は、フゥ~とした甘旨みとスゥ~とした軽い酸に軽い辛さの爽快感。

初日よりも多少甘みがでて旨みふんわりで、ボリュームありつつ上品さが増した。

美味い。

 

 

柑橘系のしっかりした酸が主張する爽やか甘酸とボリュームありつつきれいな旨味が楽しめるお酒。

スッキリジューシー甘酸と低精米らしいボリュームと穀物味ありつつきれいな旨味感。

そしてキレもシュッという、しっかり目なのに心地よいキレは半可通好み。

開けて2週間くらいは硬めですが、3週間くらいからフレッシュ感ありつつ爽やかな甘酸とオリを含めた旨味ふんわりでウマウマ!

「若駒」無加圧系はすぐに飲みきらずゆっくり飲んで変化を楽しむべきですね。

 

ピチ感と硬質さのないまろやかな「風の森」って感じで、個人的にはカゼモリよりもミネラル感がないのでこの時期飲むなら断然こっち。

 

低精米らしいボリュームなのにきれいで、「若駒」は低精米酒のレベルが高いわ。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2010 参加したイベント | 2010 蔵見学&蔵拝見 | 2010 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2011 参加したイベント | 2011 蔵見学&蔵拝見 | 2011 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2012 参加したイベント | 2012 蔵見学&蔵拝見 | 2012 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2013 参加したイベント | 2013 蔵見学&蔵拝見 | 2013 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2014 参加したイベント | 2014 蔵見学&蔵拝見 | 2014 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2015 参加したイベント | 2015 飲んだ日本酒(リキュール含む) | グルメ・クッキング | 三重県のお酒 | 京都府のお酒 | 佐賀県のお酒 | 兵庫県のお酒 | 和歌山県のお酒 | 埼玉県のお酒 | 外飲み | 大阪府のお酒 | 奈良県のお酒 | 宮城県のお酒 | 富山県のお酒 | 山口県のお酒 | 山形県のお酒 | 岐阜県のお酒 | 岡山県のお酒 | 岩手県のお酒 | 島根県のお酒 | 広島県のお酒 | 徳島県のお酒 | 愛媛県のお酒 | 愛知県のお酒 | 新潟県のお酒 | 日本酒 | 日本酒イベント情報 | 日記・コラム・つぶやき | 東京都のお酒 | 栃木県のお酒 | 滋賀県のお酒 | 石川県のお酒 | 神奈川県のお酒 | 福井県のお酒 | 福岡県のお酒 | 福島県のお酒 | 秋田県のお酒 | 群馬県のお酒 | 茨城県のお酒 | 読書 | 酒造組合 | 長野県のお酒 | 青森県のお酒 | 静岡県のお酒 | 香川県のお酒 | 高知県のお酒 | 鳥取県のお酒