広島県のお酒

2015年2月11日 (水)

瑞冠 純米にごり生酒

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

溜まりすぎているので感想だけをあげていく…。

「瑞冠 純米にごり生酒」
 
山岡酒造
 
Dsc_3702
 
Dsc_3706
 
Dsc_3707
 
使用米:広島県産中生新千本

精米歩合:70%

使用酵母:1401

日本酒度:-10

酸度:2.1

アルコール度数:15度以上16度未満

2013年醸造

杜氏:畑中裕次

製造年月日:2014年11月

値段:1升2,160円(税込)

感想

Dsc_3709

開栓初日(11/30)

冷やしていただく。

 

爽快な酸が引っ張っていく、滑らかなオリの旨味が楽しめる後口スッキリのにごり酒。

爽快な酸が引っ張っていくタイプで、オリはしっかりだが心地よい活性感でスッキリ飲めます。

そして爽快な酸&キレも良いからか、ピチ感なくなってもスッキリ飲める。

そんな感じで、何か食べ物がないとダメなタイプのにごりですね。

 

というか、以前は「瑞冠」にごりって甘みがあった気がしますが、これは完全に食中にごり。

最近の「瑞冠」はにごりまで酸が引っ張っていく系なんだなと。

まぁできたての頃のにごりを飲まないと、その辺がどうなのかは分かりませんね…。

決めつけはよくない(苦笑)

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月17日 (土)

旭鳳 純米原酒 秋のいざない

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

溜まりすぎているので、感想だけをあげていく…。

「旭鳳 純米原酒 秋のいざない」
 
旭鳳酒造
 
Dsc_3525
 
Dsc_3527
 
使用米:広島県産こいもみじ

精米歩合:70%

日本酒度:+5

酸度:1.6

アミノ酸度:1.6

アルコール度数:17.4度

製造年月日:2014年9月

値段:1升2,100円(税込)

感想

Dsc_3530

開栓初日(10/30)

冷やしていただく。

 

しっとりジューシーな甘酸とギュ~としっかりしつつ出すぎない旨みを苦みでキレていくお酒。

しっとり華やか系の甘みと香りですが、軽快でそれ以上にしっかりした旨みに酸とキレがあるので、どちらかというと辛口っぽい味わい。

旨みはしっかりでもギュッと締まったタイプでボリュームは程々。

苦みはあっても低精米のお米由来という感じで、それがキレに繋がっている感じ。

このキレ&後口は食中酒寄りひやおろしという印象。

 

これはコスパいいね。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月15日 (木)

瑞冠 新鮮組 純米吟醸袋搾りしずく生酒 ゆめせんぼん

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

溜まりすぎているので、感想だけをあげていく…。

「瑞冠 新鮮組 純米吟醸袋搾りしずく生酒 ゆめせんぼん」
 
山岡酒造
 
Dsc_3494
 
Dsc_3496
 
Dsc_3497
 
使用米:ゆめせんぼん

精米歩合:60%

使用酵母:蔵付き2号

日本酒度:+5

酸度:1.7

アミノ酸度:0.8

アルコール度数:16.5度

製造年月日:2014年9月

値段:1升2,700円(税込)

感想

Dsc_3498

開栓初日(10/24)

冷やしていただく。

 

シルキーな旨みと滑らかな甘みに爽快な酸とシュッというキレのある、上品な香りと味わいでスイスイ飲んでしまうお酒。

甘みあるのにサッパリスッキリな甘酸とシャープな質だがシルキーな旨みがふんわり味わえる。

キレはスッキリしつつスパッ!と切り過ぎない心地よいキレ感と後口で、辛口と言えば辛口なのかな?

香り、味共にしずく!という上品さで、これはお値段以上。

 

広島吟醸でもなく、硬派過ぎてもいないし、程よい甘い香りとジューシーな甘みもあって良い感じ。

この時期の生でも熟感はなく、飲み頃!という程の熟感でもないので安心してダラダラ飲めました。

 

美味い。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月16日 (日)

天寶一 スパークリング シュワシュワ

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

溜まりすぎているので感想だけをあげていく…。

「天寶一 スパークリング シュワシュワ」
 
天寶一
 
Dsc_2376
 
Dsc_2377
 
使用米:広島県産米

精米歩合:60%

アルコール度数:12度

製造年月日:2014年7月

値段:1升2,700円(税込)

感想

Dsc_2384

開栓初日(7/21)

冷やしていただく。

 

軽やかジューシーな甘酸と程よい厚みありつつふんわり軽やかでスルッと心地よくキレていく後口サッパリなお酒。

独特の酸とコクがあり、どこかカルピスを連想させるような甘酸と香りがあります。

でもカルピスのようにしつこくなくサッパリだし、後口もホントサッパリ。

オリはちょうどよい旨味感でサラリとしつつ厚みはしっかりあるので、この度数でも旨味はしっかり楽しめる。

発泡感はそれほどなく、微かにシュ~。

 

夏酒という括りではなく、レギュラーにしたら日本酒飲まない層を取り込めるのでは?という味わいでした。

美味い。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月30日 (木)

旭鳳 袋吊り純米酒 ええとこどり

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

「旭鳳 袋吊り純米酒 ええとこどり」
 
旭鳳酒造
 
Dsc_2317
 
Dsc_2320
 
使用米:広島県産八反錦

精米歩合:65%

日本酒度:+5

酸度:1.5

アミノ酸度:1.6

アルコール度数:16.8度

製造年月日:2014年7月

値段:1升2,500円(税込)

感想

Dsc_2322

開栓初日(7/10)

冷やしていただく。

上立ち香は、スゥ~とやや華やかな甘い香りと薄ら酸を感じる香り。

口に含むと、やわらか~い口当たりでちょいしっとりジュッとした甘みとスッと爽快な酸にギュ~と程よいボリュームありつつふわりとした旨みとクゥ~とした軽い苦コクが広がり、その後、ちょいしっとりジュ~とした甘酸とギュ~とした旨みのふくらみをス~と爽快な酸とクゥ~とした軽いコク苦みで引けていき、クッとしたコク苦辛さでキレ。

余韻はフゥ~とふわりとした軽い甘旨みとスゥ~とした苦みの爽快感。

 

7/17

冷やしていただく。

フゥ~とやわらか~い口当たりで瑞々しいジュ~とした甘みとス~と爽やかな酸にギュ~とスマート且つ程よい旨みとクゥ~と軽快なコク苦みがふくらみ、その後、ジュ~と瑞々しい甘酸とギュ~としたきれいな旨みにクゥ~とした軽いコク苦みのふくらみをス~とした酸とク~とした軽いコク苦みで引けていき、クッとした軽いコク苦辛さでキレ。

余韻はフワ~とした軽い甘旨みと微かな酸にス~とした苦みの爽快感。

 

初日よりも軽やかふんわりで、より上品さとカプ苦がちょい出た。

 

 

瑞々しいしっとりとした甘酸と程よい旨みがふんわりきれいに楽しめるお酒。

この精米歩合で!?というきれいさとふくらみ。

ボリュームも程々にあってええとこどりという感じのふわり感と香りを楽しめるし、酸も程よくあるので単独でも食中でもいける。

火入れみたいですが、この生っぽさを残しつつの火入れ具合はしっとり吟醸系にピッタリだし、コスパ良し!

キレはしっとり系の苦みですが、しつこくないし、主張も控えめで良い感じ。

今風吟醸寄りでも火入れで落ち着いているので、オカズ食べながら飲む半可通でもウマウマ飲める華やか具合。

 

くどき上手の新酒とか好きな人は好きだろうなぁという系統で、そういうのが好きな人はこればかりリピしてしまいそうな勢いの味わいとお値段ですね。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月 5日 (日)

誠鏡 番外品 純米七拾 21BY

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

飲んだ時期が古すぎて、これをいつ飲んだか記憶が曖昧(笑)

「誠鏡 番外品 純米七拾 21BY」
 
中尾醸造
 
Dsc_2528
 
Dsc_2529
 
使用米:地元米

精米歩合:70%

使用酵母:K-7系

日本酒度:±0

酸度:1.5

アルコール度数:16度

製造年月日:2014年4月

値段:1升2,106円(税込)

感想

Dsc_2530

開栓初日(5/30)

常温でいただく。

上立ち香は、スゥ~と微かに練れた爽快な香り。

口に含むと、やわらか~い口当たりでやわらかフッとした甘みとスッとスッキリした酸にツルリとしつつ角の取れたギュウ~としたしっかりした旨みとクゥ~と軽いコク苦みが広がり、その後、ジュウ~と角の取れたやわらかな甘旨酸のふくらみをフ~とした酸とクゥ~としたコク苦辛さで引けていき、クッとしたコク苦辛さでキレ。

余韻はフゥ~とした角の取れた甘旨みとス~と微かに苦辛さの爽快感。

 

美味い。

 

6/27

常温でいただく。

フゥ~とした口当たりでジュッと練れた甘みとスッと程よい酸にギュウ~と線は細いがギュッと程よく練れ&ボリュームのある旨みとクゥ~と軽いコク辛さが広がり、その後、ジュウ~と角の取れた甘酸とギュウ~と角の取れた多少艶やかな旨みのふくらみをスィ~とした酸とクゥ~と軽いコク苦辛さで引けていき、クッとしたコク苦辛さでキレ。

余韻はフゥ~と軽く艶やかな甘旨みとスゥ~と軽いコク苦辛さの爽快感。

初日よりも艶やかさにヒリリとしたキレと複雑味がちょい出た。

 

 

良い感じに角の取れた甘旨みと複雑味のあるコクがまろやかに楽しめるお酒。

甘みも凝縮感はそれほどなく、古酒というよりは普通に味ノリした日本酒感だし、旨みもしっかりありつつ丸くてスルリと飲めるし、酸もスッキリ系なのにまろやかで疲れない仕様。

21BYとは思えない程よい練れ具合で香り味共に熟成のクセはなく、良い感じの味ノリ&香り。

このBYと色付きなのに、古酒っぽい味も上立ち香はなし。

含み香はちょいエイジングはあるが、古酒苦手な半可通でもいける程度で良い練れ具合の低精米のお酒。

低精米古酒でもここまでまろやかで、クセなく、余韻もしつこくないのは素晴らしい。

しかも安いし。

 

冷や(常温)でも美味いですが、お燗にすると全てがまろやかスルリでさらにウマウマ♪

というか、これはお燗だよね(笑)

 

こういうスポットの誠鏡は、ホントハズレ無し!

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年9月 7日 (金)

旭鳳 純にして醇 純米酒八反錦

春日町の酒屋さんで購入したお酒。

「旭鳳 純にして醇 純米酒八反錦」

旭鳳酒造

Dscn6179

Dscn6180

使用米:広島県産八反錦

精米歩合:65%

日本酒度:+5

酸度:1.8

アミノ酸度:1.6

アルコール度数:16.8度

杜氏の気合:122%

杜氏:土居亨

製造年月日:24年5月

値段:1升2,250円(税込)

感想

Dscn6181

開栓初日(5/31)

冷やしていただく。

上立ち香は、スゥ~とメロンとかそういう糖度がありそうな果物の甘い香り。

口に含むと、やわらか~い口当りに溶け込むフッとやわらかで透明感ある甘みとスッ!とシャープな酸に、細身ながらもグ~とした旨みとクッとしたコク辛さが広がり、その後、ジュウ~とした透明感ある甘みと酸にグゥ~とした細身な旨みをスッとした酸とクッとしたコク辛さでシュッと引けていき、クッとしたシャープな辛さでキレ。

余韻は、フゥ~と軽快な甘旨みとスゥ~と辛さの爽快感。

美味い。

6/9

冷やしていただく。

やわらか~い口当りに溶け込むフッと透明感あるしっとりとした甘みとスッ!としたシャープな酸に、ギュ~と上品な旨みとク~と軽快なコクがふくらみ、その後、ジュ~とした透明感ある甘酸とグゥ~とした旨みをフッとした酸とクッとしたコク辛さで引けていき、クッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、フワリとした上品な甘旨みと軽い辛さ。

初日と大きくは変わらず。

 

透明感ある甘酸に上品な旨味感とスキッとしたキレのあるお酒。

低精米らしい穀物感はあるのに上品で、透明感ある甘酸とスキッとしたキレでスルスル飲める。

65%精米とは思えない上品な旨味と透明感ある甘みでスルッと入っていき、キレもよく、シュッという上品なふくらみに合ったシャープなキレ感がいい感じ。

味的には土居杜氏の造ったお酒という味ですが、感覚的には以前のお酒よりも多少酸があって以前のよりも好み。

まぁ以前のお酒をそれほど飲んではいないので、勘違いかもしれませんが・・・。

 

元々薄ら甘い香りと透明感ある薄ら甘さに上品な旨味感とスキッとした辛さでキレという広島吟醸(広島の蔵が造る吟醸酒のことではなく、そういうタイプのこと)が中途半端な印象で好きではないのですが、これはいけますね。

値段がお手頃なのも嬉しいところ。

 

こういうタイプは夏に良さげですね。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年4月19日 (木)

寳劔(宝剣) 純米酒 生 魂心の一滴

亀戸の酒屋さんで購入したお酒。

「寳劔(宝剣) 純米酒 生 魂心の一滴」

宝剣酒造

Dscn5541

使用米:広島県産八反錦

精米歩合:60%

アルコール度数:16度~16.9度

製造年月:12年1月

値段:1升2,415円(税抜き)

感想

Dscn5543

開栓初日(1/26)

冷やしていただく。

上立ち香は、スゥ~と上品なサイダーのようなスッキリ甘い香り。

口に含むと、やわらか~い口当たりに溶け込むフッとやわらかで透明感ある甘みとスッと心地良い透明感ある酸に、ジュグ~とシャープながらも地味にグッとくる旨みがクッとした上品なコクと心地良い渋みと共にふくらみ、その後、軽やかなジュ~とした甘酸と軽やかだがグ~とした飲みごたえのある締まった米の旨みのふくらみをフッとした酸と心地良い渋みで引けていき、フッとした辛さでキレ。

余韻は、フワ~と軽快な甘旨酸と心地良い渋みの爽快感。

美味い!

2/8

冷やしていただく。

やわらか~い口当たりでフッとやわらかで透明感ある甘みとスッと透明感ある酸に、グギュ~とシャープながらも地味にグッとくる旨みとク~としたコク辛さが広がり、その後、ジュ~とした透明感ある甘酸とギュ~とした旨みのふくらみをスッとした酸とクッとしたコク辛さで引けていき、クッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、フ~としたコクと軽い辛さの爽快感。

初日よりも、渋みがなくなりコクと辛さがでた。

 

透明感ある甘酸とシャープながらもしっかりとした旨味をふんわり飲ませてシュッときるお酒。

爽やかな香りと透明感ある軽やか甘酸が新酒らしいピチッと感にマッチし、そこへ地味なのにしっかり、でも軽やかという旨味の効かせ具合が素晴らしい。

甘み控えめの和な柑橘系っぽい味わいなので、食中でもお酒単独でもいけますね。

キレは強すぎず、でもちゃんとキレるという思わずニンマリしてしまうキレ感。

口に入れてから飲み込み、その後の余韻までの流れと、やわらかな口当たりで透明感ある甘酸とギュッと締まった米の旨味感があって、ホント半可通好みだし、コスパ良すぎ♪

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年11月19日 (土)

天寶一 特別純米八反錦 21BY?

光が丘にあった酒屋さんで購入したお酒。

「天寶一 特別純米八反錦」

天寶一

Dscn5053

Dscn5055

使用米:八反錦

精米歩合:55%

アルコール度数:15度

製造年月:22年7月

値段:4合1,260円(税込)

感想

Dscn5056

開栓初日(9/27)

冷やしていただく。

上立ち香は、スゥ~と食欲を誘う軽い酸と旨みを感じるような香り。

口に含むと、やわらか~い口当たりでフッと透明感ある甘みとスッ!とシャープな酸に、やわらかな水に溶け込んでいるスワ~ンとした旨みと上品なコクがふくらみ、その後、スワ~ンとした甘旨酸をスッとした酸とフッとしたコク辛さで引けていき、スッとした辛さでキレ。

余韻は、フワ~ンと心地よいスッキリした甘旨酸と辛さの爽快感。

美味い。

10/8

冷やしていただく。

やわらか~い口当たりでフッ&ジュ~とした瑞々しい甘みとスッ!とシャープな酸に、ギュ~と細身で締まった旨みとク~と軽快なコクが広がり、その後、ジュ~と瑞々しい甘酸とギュ~と締まった旨みのふくらみをスッとスッキリした酸とク~と軽快なコク辛さで引けていき、クッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、ほんのりふわりとした甘旨みと心地よい辛さの爽快感。

初日よりも、甘みふんわりし、やわらかな味わいになった。

 

透明感がありつつ、シャープな酸と締まった米の旨味のある心地よいキレのあるお酒。

食を最大限に生かす名脇役と言いつつも、肴なしでも飲めるお酒ですね。

食中酒というお題目の酸っぱいだけのお酒でも、甘みナッシングなお酒でもなく、肴なしでも充分美味しくいただける。

だけれども、肴と飲むとさらに美味い♪

米の旨味はあるのに主張しすぎないし、シャープな酸があるので、様々な肴(オカズ)に合わせやすく、キレは良いですが、水がやわらかなので辛口辛口していないのも良い感じ。

きっと出荷直後はもっとシャープな味わいだったと思いますが、このくらい日が経つといい感じの味ノリで、シャープさも残しつつ、角が取れてまろやかになりスルスル飲んでしまいました。

温度帯的には、常温も良いのですが、お燗でふっくらか、冷酒でもキュッシュルシュルっていう、お燗or冷酒が半可通好みでしたね。

特にやや冷えくらいが透明感ある味わいと締まった米の旨味にキレが楽しめて、個人的には冷酒向き食中酒って感じ。

ホント、八反錦の良さを上手に引き出しているなぁというお酒でした。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年11月10日 (木)

誠鏡 番外品 純米雄町生原酒

光が丘にあった酒屋さんで購入したお酒。

「誠鏡 番外品 純米雄町生原酒」

中尾醸造

Dscn4848

Dscn4850

使用米:雄町

精米歩合:65%

日本酒度:+5

酸度:1.6

アルコール度数:16度

製造年月:23年5月

値段:4合1,430円(税込)

感想

Dscn4851

開栓初日(8/31)

冷やしていただく。

上立ち香は、スゥ~ンとスッキリした甘みと酸を感じる香り。

口に含むと、やわらかい口当たりでフッとやわらかな甘みとスッとスッキリとした酸に、グ~と程よいボリュームのある旨みとクッとしたコク辛さが広がり、その後、ジュ~とした甘酸とグ~と程よいボリュームある旨みのふくらみをス~とした酸とク~と軽快なコク辛さで引けていき、スッとした辛さと微かな渋みでキレ。

余韻は、フワ~とした軽い甘旨みと心地よい辛さの爽快感。

美味い。

9/19

冷やしていただく。

やわらかい口当たりに溶け込むジューシーな梨のような甘みと酸に、グッとした程よいボリュームのある旨みとクッとした多少穀物感のあるコクが広がり、その後、ジュ~とした甘酸とグ~とした旨コクのふくらみをフ~ス~とした酸とクィ~としたコクで引けていき、キッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、フワ~とした甘旨みと心地よいコクの爽快感。

初日よりも、ジューシーな甘旨みが出た。

美味い。

 

瑞々しいジューシーな味わいと、雄町らしい穀物感があるのにきれいさが同居したお酒。

心地よいバナナよりの上立ち&含み香に、それっぽい酸が杯をすすめる。

程よいボリュームのある米の旨味感をスッキリした酸とキレでスッときるので、これまた杯をすすめる。

原酒でも度数が高くないからか、スルッと飲めるので、これまた杯をすすめる。

でも満足感はしっかり、余韻も素敵。

そして開栓後、日が経つと梨のようなジューシーさと瑞々しさがでて、ウマウマ♪

ジューシーさは増しても、キッチリした米の旨味感は変わらずで、ダレることなく味のボリュームだけが増した感じ。

雄町65%らしい旨味感と磨き以上のきれいさがあるお酒ですね。

ただ一つあるとすれば、生詰あたりの味ノリしたこれを飲んでみたいなと。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2010 参加したイベント | 2010 蔵見学&蔵拝見 | 2010 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2011 参加したイベント | 2011 蔵見学&蔵拝見 | 2011 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2012 参加したイベント | 2012 蔵見学&蔵拝見 | 2012 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2013 参加したイベント | 2013 蔵見学&蔵拝見 | 2013 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2014 参加したイベント | 2014 蔵見学&蔵拝見 | 2014 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2015 参加したイベント | 2015 飲んだ日本酒(リキュール含む) | グルメ・クッキング | 三重県のお酒 | 京都府のお酒 | 佐賀県のお酒 | 兵庫県のお酒 | 和歌山県のお酒 | 埼玉県のお酒 | 外飲み | 大阪府のお酒 | 奈良県のお酒 | 宮城県のお酒 | 富山県のお酒 | 山口県のお酒 | 山形県のお酒 | 岐阜県のお酒 | 岡山県のお酒 | 岩手県のお酒 | 島根県のお酒 | 広島県のお酒 | 徳島県のお酒 | 愛媛県のお酒 | 愛知県のお酒 | 新潟県のお酒 | 日本酒 | 日本酒イベント情報 | 日記・コラム・つぶやき | 東京都のお酒 | 栃木県のお酒 | 滋賀県のお酒 | 石川県のお酒 | 神奈川県のお酒 | 福井県のお酒 | 福岡県のお酒 | 福島県のお酒 | 秋田県のお酒 | 群馬県のお酒 | 茨城県のお酒 | 読書 | 酒造組合 | 長野県のお酒 | 青森県のお酒 | 静岡県のお酒 | 香川県のお酒 | 高知県のお酒 | 鳥取県のお酒