三重県のお酒

2015年4月 9日 (木)

瀧自慢 純米吟醸 備前雄町

鷺ノ宮にある酒屋さんで購入したお酒。

溜まりすぎているので感想だけをあげていく…。

「瀧自慢 純米吟醸 備前雄町」
 
瀧自慢酒造
 
Dsc_3920
 
Dsc_3921
 
使用米:備前雄町

精米歩合:50%

使用酵母:蔵内自家培養酵母

日本酒度:+3

酸度:1.4

アルコール度数:16度

製造年月日:2014年10月

値段:1升3,000円(税抜)

感想

Dsc_3925

開栓初日(1/19)

常温でいただく。

 

ちょいしっとりした甘みと香りにふんわりした弾力ある旨みを上品且つ滑らかに楽しめるお酒。

ややしっとり系の甘みと香りだが、派手さはあまりなくそっち系の苦みもあまりない。

旨みは程よくふんわりした弾力とふくらみがあって、雄町のボリュームよりも50%精米のきれいさが立つ。

きれいさあって全体的に上品さが立つといっても、さすが雄町という旨味感はしっかり楽しめます。

 

酸控えめの華やか寄りの吟醸酒ですが、お酒単独でも勿論良いし、オカズ食べながらでもいける感じ。

まぁ本来は単独なんでしょうけど…。

 

ちょい華やかできれいさありつつ飲みごたえもあって、これで三千円はお買い得だし、この滑らかさは火入れ&ちょい寝かしのおかげかなと。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月18日 (火)

寒紅梅 純米吟醸 遅咲き瓶火入

東京駅構内にある酒屋さんで購入したお酒。

溜まりすぎているので感想だけをあげていく…。

「寒紅梅 純米吟醸 遅咲き瓶火入」
 
寒紅梅酒造
 
Dsc_2433
 
Dsc_2435
 
使用米:山田錦

精米歩合:55%

アルコール度数:15度

製造年月日:2014年6月

値段:4合1,512円(税込)

感想

Dsc_2445

開栓初日(7/26)

冷やしていただく。

 

ベリー系を連想させる香りと甘酸っぱさに程よい厚みがありつつ締まった旨味とキレのあるお酒。

爽やかな甘酸っぱさと端正な旨みがふんわり。

旨みは厚みありながらきれい目で、キレ&余韻はちょい辛口テイスト。

まだ若さもあって飲み頃はもうちょい先な印象ですが、この若い感じも悪くない。

開けて10日くらい経つと旨みはでますが、苦辛さもでた感じ。

 

ちょい冷えくらいだと味わいを楽しめるつつユルユル飲める。

爽やかな酸があるので食中系冷酒だと思いますが、和食よりもイタリアンとかコジャレた系に合いそうなタイプかなと。

純米生とは違うテイストですが、火入れ感もなくて良いお酒を造っていますね。

 

美味い。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年2月 9日 (日)

寒紅梅 純米酒 五百万石 早咲き生

東京駅エキナカで購入したお酒。

「寒紅梅 純米酒 五百万石 早咲き生」
 
寒紅梅酒造
 
Dsc_2205

使用米:五百万石

精米歩合:60%

アルコール度数:16度

製造年月:2013年12月

値段:4合1,208円(税込)

感想

Dsc_2208

開栓初日(12/13)

冷やしていただく。

上立ち香はスゥ~と爽やかな柑橘系の甘酸の香り。

口に含むと、フゥ~とやわらかい口当たりに溶け込むやわらかで爽やかな甘みとスッ!と透明感のあるスッキリした酸に、フゥ~と程よい旨みとクゥ~と軽いコク&微かな渋みが広がり、その後、ジュ~とした爽やかジューシーな甘酸とギュ~と程よい旨みのふくらみをスゥ~としたスッキリした酸とクゥ~と軽快なコク&微かな渋みで引けていき、クッとした軽いコク辛さでキレ。

余韻はフゥ~と軽いやわらか丸い甘旨みと微かな渋みの爽快感。

 

 

12/20

冷やしていただく。

フゥ~としたやわらかな口当たりでやわらかで爽やかな甘みとスッ!と透明感ある酸にフゥ~とした程よい旨みとクゥ~と軽快なコクが広がり、その後、ジュウ~やわらかで爽やかな甘酸とギュ~とした程よい旨みのふくらみをスゥ~と爽やかな酸とクゥ~と軽快なコク辛さで引けていき、クッとした軽いコク辛さでキレ。

余韻はフワ~とふんわりした甘旨みと微かな酸に軽いコク。

 

初日よりも硬さがなくなり、やわらかな甘みとふんわりさが出た。

 

美味い。

 

 

 

 

やわらかな甘旨みと透明感のある酸に心地よいキレのあるお酒。

甘みのある爽やかな柑橘系の甘酸なのにやわらかだし、やわらかな旨みがいい感じ。

キレはシュッと心地良い。

新酒の生でも疲れずに飲めるし、物足りなさはないし、上立ち香は柑橘系の香りですが、含み香はやわらかな甘い香りもあって、お酒だけでもいける食中酒っぽいけど、お酒単独でもウマウマ飲めて半可通好み♪

 

開けて5日目くらいでふんわりさが出て、よりウマウマ♪

これは一升瓶で飲みたかった…(エキナカには4合瓶しかなかった)

 

精米歩合らしい旨味感ありつつ、全体的に高級感ある味わいを楽しめますね。

 

ただなんだろう…、この何か思い出すというか、デジャブ感というか…。

似てはいないんだけど、何年も前に気に入っていたアレを思い出させる。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年7月 6日 (土)

酒屋八兵衛 純米酒

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

「酒屋八兵衛 純米酒」

元坂酒造

Dsc_1293

Dsc_1295

使用米:五百万石

精米歩合:60%

日本酒度:+5

酸度:1.7

アミノ酸度:1.5

アルコール度数:15.5度

製造年月日:平成24年12月

値段:1升2,400円(税込)

感想

Dsc_1303

開栓初日3/14

常温でいただく。

上立ち香は、スゥ~と爽やかな甘みと酸のある香り。

口に含むと、フゥ~とした口当たりでジュ~と角の取れた甘みとスゥ~と爽やかな酸に、ギュ~と程よく締まった旨みとクゥ~とした米由来の苦み&コクが広がり、その後、ジュウ~とした甘酸とギュ~とした旨みにクゥ~とした辛さのふくらみをスゥ~とした酸とクゥ~としたコク辛さで引けていき、クッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、フゥ~とした甘旨みと軽い辛さの爽快感。

過不足ない甘旨酸にキリッとしたキレ。

お酒だけでもいけるが、食中だよりウマウマ。

お燗でいただく。

フゥ~としたやわらかな甘みとスゥ~とした爽快な酸にク~グゥ~とした旨みとクゥ~とした爽快感がふくらみ、その後、ジュ~とした甘酸とツ~クゥ~とした旨みのふくらみをスゥ~とした酸とクゥ~とした爽快感で引けていき、クッとした辛さでキレ。

余韻はフワ~としたやわらかな甘旨みと心地よい爽快感。

美味い!

甘旨みふっくらで、爽快な酸&キレの当たりがマイルドシュッという心地よいキレ感。

熱めでも温めでもウマウマ♪

4/13

お燗でいただく。

ジュフワッとやわらかな甘みとスッ!とした爽快な酸にギュッとした旨みとクゥ~としたコク辛さが広がり、その後、ジュ~とした甘酸とギュ~とした旨みのふくらみをスゥ~と爽快な酸とクゥ~としたコク&軽いドライ感で引けていき、クッとしたコク辛さでキレ。

余韻はフゥ~とした甘旨みとスゥ~と軽い辛さの爽快感。

初日よりも、ふんわり艷やか。

美味い!

 

 

角の取れた艶やかな甘旨みにきれい且つ爽快な酸とキレのある燗上がりするお酒。

どんな肴でも寄り添う晩酌酒向けという懐の深さとお値段。

冷や(常温)もいいですが、やっぱりお燗には敵わない(笑)

角は取れつつ張りはしっかりあるのでジュワジュワウマウマだし、お燗でユルユル飲んでしまう。

開けて3週間くらいで艷やかふわりで良い感じ。

 

「八兵衛」の山廃の方がソリッドで、こっちの純米はどの温度帯でもやわらか味が楽しめる。

山廃もかなり美味いけど、冷やしてとか常温だと良さがでない印象。

こっちの純米の方が温度帯ユーティリティでユルユル飲めるし、使い勝手がいいのはこっちかも。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

グルメ食品・ギフトを通販でお取り寄せ!ぐるなび食市場

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年3月18日 (月)

酒屋八兵衛 山廃純米酒 備前雄町

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

「酒屋八兵衛 山廃純米酒 備前雄町」

元坂酒造

Dsc_0977下の子の指写り

Dsc_0979

使用米:岡山県産雄町

精米歩合:60%

日本酒度:+2

酸度:1.6

アミノ酸度:1.7

アルコール度数:16度以上17度未満

製造年月日:24年11月

値段:1升2,800円(税込)

感想

Dsc_0982

開栓初日(12/8)

常温でいただく。

上立ち香は、スゥ~と程よく練れた甘旨みの香り。

口に含むと、フゥ~とした口当たりでジュッと程よく練れた甘みとホッフゥ~と程よいボリュームありつつまぁるい旨みに、スッとした酸とクゥ~と軽快なコクがフワッとふくらみ、その後、ジュフゥ~とした甘旨酸をフ~とした酸とクゥ~としたコクで引けていき、クッとした軽い辛さでキレ。

余韻は、フゥ~丸い甘旨みと軽いコク。

酸は程よくキレも心地よく山廃!という主張はなし。

甘旨酸が練れていてスルリ。

雄町らしいボリュームはありますが、やわらかなのでスルリ。

含み香は心地よいバナナ香でスルリ。

美味い!

お燗でいただく。

フッとやわらかな甘みとホワッとした当たりはやわらかだが心地よい弾力のある旨みに、スッとスッキリした酸とクッとしたコク&爽快感がふくらみ、その後、ジュウ~とした甘酸とフゥ~とした旨みのふくらみをスゥ~とした酸とクゥ~とした軽いコク苦みで引けていき、クッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、フゥ~とした丸い甘旨みとフゥ~とした軽いコク辛さの爽快感。

お燗だと旨みふっくらで、山廃らしいキレもでて晩酌酒にピッタリ。

ただ40度台くらいで飲まないと良さが出ない。

1/6

常温でいただく。

フゥ~としたやわらかな口当たりでフッジュウ~とした甘みとスッと程よい太さ&角の取れた酸に、ホッグゥ~と丸み&程よいボリュームのある旨みとクゥ~と軽快なコクが広がり、その後、ジュウ~とした甘酸と丸い旨みのふくらみをスゥ~とした酸とクゥ~としたコクで引けていき、クッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、フゥ~とした甘旨みとクゥ~と微かに辛さの爽快感。

初日よりも甘みが出た。

お燗でいただく。

ジュフゥ~とやわらかな甘みとフゥ~と丸みのある旨みにスゥ~とした酸とクゥ~としたコク辛さが広がり、その後、ジュ~とした甘酸とフゥ~とした旨みのふくらみをスゥ~と爽快な酸とクゥ~と爽快なコク辛さでスッと引けていき、クッとした爽快感でキレ。

余韻は、フゥ~とした丸い甘旨みと心地よい爽快感。

美味い。

 

 

雄町!という丸み&ボリュームと角の取れた味わいに山廃でもクセのない酸とらしいキレのあるお酒。

八兵衛らしいキレときれいな酸で、山廃と書かれていなければ分からないくらいのスマートな山廃。

なので雄町のポッチャリしたボリュームと相まって、余計に山廃らしくない感じ。

そして冷や(常温)よりもお燗向きなのも、さすが八兵衛。

開けて3週間くらい経つと熱めのお燗でもウマウマです♪

すぐに飲み切るにはもったいないお酒ですね。

 

レギュラー山廃、伊勢錦山廃とも違う雄町らしいポッチャリさのある味わいで、雄町好きにはマストなタイプ。

個人的に火入れだったら純吟雄町よりもこっちの方が好み。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月 6日 (木)

酒屋八兵衛 しぼりたて 本醸造生原酒うすにごり

春日町の酒屋さんで購入したお酒。

「酒屋八兵衛 しぼりたて 本醸造生原酒うすにごり」

元坂酒造

Dscn6175

精米歩合:65%

アルコール度数:19度以上20度未満

製造年月日:24年1月

値段:1升2,300円(税込)

感想

Dscn6186

開栓初日(5/31)

冷やしていただく。

上立ち香は、スゥ~と軽快なバナナっぽい香りと薄らオリの香り。

口に含むと、フゥ~とした口当たりで瑞々しいジュ~とした甘みとスッ!としたシャープな酸に、グギュ~としたオリの風味&旨みとクゥ~としたコク&青草風味&アルコールの辛さが広がり、その後、ピチピチジュウ~とした甘旨酸をスゥ~とした酸とクゥ~とした青草風味のあるコク&アルコールの辛さで引けていき、クッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、フゥ~とした甘旨みと軽い青草風味に辛さの爽快感。

美味い。

「八兵衛」の純米生系のピチピチ&しっかり味&ガツンとした飲みごたえを、この本醸造生でも味わえる。

洗練された感はそれほどないですが、味たっぷりでシュカッという旨味とキレでウマウマシュカシュカ。

6/8

冷やしていただく。

フッとした口当たりで瑞々しくジュウ~とした甘みとスッ!とした酸に、グギュ~としたしっかりとした旨みとクッとした青草風味のコクがクッとしたアルコールの辛さと共に広がり、その後、ジュウ~とした甘旨酸とグゥ~とした旨みのふくらみをス~としたシャープな酸とクゥ~としたコク辛さで引けていき、クッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、フゥ~とした旨みと微かな甘みに辛さのジンジン感。

初日よりも、硬さは取れて旨味感とふわり感が増した。

 

「酒屋八兵衛」らしい肴を欲する酸にしっかりとした旨味と飲みごたえのあるピチピチオリガラアル添酒。

個人的にはそのまま飲むとガツン過ぎるので、片口一合に氷2個(製氷機)入れるとちょうどよいサッパリした飲み口とスッキリした酸に、ちょうどよい旨味感とアルコールのスカッとしたキレ感のバランスが良くウマウマ飲める♪

うすにごり&アル添原酒なので、氷を入れても薄さは感じないですね。

しかも酸があるので、晩酌にピッタリのユルさと物足りなさのない味わいで、質の高さがより分かる感じ。

これの加水火入れも確実に美味いだろうなぁというのが分かりますし、オッサン半可通は「八兵衛」は加水火入れが好みだな(雄町だけは生派)とひとりごちる半可通でした(キッパリ)

だってよ!(笑)

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年7月20日 (金)

早春 特別純米無濾過生原酒 中取り

日本橋にある酒屋さんで購入したお酒。

とあるお酒を目当てにこの酒屋さんへ行ったのですが、それとは別にこれを発見。

役に立たない人様のブログで、石数少なく美味い美味いみたいな内容だったようなのを見たような気がしたような気がしたので、たまには乗るしかないこのビッグウエーブに、と購入。

「早春 特別純米無濾過生原酒 中取り」

早川酒造

Dscn6091

Dscn6092

使用米:美山錦

精米歩合:60%

アルコール度数:17度

製造年月日:24年1月

値段:1升2,625円(税込)

感想

Dscn6093

開栓初日(4/8)

冷やしていただく。

上立ち香は、フゥ~とブドウのようなジューシーな香り。

口に含むと、やわらかい口当たりでジュッとやや甘みの詰まった甘みとスッとした酸がジューシーさをだし、ギュッとした旨みとク~としたコク&軽い渋みが広がり、その後、ジュウ~としたやや密度の濃い甘旨酸と微かな渋みのふくらみをジュゥ~とした酸とク~とした軽快な渋苦コクで引けていき、クッとした軽快な渋苦辛さでキレ。

余韻は、フゥ~とした甘旨みにスィ~とした酸と心地よい爽快感。

ブドウのようなジューシーな甘酸とギュ~とした締まった旨みが広がり、酸と渋苦みでキレていく。

余韻も酸が残るので、ブドウとかの果実っぽさ感あり。

最初の味わいからは、もっとふくらみシュ~とキレそうなのにジュッときたらジュ~とキレていき、個人的にはもうちょいふくらみが欲しい。

ただ開けてしばらく経つと、ふくらみとまとまりが出そうなので今後の変化に期待。

4/29

冷やしていただく。

やわらかい口当たりでジュウ~と瑞々しい甘みとスッとスッキリした酸に、ギュ~と締まった米の旨みとクゥ~とした苦コクが広がり、その後、ジュグ~とした甘旨酸をスィ~とした軽快な酸とクィ~とした苦コクで引けていき、クッとした苦辛さでキレ。

余韻は、フゥ~とした瑞々しいジューシー甘旨酸と軽い苦辛さの爽快感。

初日よりも、硬さが取れて旨味がでた。それによりお米由来の苦みも多少出た。

 

甘過ぎない巨峰のような甘酸に美山錦という感じの米の旨味感を味わえるお酒。

心地よい甘い香りとブドウのような味わいにいい感じの旨味感もあって、日本酒を飲まない人にオススメな感じだし、日本酒好きも楽しめるお酒ですね。

開けて10日くらい経つと中取りでもちゃんと旨味あって、でもきれい目で物足りなさもくどさもない味わいに変化しましたが、それまでは美味しいがどこか物足りない感じでしたね。

 

この生酒は、寝かして味ジュワジュワで飲んでも良さげ。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

酒屋八兵衛 山廃純米酒 伊勢錦

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

「酒屋八兵衛 山廃純米酒 伊勢錦」

元坂酒造

Dscn5439

Dscn5441

使用米:伊勢錦(短稈系)

精米歩合:60%

日本酒度:+6

酸度:1.5

アミノ酸度:1.3

アルコール度数:15.7度

製造年月:23年12月

値段:1升2,800円(税込)

感想

Dscn5442

開栓初日(12/24)

常温でいただく。

上立ち香は、フワ~と軽やかでほんのり甘い香り。

口に含むと、フゥ~としたやわらかい口当たりでフゥオ~とした張りと艶のある甘みと当たりはやわらかだがフォッとした弾力のある旨みに、スッとした酸とクッとした上品なコクがふくらみ、その後、ジュウ~とした甘旨酸をスッとした酸とクッとしたコクで引けていき、クッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、フワ~とした弾力感を残した甘旨みとコク辛さの爽快感。

美味い!

味ノリしているのに張りがしっかりあり、丸みのあるやわらかな弾力感を持った旨みがたまりません♪

そして山廃らしいキレはあるが、酸、コクもスッキリ上品でスルッと入る。

お燗でいただく。

フッジュッとしたスッキリした甘みとスッ!とした酸にギュ~とした程よい弾力のある旨みとクゥ~とした苦コクが広がり、その後、ジュギュ~とした甘酸とややドライな旨みのふくらみをスィ~とした酸とクィ~とした苦コクで引けていき、キッとしたコクの爽快感と辛さでキレ。

お燗だと酸が程よく出るし、複雑味のあるコクも出るので、より山廃らしい感じが主張。

ただ嫌味なく、そのいい感じのふくらみのある複雑味のおかげで杯がすすむ感じ。

1/21

お燗でいただく。

フッジュッとしたスッキリやわらかな甘みとスッ!とスッキリした酸に、グッホワッとした程よい弾力のある旨みとクッとしたコクがふくらみ、その後、ジュ~とした甘酸とホワグ~とした旨みのふくらみをスッとした酸とフ~とした爽快感で引けていき、キッとした爽快感と辛さでキレ。

初日よりもふんわりで、ふくらみからキレまでの流れは素敵。

美味い。

 

太すぎない酸が引っ張っていく、弾力ありつつ締まった旨味とスッキリしたキレのあるお燗向きのお酒。

この時期の常温だとちょい冷え状態なので、冷や(常温)で飲むにはもったいない温め酒ですね。

お燗にすると、旨味や甘みに酸もふんわり(当たり前ですが)で、ホワリとふくらみ、スッと心地よくキレてウマウマ♪

半可通的には、40度後半くらいが好み。基本アチチ好きですが、アチチはもったいない味わい。

それにしても洗練された旨味感で、過不足のない飲みごたえと雑味のなさ。

伊勢錦は確か山田さんの母方と聞いたような気がしますが、雄町や山田穂系のお酒にあるボリュームはなく、弾力はあるのに厚みやボリュームがそれほどないのは、伊勢錦の特徴なのかな?

こういうのは嫌いじゃないぞ♪

度数、キレ感、旨味具合などお燗でそこそこ飲む人にはパーフェクトなお酒ですね。

ウマっ!!というお酒ではなく、ウメェ~♪ととろけるメルト酒。

酸がやたら突出したお燗向けではないので、安心して飲めるお酒です。

こういう肴の間口が広いお燗向けは、大好き♪

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年6月25日 (土)

酒屋八兵衛 特別純米無濾過生原酒 上槽中直詰め

光が丘の酒屋さんで購入したお酒。

店長が日帰りで蔵見学に行った成果というべきお酒。

「酒屋八兵衛 特別純米無濾過生原酒 上槽中直詰め」

元坂酒造

Dscn4268

Dscn4269

Dscn4271

使用米:(麹)山田錦(掛)五百万石

精米歩合:60%

日本酒度:+5

酸度:1.7

アミノ酸度:1.6

アルコール度数:17度以上18度未満

製造年月:23年2月

値段:1升2,800円(税込)

感想

Dscn4272

開栓初日(4/4)

冷やしていただく。

上立ち香は、フワ~と軽やか&上品で爽快感ある香り。

口に含むと、フッワッとやわらかな甘みと上品且つ程よい厚みのある旨味に、スッとスッキリした酸とスッとしたコク&微かな渋みがフワッとふくらみ、その後、そのふくらみを微かにフ~とした甘みを残しつつス~とした酸とス~とした微かな渋みでフェードアウトしていき、スッとキレ。

余韻は、ふんわりした上品な旨みと心地よい爽快感。

美味い。

5/2

冷やしていただく。

フッとした口当たりでスッとした酸とジュッとした上品な甘みに、きれいながらもグ~とした旨みとクィ~としたややドライなコクがふくらみ、その後、フッとした甘みとグ~とした旨みとコクのふくらみを、ス~とした酸とクィ~としたコクでフェードアウトしていき、キッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、フ~としたコクと軽く辛さの爽快感。

初日よりも、エアリーで旨みありつつ、上品さが増した。

 

軽やかな甘みと酸に上品ながらも八兵衛らしい旨味とキレのあるお酒。

開けて2週間くらい経つとピチピチ感が抜けてきて、さらにふんわりワンランク上の味わいになりました。

やや冷えくらいで飲むと、ブドウのような甘酸っぱさにキッチリした旨味とスッキリしたキレが楽しめ、ウマウマ♪

ふくらみからシュ~とキレていく流れと、旨味キッチリだしつつ、このきれいな味わいはさすがって感じです。 

ちなみにこの特純生は通常のお酒とはちょいと違うらしく、試験醸造なのか、新商品なのか知りませんが、八兵衛向きって感じの味と香り。これの加水火入れも飲んでみたいですね。

 

ちなみにとある筋からの情報だと、こちらの蔵の生酒は冷やして飲むのではなく、お燗推奨みたいです。

その話をうかがった時にお燗のつけ方も習ったので、また一歩自分の日本力が上がっちゃいました(笑)

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月30日 (水)

酒屋八兵衛 山廃純米酒 20BY

光が丘の酒屋さんで購入しました。

「酒屋八兵衛 山廃純米酒 20BY」

元坂酒造 

Dscn3943

Dscn3944

使用米:(麹)山田錦(掛)五百万石

精米歩合:60%

日本酒度:+4

酸度:1.6

アミノ酸度:1.8

アルコール度数:15.5度

製造年月:22年7月

値段:1升2,600円(税込)

感想

Dscn4081

開栓初日(1/4)

常温でいただく。

上立ち香は、微かに爽快な甘い香り。口に含むと、瑞々しい口当たりに溶け込む細身だけどもジュ~とした甘みとスッとした酸に、主張しないがギュ~とした端整な旨みとクッと程よいコクが広がり、その後、スマートでジュ~とした甘旨酸のふくらみをフィ~とした酸と薄らとした辛さで引けていき、フッとした辛さでキレ。余韻は、薄らとした甘旨みと心地よい爽快感。

冷やだと、程よい酸が効くバランスの取れた心地よいキレ酒。

お燗でいただく。

ジュッと爽快な甘みと酸にク~ンとスッキリ&程よい伸びのある旨みとコクがふくらみ、その後、ジュク~ンとした甘旨酸のふくらみをフ~とした酸とク~としたコクで引けていき、フッとした爽快感でキレ。余韻は、軽い酸と旨みに程よい爽快感。

お燗にすると、甘旨酸にキレがハッキリ立ってメリハリがでた。

2/6

常温でいただく。

瑞々しい口当たりで瑞々しくも薄らトロリと感じるジュッと練れた甘みとギュッと主張しないが締まりつつ練れた旨みに、スッとした酸とキュ~と締まったコクが広がり、その後、スッジュッとした甘旨酸のふくらみをジュ~とした甘旨みと共にス~とした酸とク~と上品なコクでフェードアウトしていき、クッとした辛さでキレ。余韻は、ふんわりした甘旨みと爽快感。

初日よりもふんわりし、キレまでの流れはワンランク上になった感じ。

お燗でいただく。

フッと爽快な口当たりでジュッとしつつシャープな甘旨みとスッとした酸にク~と上品なコクがふくらみ、その後、フ~とした旨みとス~とした酸のふくらみをスィ~とした酸と心地よい渋みでフェードアウトしていき、キッとした爽快感でキレ。

 

締まった米の旨味&上品さに、食中酒向きのキレと酸のあるお酒。

このバランス感はさすがですね。きれいなのに旨味しっかりで、キレも心地よい。

20BYですが、ダレる事なくキュッと締まりつつ程よい練れ具合で、いい感じの味ノリ♪

冷やでも美味いですが、お燗向きですね。

「酒屋八兵衛」のお酒は、生だと元気一杯系なのでオッサン半可通には量飲めないのですが、加水火入れの「八兵衛」は疲れずダラダラ飲んじゃいますね。

冷やだとギュッとした旨味を味わえるし、お燗だとキレ具合が増して肴なんでもかかってこいや!って感じで、1本置いておくと便利なお酒。ただアチチだと、キレキレシャープ過ぎ(苦笑)

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2010 参加したイベント | 2010 蔵見学&蔵拝見 | 2010 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2011 参加したイベント | 2011 蔵見学&蔵拝見 | 2011 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2012 参加したイベント | 2012 蔵見学&蔵拝見 | 2012 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2013 参加したイベント | 2013 蔵見学&蔵拝見 | 2013 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2014 参加したイベント | 2014 蔵見学&蔵拝見 | 2014 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2015 参加したイベント | 2015 飲んだ日本酒(リキュール含む) | グルメ・クッキング | 三重県のお酒 | 京都府のお酒 | 佐賀県のお酒 | 兵庫県のお酒 | 和歌山県のお酒 | 埼玉県のお酒 | 外飲み | 大阪府のお酒 | 奈良県のお酒 | 宮城県のお酒 | 富山県のお酒 | 山口県のお酒 | 山形県のお酒 | 岐阜県のお酒 | 岡山県のお酒 | 岩手県のお酒 | 島根県のお酒 | 広島県のお酒 | 徳島県のお酒 | 愛媛県のお酒 | 愛知県のお酒 | 新潟県のお酒 | 日本酒 | 日本酒イベント情報 | 日記・コラム・つぶやき | 東京都のお酒 | 栃木県のお酒 | 滋賀県のお酒 | 石川県のお酒 | 神奈川県のお酒 | 福井県のお酒 | 福岡県のお酒 | 福島県のお酒 | 秋田県のお酒 | 群馬県のお酒 | 茨城県のお酒 | 読書 | 酒造組合 | 長野県のお酒 | 青森県のお酒 | 静岡県のお酒 | 香川県のお酒 | 高知県のお酒 | 鳥取県のお酒