高知県のお酒

2014年5月30日 (金)

酔鯨 特別本醸造 冷酒用

近所の業務用スーパーで購入したお酒。

安かったし、冷蔵棚で冷えていたし、以前行った飲み屋さんで同じ(300ml瓶)のを飲んで美味しかったので購入してみました。
 
「酔鯨 特別本醸造 冷酒用」
 
酔鯨酒造
 
Dsc_2479
 
精米歩合:55%

アルコール度数:15度

製造年月日:平成25年12月

値段:300ml327円(税込)

感想

Dsc_2484

開栓初日(3/27)

冷やしていただく。

上立ち香は、スゥ~とほんのりスッキリした甘みと爽やかな酸を感じる香り。

口に含むと、スゥ~とやわらか~い口当たりでジュッとサッパリした甘みとスッとスッキリ心地良い酸にフゥ~とやわらかい旨みとクゥ~と軽いコク辛さがふくらみ、その後、ジュ~と程よいサッパリ目の甘酸とフゥ~と軽やかな旨みのふくらみをス~と軽やかな酸とクゥ~と軽快なコク辛さで引けていき、クッとした軽いコク辛さでキレ。

余韻はフゥ~とふんわりした軽い甘旨みとフゥ~と軽い辛さの爽快感。

 

美味い。

 

 

やわらかな口当たり&甘旨みにサッパリした酸とキレのあるユルユル飲んでしまう食中向き冷酒。

この値段の業務用スーパーに置いてあるお酒なのに、このクオリティは素晴らしい!

やわらかでシルキー&軽快な旨みと酸度はそれほどでもなさそうですが良い感じのサッパリした酸と甘みで、スルリと飲んでしまう。

そしてキレ感はアル添感控えめのシュッという心地良いキレ感。

 

このコンディション&クオリティ&値段で気軽に飲めるのはホントありがたい。

こういう比較的大きい蔵が底辺を拡大してくれて感謝だと。

あとは売る側の問題だと。

 

ちなみに翌週もこれを買いに行きましたが、半可通の舌のブレ程度なので記事にはしません(笑)

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月12日 (日)

お正月に飲んだお酒

元旦。

実家にて。

Dsc_0498

「吉乃川 にごり酒 甘酒仕立て」

実家で用意されていたお酒ですね。

サラッとしているし、甘めですが糖添されていない甘酒っぽい甘さなので美味しく飲めました。

んでは、本格的に飲みますかと半可通が持ってきたのは、これ。

Dsc_0501

「上喜元 出羽燦々 純米大吟醸中取り生」

「酔鯨 純米酒中取り」

です。

元旦集まるのはうちの家族だけだし、弟は体調不良で来ないということなので、飲むのは父と半可通だけなので4合瓶2本で充分でした。

「上喜元」は出羽燦々40%中取りというだけあって、上品なふくらみと香りにきれいな味わいのお酒でした。

ただこの時期飲むには、このスペックだと味が細い(苦笑)

飲み頃はもっと先ですね。

「酔鯨」の方はこの時に買ったやつ。

飲んでみたら確かに勝手に売れていくというのも納得の味わいときれいさ。

火入れ感のない丸い味わいにサッパリした香りとキレで、父も半可通もこればかり飲んでいました。

やはり正月のような長時間ダラダラと食べ飲むときは香りある高いお酒もいいですけど、こういうのもあるといいなぁと実感。

この他スパークリングワインやビールなどをいただく…。

 

そして翌日は嫁の実家へ…。

Dsc_0525

飲んだのは、頂き物だという桐箱入りだった「こしのはくせつ 大吟醸 無濾過瓶火入れ」

Dsc_0527

写真撮っていませんが、「醸し人九平次 純米大吟醸山田錦生」

「雪の茅舎 純米吟醸生」

を持っていきました。

「こしのはくせつ」は常温でいただきましたが、火入れ感というか日当て感といいますか、そんな感じのがあって皆さん飲みづらそうでした。

度数も17~18度ですし。

味わいが丸くなっていた分もったいないなぁと。

保管状態いいのを飲んでみたかった…。

「醸し人九平次」は超ウマウマ♪

フレッシュ封じ込めという製造管理の素晴らしさと開けたてからいけるジューシー具合♪

「雪の茅舎」もサッパリフルーティな感じでスルスル飲めますが、おせちなどと飲むには九平次の方が合っていましたね。

それに車に揺られて持って行ったので、その辺のコンディションも関係していたかも…。

それでも問題ない九平次スゲェ!という話でもあるんですけどね(笑)

他にはビール多量にワインも頂いちゃいました。

 

3日は自宅に戻り、年末に開けたお酒を飲んで三が日は過ぎて行きました。

 

 

こういう普段日本酒飲まない人のところへ日本酒持っていくのは正月くらいですけど、ようやくこういうのを持っていくのが良いのかな?というのが分かってきました。

若い人がいるなら無濾過生原酒とかもいいですけど、大人メインなら生酒でも度数は15度や16度くらいのお酒にして、ちょい酸あるお酒くらいのほうがおせちやご馳走には合う。

日本酒マニアやオタクはつい自分基準でチョイスしてしまいますが、老若男女揃うときはワイン寄りのがいいのかもという結論に達しました。

なので来年はアレを持って行こう!

正解は1年後で!(笑)

 

ということで、あけましておめでとうございます!(遅)

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年5月 6日 (金)

初節句で直汲み「久礼」「町田酒造」

下の子の初節句祝いも兼ねて、半可通の実家にて家族で食事。

お寿司を注文するということで、生物に合いそうな日本酒を光が丘の酒屋さんへ買いに走る・・・。

まぁこれなら生物でも合うだろうというお酒と、ちょい甘みと香りのある飲みやすい系のお酒の2本をチョイス。

それが、これ。

Dscn4377

「久礼 純米吟醸 槽口直詰無濾過生原酒」

「町田酒造 特別純米55無濾過生酒 直汲み」

「久礼」の方は鰹のたたきに合うように・・・というお酒なので、マグロ等にも合うだろうと選んでみました。

結果的には、お寿司を最後に食べたのでこれと合わせることはなかったのですが(苦笑)

自分だけが飲むなら純米クラスを買うところですが、父も一緒に飲むので多少きれいな味わいの方がいいかなと。

「町田酒造」の方は、同じ系統2本買っても面白くないので、スムース且つふんわりした甘みと香りがあるお酒を求めて選んでみました。

父がこのタイプがダメでも、半可通が飲めばいいしね。

感想としては、「久礼」の方は直汲みらしいフレッシュ感があり、物足りなさのない飲みごたえ&きれいさにスッキリした酸が杯をすすめますね。

揚げ物やポテトサラダなど脂(油)系の物がテーブルに並んでいても、このタイプのお酒があると邪魔しないし、脂(油)きるみたいな感じで便利。

「町田酒造」の方は、ホントは純米吟醸の直汲みが欲しかったのですが、冷蔵庫に見当たらなかったので特別純米の直汲みにしました。

光が丘の店長さんが「1月出荷の方が直汲みらしさがあった」と言っていただけあって、ピチピチ感はあまりなし。

ただフワッとやわらかな甘みとスムース感があり、その甘みを微かに残しつつスルッと入っていきます。

直汲みらしいピチッと感はないですが、これはこれで悪くない。

甘みが多少あるので、父は苦手かな?と思っていましたが、「町田酒造をいただこう」と言いながら何度も手酌してました。

今日は甘いの辛いの言わないのね(苦笑)

大体半可通よりも甘党なクセに、お酒だけ甘いだのどーの言うことがおかしいと常日頃感じてましたが。

どちらかというと「町田酒造」の方を父は多く飲んでいたので、なんとなくですが、好き嫌い以前にアルコールに強い父でも年齢的に「久礼」のピチッと感は多少抵抗あるのかもしれません。

お酒の会等で、そういう新酒のピチピチ感を飲み慣れていない年配の方は疲れると聞いたことありますし。

まぁ、といっても「久礼」を4合瓶の三分の一位は飲んでいましたが。

 

父が下の子に「大きくなったらジィジとお酒飲もうな」と言っていましたが、その時まで生きているだけでなく元気でいてくれないと困りますが、半可通自身も元気でいられるか心配なんだけど・・・(苦笑)

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年2月 1日 (火)

久礼 特別純米手詰め直汲み無濾過生原酒

光が丘の酒屋さんで購入したお酒。

「久礼 特別純米手詰め直汲み無濾過生原酒」

西岡酒造店 

Dscn3940

Dscn3942

Dscn3941

 

使用米:松山三井

精米歩合:60%

日本酒度:+5

酸度:1.6

アルコール度数:17度

杜氏:河野幸良(土佐杜氏)

製造年月:22年5月

値段:1升2,700円(税込)

感想

Dscn3946

開栓初日(12/13)

冷やしていただく。

上立ち香は、スッと爽快な甘い香り。口に含むと、やわらかい口当たりに溶け込むやわらかでジュッとした甘みとスッ!と爽快な酸に、程よい太さで適度に締まったギューとした旨みがク~と軽快なコクと心地よい渋みとと共にジュッと広がり、その後、スッキリシャープながらもジュ~とした甘酸とグ~とした旨みのふくらみをス~とスッキリした酸とク~と軽快な渋コクで引けていき、キッとした渋辛さでキレ。余韻は、ふんわりした甘みと酸に軽いドライ感。

味ノリしつつ直汲みらしいピチピチ感があります。ただ若干生熟って感じの含み香を感じる。

開栓後、エアリーになったら消失してくれるといいなぁ・・・。

12/27

冷やしていただく。

やわらかい口当たりでジュッとした甘みとスッ!とした酸に、程よい厚み&弾力感のある旨みとクッとしたコクが広がり、その後、フ~とした甘みと弾力感のある旨みのふくらみをス~ク~と心地よい酸とコクで引けていき、クッとしたコク辛さでキレ。余韻は、爽快な甘みとふんわりした旨みに青草のようなコクの爽快感。

初日のピチピチ感がなくなり、いい感じの張りを残しながら弾力感のある旨みがでたし、初日気になった含み香も消失。

美味い。

 

ジューシーな甘酸っぱさと、厚みある旨味と張りがマッチしたキレの良いお酒。

甘みのある柑橘系果実様の甘酸っぱさが引っ張っていきます。

土佐酒をイメージする「らしさ」に米の旨味と酸があり、しっかり系でも重さはなく、軽快に飲める関東でもウケる味わいって感じ。

購入したお店で確か春先頃にこれの試飲させてもらっていますが、この時でもいい感じの味わいでした。春先でも年末でも楽しめる直汲みって素敵♪

鰹やマグロと飲みたい感じになる酸好きは必飲のお酒。

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

南 特別本醸造

光が丘の酒屋さんで購入したお酒。

ここのところ、にごり生原酒ばかり飲んでいるせいか、火入れのスッキリしたアル添酒を欲する体。

ここの蔵のアル添酒は飲んだことないですが、「南」ならスッキリしつつペカペカではないだろうと期待して購入してみました。

「南 特別本醸造」

南酒造場吟醸

Dscn2531

Dscn2532

使用米:松山三井

精米歩合:60%

使用酵母:高知県酵母

日本酒度:+8

酸度:1.5

アミノ酸度:0.9

発酵日数:26日

アルコール度数:16度以上17度未満

製造年月日:2009年11月

値段:1升2,150円(税込)

感想

Dscn2538

開栓初日(3/21)

常温でいただく。

上立ち香は、スゥ~と軽く穀物っぽい香りとタクアンっぽい香り。口に含むと、やわらかい口当たりでジュッと瑞々しい甘みと酸に程よい旨みとキリッとしたコクが軽いアルコールの辛さと共にフッと広がり、その後、スィ~とした酸にヒリ~としたコクと辛さで引けていき、カッとしたアルコールっぽい辛さでキレ。余韻は、ほんのりとした甘み&含み香にアルコールの爽快感。

予想通りペカペカしていない♪こういうのを求めていたのだよ。

お燗でいただく。

やわらかい口当たりでジュッと爽快な甘旨みとスッとした酸にク~としたコクがふくらみ、その後、スィ~とした酸とキリ~としたコクにアルコールの辛さで引けていき、キッとしたアルコールの辛さでキレ。余韻は、フ~としたコクと爽快感。

お燗にすると、フッとふくらみスッとキレる、スッキリした流れ。

4/25

常温でいただく。

やわらかい口当たりに溶けこむスッキリした甘みとジュッとした酸に程よい旨みとややシャープなコクがクッと広がり、その後、ス~とした酸にややドライなコクとヒリッとした辛さで引けていき、スッとしたドライ感でキレ。余韻は、ほんのりとしたドライ感。

初日よりも多少ふっくらして、アルコール感が弱まったが、ややドライなキレ感は変わらず。

お燗でいただく。

フッとした甘みとスッとした酸にフッとした旨みとカッチリしたコクがフッとふくらみ、その後、スィ~とした酸とスキ~としたややドライな爽快感で引けていき、キッとした辛さと爽快感でキレ。

 

程よい旨味とスッキリした酸のある、ややドライな晩酌酒。

しっかりと味がのり、それでいてスッキリシャープな味わい。甘みしか分からないおバカな舌だと薄いとか言い出しそうですが、淡くてもカッチリした米の旨味があるので、ついニンマリしてします。

冷や(常温)でもお燗でもいけるし、常温で放って置いても崩れないし、いくらでも飲めるデイリー酒ですね♪

生原酒の合間に飲むと、とても和むというか、妙に体に馴染みます。これこれっ♪て感じ。

こういう冷やでクイックイッと飽きずに飲めちゃう感じが、本醸造の良さかな?ってシミジミ思いますね。こういうお酒もやっぱり好きだわ!

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

2010 参加したイベント | 2010 蔵見学&蔵拝見 | 2010 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2011 参加したイベント | 2011 蔵見学&蔵拝見 | 2011 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2012 参加したイベント | 2012 蔵見学&蔵拝見 | 2012 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2013 参加したイベント | 2013 蔵見学&蔵拝見 | 2013 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2014 参加したイベント | 2014 蔵見学&蔵拝見 | 2014 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2015 参加したイベント | 2015 飲んだ日本酒(リキュール含む) | グルメ・クッキング | 三重県のお酒 | 京都府のお酒 | 佐賀県のお酒 | 兵庫県のお酒 | 和歌山県のお酒 | 埼玉県のお酒 | 外飲み | 大阪府のお酒 | 奈良県のお酒 | 宮城県のお酒 | 富山県のお酒 | 山口県のお酒 | 山形県のお酒 | 岐阜県のお酒 | 岡山県のお酒 | 岩手県のお酒 | 島根県のお酒 | 広島県のお酒 | 徳島県のお酒 | 愛媛県のお酒 | 愛知県のお酒 | 新潟県のお酒 | 日本酒 | 日本酒イベント情報 | 日記・コラム・つぶやき | 東京都のお酒 | 栃木県のお酒 | 滋賀県のお酒 | 石川県のお酒 | 神奈川県のお酒 | 福井県のお酒 | 福岡県のお酒 | 福島県のお酒 | 秋田県のお酒 | 群馬県のお酒 | 茨城県のお酒 | 読書 | 酒造組合 | 長野県のお酒 | 青森県のお酒 | 静岡県のお酒 | 香川県のお酒 | 高知県のお酒 | 鳥取県のお酒