長野県のお酒

2015年3月19日 (木)

御湖鶴 純米酒あお

鷺ノ宮にある酒屋さんで購入したお酒。

溜まりすぎているので感想だけをあげていく…。

「御湖鶴 純米酒あお」
 
菱友醸造
 
Dsc_3763
 
使用米:山田錦

精米歩合:65%

アルコール度数:15度

製造年月日:2014年11月

値段:1升2,300円(税抜)

感想

Dsc_3767

開栓初日(12/27)

常温でいただく。

 

角の取れた爽やかな甘酸と程よい旨みがスルリと楽しめる、流れが心地よいお酒。

爽やかな甘酸が角とれていてスルリ。

爽やかベースでも甘みがほんの少し顔を出してお酒だけでもいける。

旨みはちょい締まった旨み感でボリュームは程々。

久々に飲んだら透明感は相変わらずで、そこに色々とまとまっていてこういうのを造りたかったのねという味わい。

 

「御湖鶴」直近で飲んだのが確か茶色ラベル金紋錦だったはず…。

年度の問題もあるでしょうが、茶色ラベルの金紋錦よりも甘み爽やかで透明感ある酸とやわらかさのバランスが良くて、半可通的「御湖鶴」感はこっちの方が強いかなと。

一番最初に「御湖鶴」あおを飲んだ時に感動した味の記憶はないですが、味はあるのにこの透明感♪という部分を気に入ったのは間違いないわけで、当時の半可通酒キャリアの低さゆえか、それとも同ジャンルのお酒が増えたからか、久々に飲んでみて美味しいけど中毒性は薄いなぁと。

日本酒ライフ幾星霜…。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年2月 9日 (月)

十九 FLOWER 19 TG09 2013 火入れ

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

溜まりすぎているので感想だけをあげていく…。

 

なんでも「十九」メインの飲み会で人気だったお酒みたい。

普段こちらの酒屋さんには「十九」生しか並んでいないから火入れは珍しいので購入。

お酒の名前がこれで合っているのかも不明。

モビルスーツかよ(苦笑)

「十九 FLOWER 19 TG09」
 
尾澤酒造場
 
Dsc_3613

使用米:国産米

精米歩合:65%

アルコール度数:16度

製造年月日:2014年10月

蔵出年月:2014年11月

値段:1升2,365円(税込)

感想

Dsc_3698

開栓初日(11/27)

冷やしていただく。

 

味がのったジューシー味だがサッパリで、程よいボリュームありつつしつこさのないお酒。

味がのったジューシー味だけどスッキリしていて、旨みもあっても主張しすぎず軽快。

火入れ感もなく、余韻も心地よい。

磨いた「十九」は好きですが、あまり磨いていない(生)のは重い印象があって好みではなかったのですが、これは程よいボリュームありつつ重くなくて美味い!

火入れだからか華やかな香り&甘みが程々で飲みやすい。

低精米「十九」は火入れがいいですね♪

 

ただこれと同じ系統でもラベルが変わるとどれが同じ系統がわからないから、その辺の統一感とか説明は本気で欲しい。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月24日 (土)

水尾 特別純米酒 金紋錦仕込 ひやおろし

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

溜まりすぎているので感想だけをあげていく…。

「水尾 特別純米酒 金紋錦仕込 ひやおろし」
 
田中屋酒造店
 
Dsc_3289
 
Dsc_3291
 
使用米:金紋錦

精米歩合:59%

アルコール度数:16度

製造年月日:2014年9月

値段:1升3,240円(税込)

感想

Dsc_3293

開栓初日10/6

冷やしていただく。

 

爽快な酸が引っ張っていくフレッシュさを閉じ込めた程よく丸い味わいのお酒。

開けて3日くらいは栓開ける度にシュッシュッいう程フレッシュ封じ込め。

透明感ある柑橘系の甘みと酸が引っ張っていくが、トゲトゲしていなくて飽きずに飲める。

旨みはちょい弾力あるふわり&詰まり感でキレはシュル~で余韻も心地よい。

 

久しぶりにひやおろしを飲みましたが、以前のような荒々しさやガツン感もなくフレッシュ増しで、できあがったひやおろしって感じ。

レギュラー金紋錦よりも度数があるからか、味の厚みありながらキレ感が増して飲みごたえ&辛口感がアップ。

個人的にはレギュラーのバランス感が好きだけどレギュラー物足りない人には断然こっちがオススメ。

開けて1ヶ月経ってもダレずにウマウマ♪

これは購入後半年くらい寝かしてもいいくらい伸びそう。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月23日 (火)

そろそろ純米酒

パルシステムで購入したお酒。

正雪のパック酒が美味しかったので、パルシステムで扱ってるお酒は安くて美味いんじゃないの?という思いから、よくカタログに載っているお酒を購入。

パックサケチャレンジ!(ちょうどこの頃はアイスバケツチャレンジとかいうのがね…)

「そろそろ純米酒」
 
諏訪大津本家酒造
 
Dsc_3330
 
Dsc_3333
 
使用米:国産コシヒカリ

精米歩合:70%

日本酒度:+3

酸度:1.5

アミノ酸度:1.6

アルコール度数:14度以上15度未満

製造年月日:2014年9月

値段:一升2千円しなかった(税込)

感想

Dsc_3336

開栓初日(10/15)

常温でいただく。

 

瑞々しい甘酸と細身だがしっかり目の旨みあっても軽やかに飲めるお酒。

純米でも軽やか。

そんなに練れ感もないので飲みやすい。

まぁその分濾過された感じはありますが、ペカペカではないのでまぁ値段の割に飲めます。

これもお燗にした方が軽やかふんわりで、冷や(常温)よりも美味しく飲める。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月30日 (日)

御園竹

蔵直(蔵で直接)で購入したお酒。

溜まりすぎているので感想だけをあげていく…。

 

普通酒なのに4割山廃混ぜているんだぜ。ウソみたいだろ。

一升1,800円だぜ。それで。

 

この価格で山廃混ぜ混ぜ。

「御園竹」
 
武重本家酒造
 
Dsc_2684
 
アルコール度数:15度

製造年月日:2014年7月

値段:1升1,838円(税込)

感想

Dsc_2687

開栓初日(8/12)

常温でいただく。

 

やわらかな丸みある甘旨みと程よくしっかりしつつ角の取れた酸に心地よいキレのあるお酒。

やわらかで丸みのある甘みとちょい滑らかな旨みでスルリ。

アル添感はありますが、ですぎずに良い感じのキレ&余韻になっています。

丸みあっても熟感ある香りや味はなく、程よい酸とちょい複雑味あるコクで山廃山廃していないし、ペカペカ混ぜ混ぜした感じもなく、火当て感もなく、あくまでもまろやかでスッキリした山廃アル添酒。

普通酒にしては美味いではなく、普通に美味いお酒です。

 

熱めのお燗でもふっくらウマウマのスッキリで、この価格帯でも熱めOKなところも半可通好み♪

どぶろく以外もかなりレベルが高い蔵元。

なぜ都内で見かけない?と思いつつ、地酒感があって佐久へ行く楽しみにはなりますね。

 

色々蔵直していると分かりますが、蔵元が密集している地域の普通酒はホントレベル高い!

 

美味い。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2014年11月27日 (木)

御馬寄(みまよせ) 純米酒

蔵直(蔵で直接)で購入したお酒。

溜まりすぎているので感想だけをあげていく…。

こちらの蔵は元々甘めのお酒を造っているということで、知らない蔵はまず本醸造だろ!というポリシーを持っている半可通ですが(初耳)、本醸造だけは辛口寄りとのことなので素直に純米をチョイス。

その辺はフレキシブル。

「御馬寄 純米酒」
 
大國酒造
 
Dsc_2675
 
使用米:美山錦

精米歩合:59%

アルコール度数:15度

製造年月日:2014年6月

値段:1升1700円(税抜)

感想

Dsc_2679

開栓初日(8/11)

常温でいただく。

 

糖度の高いリンゴのような甘酸っぱさと程よいボリュームが楽しめる角の取れた丸いお酒。

これ良いです!

甘み優位でも今風の派手なカプカプしているのではないし、くどくないし、カプ苦もなし。

旨みもしっかりあるし、角が取れているのに火当て感や雑味もなく、キレ余韻も良い感じ。

お燗にするとさらに甘みが立ちますが、火を通したリンゴみたいでこれはこれで良い♪

 

これでこの値段はシンジラレナイYO!

地元の人が羨ましい…。

 

美味い。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年11月21日 (金)

御園竹 濃醇旨口山廃原酒 蔵内生熟成 2013年直詰

蔵直(蔵で直接)で購入したお酒。

普通酒の山廃で原酒で生酒を詰めてから常温熟成と、色々面白いので購入。

「御園竹 濃醇旨口山廃原酒 蔵内生熟成」
 
武重本家酒造
 
Dsc_2711  
 
使用米:長野県産美山錦

アルコール度数:19度以上20度未満

製造年月日:2013年5月充填

値段:200mlで300円くらいだった

感想

Dsc_2720

開栓初日(8/17)

冷やしていただく。

上立ち香は、フゥ~と練れたコクと甘みを感じる香り。

口に含むと、フゥ~とやわらかい口当たりでトロッジュッとしたちょい凝縮した甘みとスッ!と太さのある酸にギュウ~と太さのある旨みとクゥ~としたコク辛さが広がり、その後、ジュウ~とやや凝縮された甘酸とギュウ~とした旨みのふくらみをス~とした酸とクゥ~とした辛さで引けていき、クッとしたコク辛さでキレ。

余韻はフゥ~とした軽い甘旨みとス~とした辛さの爽快感。

美味い!

 

 

ちょい凝縮された甘味とボリュームある旨みをしっかりした酸と辛さでキレていく、味はしっかりあってもサッパリ飲めるお酒。

生熟していても嫌な熟感はなく、クセはなく後口もサッパリだし、この度数でもアル添のヒリリ感はそれほどでもない。

甘み、旨みたっぷりなのにしっかりした酸とアル添でバランスが取れているのか、熟効果のなのか、マッチョでもバランスよく良い感じ。

度数は高いからそのまま飲んでもいいし、ロックでもいけそうな幅の広さ。

オッサン半可通でもキツイなぁ…という度数が目立つガツンはなく、マッチョボディ感がグイグイくるのに負けじとグイグイ飲んでしまう危険なお酒。

これは300mlなくて180ml缶にしましたが、これはもっとデカイのを買うべきだったなと後悔…。

 

この蔵のお酒を色々飲んでみたくなりました。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月20日 (木)

牧水 本醸造生酒

蔵直(蔵で直接)で購入したお酒。

「牧水 本醸造生酒」
 
武重本家酒造
 
Dsc_2708
 
Dsc_2709
 
精米歩合:59%

アルコール度数:14度

製造年月日:2014年月

値段:300ml445円(税込)

感想

Dsc_2710 

開栓初日(8/14)

冷やしていただく。

フゥ~と瑞々しい口当たりでジュッと瑞々しい甘みとスッとスッキリした酸にギュ~とふんわりした旨みとクゥ~と軽快なコク苦辛さが広がり、その後、ジュ~と瑞々しい甘酸とギュ~とふんわりした旨みのふくらみをス~とした酸とクゥ~と軽快なコク辛さで引けていき、クッとしたコク辛さでキレ。

余韻はフゥ~と瑞々しい甘酸と微かな旨みにス~と軽い辛さの爽快感。

 

 

瑞々しい甘みと酸にふんわりした旨みがスルリと流れがよどみない本醸造生酒。

サッパリスルリと飲めます。

一口目は軽いなぁと感じつつも3口目くらいからは気にせずスイスイ飲めるバランス感。

全部のバランスが良く、アル添感もあまりなく、普通の本醸造もきっとレベルが高いだろうなぁと感じさせるお酒ですね。

この手の生酒は飲みやすいけど美味しいのは少ない印象がありますが、これは許せるレベル。

 

300mlの本醸造生酒でUVカット瓶というのも素敵ポイント。

こういう所ををこだわっている蔵は地元ファンは多いだろうし、半可通も応援したくなります。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年4月 8日 (火)

十九 Sneeuwpop

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

「十九」に関しては、お酒の名前が間違っていても誤差の範囲内ということで…(笑)

「十九 Sneeuwpop」
 
尾澤酒造場
 
Dsc_0569
 
Dsc_0570
 
使用米:長野県産米

精米歩合:65%

アルコール度数:18度

製造年月:平成26年1月

蔵出年月:平成26年1月

値段:1升2,500円(税込)

感想

Dsc_2291

開栓初日(2/11)

冷やしていただく。

上立ち香は、スゥ~とカルピスソーダっぽい香り。

口に含むと、スゥ~と微発泡感ある口当たりでジュウッと爽快な甘みとスッとスッキリした酸に、ギュウ~と太さはそれほどないが程よい厚みのある旨みがクカ~とした軽い渋コク&爽快な微発泡感と共にふくらみ、その後、ジュ~と爽快な甘酸とギュ~とした旨みに微発泡感&軽い渋みのふくらみをス~とした酸と軽い渋み&微発泡感で引けていき、クッとした爽快感でキレ。

余韻はスゥ~とした軽いペリエ感と渋みに微かな旨み。

 

2/18

冷やしていただく。

フゥ~と微かに爽快&オリのやわらかな口当たりでジュウッとした甘みとスッ!と爽快な酸に、ギュウッと太さはないがやや硬質で詰まった旨みがクカ~としたややドライなコク辛さと共に広がり、その後、ジュウ~とした甘みありつつ爽やかな甘酸とギュウ~とした旨みにクゥ~とした軽いコク辛さのふくらみをシルキーなオリガラを残しつつス~と爽やかな酸とクゥ~とした軽いドライなコク辛さで引けていき、クッとした軽いドライ感と辛さでキレ。

余韻はフゥ~とシルキーな甘旨みとスゥ~と軽いドライ感&爽快感。

 

初日よりもエアリーシルキーになり、キレ感も増した。

 

 

ジューシーな甘みはあっても爽快な酸とキレでサッパリシルキーなオリ酒。

心地よい微発泡感と甘み&スッキリした酸の味わいと香りにガラった色で、どこかカルピスソーダを連想させる(笑)

新酒のオリ酒でもツンツンしていないし、シルキーでギュッと詰まった旨味感が楽しめる。

軽いドライ感はお米由来って感じで、それがいい感じの締り&キレでお酒だけでもいけるタイプ。

 

スルリと飲めつつ満足感はしっかりあって、ラベルに合った味わいですね。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月27日 (木)

十九 M 生酒

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

 
「十九 M 生酒」
 
尾澤酒造場
 
Dsc_2262
 
Dsc_2263

使用米:長野県産米

精米歩合:45%

アルコール度数:16度

製造年月日:平成25年4月

蔵出年月:平成25年12月

値段:1升3,150円(税込)

感想

Dsc_2269

開栓初日(1/24)

冷やしていただく。

上立ち香は、フゥ~と糖度の高いリンゴのような香り。

口に含むと、スゥ~とした口当たりで軽やかジュウッとした甘みとスッとスッキリした酸にギュウ~ときれい且つ程よい旨みとクゥ~とした上品なコク&微かな渋みがふくらみ、その後、ジュウ~と瑞々しい糖度の高いリンゴのようなジューシー甘酸とギュ~と軽やかな旨み&微かな渋みのふくらみをフ~とした軽やかな酸とス~とした上品なコク&微かな渋みでフェードアウトしていき、クッとした微かな辛さでキレ。

余韻はフワ~ンとした軽い甘旨みとス~と微かに酸と渋みの爽快感。

 

美味い。

 

 

1/30

冷やしていただく。

スゥ~とした口当たりでジュウッとした軽くしっとりした甘みとスッとした酸にギュウ~ときれい且つ程よい旨みとクゥ~と軽く硬質なコク苦みがふくらみ、その後、ジュウ~と糖度の高いリンゴっぽいしっとりジューシーな甘酸とギュ~とした旨み&軽く硬質なコク苦みのふくらみをス~とした酸とクゥ~とした軽いコク苦みでフェードアウトしていき、クッとした軽い苦辛さでキレ。

余韻はフゥ~とふんわりしつつしっとりした甘旨みとクゥ~と軽い苦辛さ。

 

初日よりも多少ジュワリとしつつ、苦みと硬質なコクも出た。

 

 

 

糖度の高いリンゴ様な多少しっとりジューシーな甘酸ときれいかつ程よい旨みを軽い苦みでキレていくお酒。

ふんわりした旨みと角のとれた甘みがしっかりありつつサッパリしていてつい飲み過ぎる。

後半&余韻に薄ら硬質な穀物味と微かな渋みがほんのりあって、それがまた心地良い。

この軽やかな甘い香りと味わいにきれい且つしっかりした旨味感があって、これはコスパ良し。

 

フレッシュ感と角のとれたまろやかさを楽しめますが、開栓初日はいいけど3日くらい経つとちょっとまろやか過ぎる感じ。

そんなんで、美味しく飲めるから外飲み1杯には良い感じだけど、家で1升瓶飲みだと後半はちょい飽きました。

 

売り切れて買えなかったけど小さい試飲瓶だけがなぜか残っていて(笑)、それを少し飲ませてもらった超美味夏の45%のお酒に比べると、同じ45%でも半可通のハマリ度は低いかも…。

というか、夏の45%が好み過ぎたのかな?(笑)

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

2010 参加したイベント | 2010 蔵見学&蔵拝見 | 2010 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2011 参加したイベント | 2011 蔵見学&蔵拝見 | 2011 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2012 参加したイベント | 2012 蔵見学&蔵拝見 | 2012 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2013 参加したイベント | 2013 蔵見学&蔵拝見 | 2013 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2014 参加したイベント | 2014 蔵見学&蔵拝見 | 2014 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2015 参加したイベント | 2015 飲んだ日本酒(リキュール含む) | グルメ・クッキング | 三重県のお酒 | 京都府のお酒 | 佐賀県のお酒 | 兵庫県のお酒 | 和歌山県のお酒 | 埼玉県のお酒 | 外飲み | 大阪府のお酒 | 奈良県のお酒 | 宮城県のお酒 | 富山県のお酒 | 山口県のお酒 | 山形県のお酒 | 岐阜県のお酒 | 岡山県のお酒 | 岩手県のお酒 | 島根県のお酒 | 広島県のお酒 | 徳島県のお酒 | 愛媛県のお酒 | 愛知県のお酒 | 新潟県のお酒 | 日本酒 | 日本酒イベント情報 | 日記・コラム・つぶやき | 東京都のお酒 | 栃木県のお酒 | 滋賀県のお酒 | 石川県のお酒 | 神奈川県のお酒 | 福井県のお酒 | 福岡県のお酒 | 福島県のお酒 | 秋田県のお酒 | 群馬県のお酒 | 茨城県のお酒 | 読書 | 酒造組合 | 長野県のお酒 | 青森県のお酒 | 静岡県のお酒 | 香川県のお酒 | 高知県のお酒 | 鳥取県のお酒