山形県のお酒

2015年2月20日 (金)

上喜元 純米 雄町

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

溜まりすぎているので感想だけをあげていく…。

「上喜元 純米 雄町」
 
酒田酒造
 
Dsc_3737
 
Dsc_3738
 
使用米:雄町

精米歩合:65%

アルコール度数:16度

製造年月日:2014年10月

値段:1升2,700円(税込)

感想

Dsc_3740

開栓初日(12/10)

冷やしていただく。

 

調度良い糖度のある柑橘系の甘酸と程よい弾力のある旨みに、心地よいキレときれいさを楽しめるお酒。

スッキリした酸と程よい甘みで上品な柑橘系の甘酸に、この精米歩合なのに程よくきれいでボリュームも心地よく、キレはシュッで余韻も心地よく、バランス&流れはさすが!というお酒ですね。

この精米歩合でも吟醸感があってさすがだなぁという完成度と隙がない感じで、美味しいけど面白味がないなぁといつも思うのが「上喜元」(苦笑)

 

美味い。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年12月11日 (木)

上喜元 純米吟醸おりがらみ 中秋の風花

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

溜まりすぎているので感想だけをあげていく…。

「上喜元 純米吟醸おりがらみ 中秋の風花」
 
酒田酒造
 
Dsc_3078
 
Dsc_3079
 
Dsc_3081
使用米:五百万石

精米歩合:55%

アルコール度数:14度以上15度未満

製造年月日:2014年9月

値段:1升2,808円(税込)

感想

Dsc_3083_2

開栓初日(9/14)

冷やしていただく。

 

爽やかな甘酸なのにサッパリしすぎずまろやかで、シルキーで詰まった旨みとスッキリしたキレのある完成度の高いお酒。

爽やかなのに甘み酸のどちらも主張しすぎず、しかもまろやか。

オリガラなのに旨み軽快だが物足りなさのない旨味感があって、しかもまろやか。

オリガラの火入れなのにフレッシュさがある火入れ具合で、引っかかりなくフワリスル~で余韻も心地よい。

お燗にしてもオリっているお酒にありがちなツーンというアルコール感もなく色々素晴らしい!

 

全てが計算された印象で、非常に完成度の高いひやおろし。

開けて1週間でシルキーな味わいになり、変化も楽しめる一升瓶家飲みがいいかも。

超好み!というわけでもないですが、よく出来たお酒です。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 4日 (木)

くどき上手Jr. 純米大吟醸山田穂

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

溜まりすぎているので感想だけをあげていく…。

「くどき上手Jr. 純米大吟醸山田穂」
 
亀の井酒造
 
Dsc_2728
 
Dsc_2730
 
使用米:山田穂

精米歩合:44%

使用酵母:M310、1801

日本酒度:±0

酸度:1.2

アルコール度数:17度以上18度未満

製造年月日:2014年6月

値段:1升3,780円(税込)

感想

Dsc_2740

開栓初日(8/27)

冷やしていただく。

 

しっとりとした甘みとちょい華やかな香りがあるのにしつこくなく、しっかり厚みのある旨みがあるのにきれいでスルリとキレていくお酒。

華やか系でも香りの主張はそれほどなく、上品な香りと甘み。

華やか系ジューシーなのに後口サッパリだし、旨みしっかりなのにきれいなふくらみで後口も心地よい。

そしてカプ苦もなくてチャイルド舌半可通でもいける仕様だし、余韻のふんわりさと鼻に抜ける香りなど、これ系をあまり飲まない半可通でも素直に美味いと感じるお酒ですね。

しかもこの精米歩合で旨みしっかりあるのに44%!というきれいさも併せ持つ。

 

山田穂ということでちょい家冷で寝かしていましたが、正直要らないですね(苦笑)

伸びるよりも張りがなくなる気がして、買ったらさっさと開ける方がいいかも。

開栓後1週間くらいの変化はふんわりさが増して楽しいですので、開けて3日くらいで空けなくちゃ!という必要はないかと。

 

美味い。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年10月 8日 (水)

白露垂珠 無濾過生酒活性微発泡 どらごん 2013BY

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

「白露垂珠 無濾過生酒活性微発泡 どらごん」
 
竹の露合資会社
 
Dsc_2216
 
Dsc_2222 
 
使用米:(麹)美山錦(掛)出羽きらり

精米歩合:65%

日本酒度:2

酸度:1.1

アミノ酸度:0.6

アルコール度数:14.5度

製造年月日:2014年6月

値段:1升2,214円(税込)

感想

Dsc_2224

開栓初日(6/29)

冷やしていただく。

上立ち香は、スゥ~と爽快な香りとオリの香り。

口に含むとやわらか~い口当たりで微かにシュッという爽快感とジュッと爽快な甘酸にギュッと締まった感じの旨み&オリのしっかりした旨みがクゥ~と軽快なコク渋み&微かなアルコール感と共に広がり、その後、シュ~と爽快な甘酸とギュウ~としたオリの旨みのふくらみをス~とスッキリした酸とクゥ~と軽快なコク渋辛さで引けていき、クッとした軽いコク辛さでキレ。

 

7/8

冷やしていただく。

フゥ~とやわらか~い口当たりでスゥ~と爽やかな甘みと酸にギュウ~と締まった旨み&オリのボリュームある旨みとクゥ~と軽いコク辛さが広がり、その後、ジュ~スィ~と爽快な甘酸とギュ~とオリの旨みのふくらみをス~と爽やかな酸とクゥ~と軽いタッチのコク辛さで引けていき、クッとした軽い辛さでキレ。

余韻はスゥ~と軽く爽やかな酸と軽い旨みにスゥ~と軽いタッチの辛さの爽快感。

 

初日よりも爽やか味とオリの旨みがふんわりだし、辛さも軽いタッチになって飲みやすくなった。

 

 

きれいで爽やかな甘みと酸にしっかりしたシルキーなオリの旨味がドロドロせずスルッと飲める、後口もサッパリなにごり酒。

軽やかな口当たりのにごり酒で、甘酸はスッキリしていて旨みも締まったタイプのにごり酒なので、しっかりしつつしつこさのない食中酒系にごり。

発泡感はホントに微発泡で、活性感はほとんどないタイプ。

アルコール感はあまりなく、このオリの旨味と度数と味わいのバランスはけっこう好き。

 

やわらかな仕込み水にこの爽やかな甘みと透明感ある酸は夏向きですね。

夏酒の薄ら甘いタイプは好きではないですが、このスッキリした甘みと爽やかな酸は肉も良いけど夏野菜料理とも合いそう。

こういうしっかりにごりでアル添でもツンツンしていないし、ドロドロもしていなくてオリの旨味たっぷり味わえるお酒は希少。

ただお酒だけで飲むタイプではないので、好みは分かれるかもしれません。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月22日 (水)

上喜元 純米酒 雄町

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

この時飲んで美味しかったのを思い出し、今頃購入。

「上喜元 純米酒 雄町」

酒田酒造

Dsc_2187

Dsc_2188

使用米:雄町

精米歩合:65%

アルコール度数:16度

製造年月:2013年9月

値段:1升2,625円(税込)

感想

Dsc_2192

開栓初日(11/21)

冷やしていただく。

上立ち香はフゥ~とスッキリした甘い香り。

口に含むと、ス~とした口当たりでジュッとした甘みとスッとややシャープな酸にギュウ~と品の良いボリューム&ちょい弾力のある旨みとクゥ~と軽い穀物味のあるコクが広がり、その後、ジュウ~と爽やかジューシーな甘酸とギュウ~とした旨み&穀物味のふくらみをスゥ~とした酸とクゥ~としたコク辛さで引けていき、クッとしたコク辛さでキレ。

余韻はフゥ~と軽くやや旨み優位の甘旨みに軽い酸と辛さの爽快感。

 

美味い。

 

12/2

冷やしていただく。

スゥ~とした口当たりでさっぱりジュウッとした甘みとスッとスッキリした酸にギュウ~と程よい弾力とボリュームのある品の良い旨みとクゥ~と軽い穀物味のあるコクが広がり、その後、ジュウ~とスッキリした甘酸とグゥ~とした程よい弾力のある旨み&微かな穀物味のあるコクで引けていき、クッとしたコク辛さでキレ。

余韻はフワ~とした上品な旨みと微かな穀物味。

 

初日よりもふんわりした旨みが増し、よりメリハリがついた。

 

美味い。

 

 

 

 

サッパリしつつジューシーな味わいと程よい弾力のある旨みを柑橘系のスッキリした酸とキレでキレていくお酒。

シャープ過ぎないシャープな酸と品の良いボリュームと穀物味が良い感じで、甘みしっかりあるが酸でマスキングされて爽やかな甘み感。

キレもシュッと心地よい辛口感なのでお酒単独でもいいし、何か食べながらでも良い感じ。

 

全体的に過ぎない味わいや香りにキレで、ものすごくまとまっている印象。

飲みごたえありつつ上品で、精米歩合以上の吟醸感と精米歩合らしい雄町のボリュームと穀物味を楽しめるし、最後まで崩れずに張りはしっかり保ったままで、さすが「上喜元」!

この手の香りと酸が引っ張っていく系はホント半可通好み♪

 

これは季節ものなのかな?

それなら毎年リピ確実!

 

そして次回は同じ精米歩合の山田さんのも家飲みしてみなくては!

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年1月12日 (日)

お正月に飲んだお酒

元旦。

実家にて。

Dsc_0498

「吉乃川 にごり酒 甘酒仕立て」

実家で用意されていたお酒ですね。

サラッとしているし、甘めですが糖添されていない甘酒っぽい甘さなので美味しく飲めました。

んでは、本格的に飲みますかと半可通が持ってきたのは、これ。

Dsc_0501

「上喜元 出羽燦々 純米大吟醸中取り生」

「酔鯨 純米酒中取り」

です。

元旦集まるのはうちの家族だけだし、弟は体調不良で来ないということなので、飲むのは父と半可通だけなので4合瓶2本で充分でした。

「上喜元」は出羽燦々40%中取りというだけあって、上品なふくらみと香りにきれいな味わいのお酒でした。

ただこの時期飲むには、このスペックだと味が細い(苦笑)

飲み頃はもっと先ですね。

「酔鯨」の方はこの時に買ったやつ。

飲んでみたら確かに勝手に売れていくというのも納得の味わいときれいさ。

火入れ感のない丸い味わいにサッパリした香りとキレで、父も半可通もこればかり飲んでいました。

やはり正月のような長時間ダラダラと食べ飲むときは香りある高いお酒もいいですけど、こういうのもあるといいなぁと実感。

この他スパークリングワインやビールなどをいただく…。

 

そして翌日は嫁の実家へ…。

Dsc_0525

飲んだのは、頂き物だという桐箱入りだった「こしのはくせつ 大吟醸 無濾過瓶火入れ」

Dsc_0527

写真撮っていませんが、「醸し人九平次 純米大吟醸山田錦生」

「雪の茅舎 純米吟醸生」

を持っていきました。

「こしのはくせつ」は常温でいただきましたが、火入れ感というか日当て感といいますか、そんな感じのがあって皆さん飲みづらそうでした。

度数も17~18度ですし。

味わいが丸くなっていた分もったいないなぁと。

保管状態いいのを飲んでみたかった…。

「醸し人九平次」は超ウマウマ♪

フレッシュ封じ込めという製造管理の素晴らしさと開けたてからいけるジューシー具合♪

「雪の茅舎」もサッパリフルーティな感じでスルスル飲めますが、おせちなどと飲むには九平次の方が合っていましたね。

それに車に揺られて持って行ったので、その辺のコンディションも関係していたかも…。

それでも問題ない九平次スゲェ!という話でもあるんですけどね(笑)

他にはビール多量にワインも頂いちゃいました。

 

3日は自宅に戻り、年末に開けたお酒を飲んで三が日は過ぎて行きました。

 

 

こういう普段日本酒飲まない人のところへ日本酒持っていくのは正月くらいですけど、ようやくこういうのを持っていくのが良いのかな?というのが分かってきました。

若い人がいるなら無濾過生原酒とかもいいですけど、大人メインなら生酒でも度数は15度や16度くらいのお酒にして、ちょい酸あるお酒くらいのほうがおせちやご馳走には合う。

日本酒マニアやオタクはつい自分基準でチョイスしてしまいますが、老若男女揃うときはワイン寄りのがいいのかもという結論に達しました。

なので来年はアレを持って行こう!

正解は1年後で!(笑)

 

ということで、あけましておめでとうございます!(遅)

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2013年10月23日 (水)

秀鳳 特別純米無濾過生原酒中汲み 雄町

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

「秀鳳 特別純米無濾過生原酒中汲み 雄町」

秀鳳酒造場

Dsc_1627

Dsc_1628

Dsc_1629

使用米:雄町

精米歩合:55%

使用酵母:山形酵母

日本酒度:±0

酸度:1.4

アルコール度数:18度

製造年月日:平成25年6月

値段:4合1,470円(税込)

感想

Dsc_1632

開栓初日(8/15)

冷やしていただく。

上立ち香は、フゥ~と甘い吟醸系の香り。

口に含むと、スゥ~とした口当たりでジュウ~としたしっとりジューシーな甘酸とグッと当たりのやわらかい丸いボリュームのある旨みにクゥ~と微かな爽快感と苦みがふわりとふくらみ、その後、ジュウ~とした甘みがメインの甘酸とグゥ~とした丸い旨みをスゥ~とした酸とクゥ~とした軽い爽快感と薄らとした苦みでフッと引けていき、クッとした軽い苦辛さでキレ。

余韻はフゥ~としたしっとりした甘旨みとスゥ~とした軽い爽快感。

 

美味い。

 

旨味しっかりなのに当たりはやわらかく丸いボリューム感。

甘みもしっかりでもしつこくなく、旨味のボリュームともマッチしている。

上立ち香よりも含み香の方が立つので、余計に1杯の満足度が高い。

 

8/22

冷やしていただく。

フゥ~とした口当たりでジュウッとしっとりした甘みとスッと程よい酸にギュウッとした丸いボリュームのある旨みとクゥ~としたコク苦みがふくらみ、その後、ジュ~としっとりした甘酸とギュウ~とした旨み&軽い苦みのふくらみをス~とした酸とクゥ~としたコク苦みで引けていき、クッとした苦辛さでキレ。

余韻はフゥ~とした甘旨みと軽い苦辛さの爽快感。

 

初日よりもしっとりさとボリュームが増した。

 

 

 

しっとりした甘酸と雄町らしいボリュームと丸みを楽しめる吟醸系のキレのある酒。

開けて5日くらいで艶やかさが出て、しっとり甘みとの絡みでエロい感じ。

以前よりも酸が目立たないのもあって、余計にそう感じますね。

その分1杯の満足度も上がって半可通には4合瓶で調度良かった。

 

個人的には3日目くらいで飲み切るのがウマウマスイスイ飲めていいかも。

キレが吟醸カプ苦ですし、チャイルド舌半可通はこれ系が元々そんなに飲めないのもあるので4合瓶が正解(苦笑)

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月14日 (火)

くどき上手 純米大吟醸10年古酒

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

くどきの古酒に興味あって購入してみました。

いつ開けようかな?と悩んでいる時に後数ヶ月で結婚10年なのを思い出し、さらにオネンネ。

「くどき上手 純米大吟醸10年古酒」

亀の井酒造

Dsc_1237

Dsc_1238

使用米:山田錦

精米歩合:45%

使用酵母:小川10号

日本酒度:-1.0

酸度:1.5

アルコール度数:17度以上18度未満

製造年月日:24年11月

値段:1升4,200円(税込)

感想

Dsc_1239

開栓初日(2/11)

冷やしていただく。

上立ち香は、スゥ~と上品な練れた香り。

口に含むと、スゥ~とした口当たりでジュ~としっとりしつつ密度の濃さを感じる甘みとくどきにしてはスッとした多少太さのある酸に、程よいボリュームと丸み&多少密度のある旨みとクゥ~としたコク辛さがふくらみ、その後、ジュウ~と多少密度のある甘旨酸のふくらみをスゥ~とした酸とクゥ~とした辛さでフェードアウトしていき、クッとした辛さでキレ。

余韻は、フゥ~と上品且つ密度は濃いが軽やかな甘旨みとフゥ~とした爽快感。

古酒でも保管状態の良さなのか、純大だからか分かりませんが、古酒感あっても飲みやすい。

含み香は多少ココアっぽい。

旨み端正でツルリ。

3/8

常温でいただく。

スゥ~とした口当たりでジュウ~と密度は濃いが上品な甘みとスッとした酸にギュ~と程よい弾力のある旨みとジリッとしたコク苦みがふくらみ、その後、ジュウ~と上品で密度の濃い甘酸とギュ~ジリ~とした旨み&辛さのふくらみをスゥ~とした酸とクゥ~としたコク苦辛さでフッと引けていき、クッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、フワ~とした甘旨みと心地よい辛さの爽快感。

初日よりも、メリハリがでたがアルコールの高さも感じるようになった。

 

 

古酒らしい密度の濃い甘みと酸にツルリと丸い旨みを上品にスルリと飲める純大らしい古酒。

ふわりとした旨みでも10年古酒だからか、飲みごたえはしっかり。

まぁ度数も高いから、それの影響もあるだろうけど。

個人的には冷酒や冷やよりも、45度くらいのお燗の方が甘旨みふっくらで苦み目立たずシュッというキレ感だし、流れもふんわり。

ですので、余韻も含め贅沢味が楽しめて45度燗が好みでした。

香りのある吟醸系のお酒をお燗するのは個人的には甘ったるい香りがして苦手ですが、これは良い感じ。

ビバ!エイジング。

 

貴重なお酒をこの値段で飲める幸せ。

こういうのを美味い不味い言うのや、通常の…とか比べちゃうのはホント野暮。

10年という歳月を噛み締めつつ、ただただ感謝していただきましょう(笑)

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2013年3月 7日 (木)

くどき上手 大吟醸 澱がらみ

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

この時に試飲はしていたので発売直後に飲むのではなく、寝かしたのでもいいかなと家冷でオネンネさせていた酒。

「くどき上手 大吟醸 澱がらみ」

亀の井酒造

Dsc_0975

Dsc_0976

使用米:播州山田錦

精米歩合:35%

使用酵母:M310・KA

日本酒度:-1

酸度:1.2

アルコール度数:17度以上18度未満

製造年月日:24年5月

値段:1升4,300円(税込)

感想

Dsc_0981

開栓初日(12/6)

冷やしていただく。

上立ち香は、フワ~ンとくどきらしい華やかな香りと薄らオリの香り。

口に含むと、フゥ~とした口当たりでジュウ~とした派手過ぎない上品な甘みとツゥ~と丸みのある旨みにフゥ~とした酸とクゥ~とした上品なコク辛さがフゥ~とふくらみ、その後、フゥ~と瑞々しい甘みと酸にツゥ~とした旨みとクゥ~とした上品なコク苦みのふくらみをフ~とした酸とクゥ~とした上品なコク辛さでフェードアウトしていき、クッとした辛さでキレ。

余韻は、フゥ~と上品な甘旨みとクゥ~とした軽いアルコール感。

美味い。

華やかなのに上品でしつこくなく、後口は軽いアルコール感。

大吟らしい上品な華やかな甘みにオリガラの旨みがアクセント程度に効いていて、上品さは損なわず旨味をちょい足し。

カプ苦あまりなく、熟感もなく、オリガラの旨味はあるとはいえ、山田さんのこのクラスはまだまだ伸びますね。

12/22

冷やしていただく。

フゥ~とした口当たりでジュ~と上品でしっとりした甘みとフッとした酸に、ツゥ~とした上品且つ丸みと弾力のある旨みとクゥ~と上品な苦コクがふくらみ、その後、ジュウ~としっとり上品なジューシー甘酸とフゥ~とした旨みのふくらみをスゥ~とした酸とクゥ~と軽やかな苦コクでフ~とフェードアウトしていき、ク~とした軽やか苦みを残しつつそのままフェードアウト。

余韻は、フワ~と上品で軽いタッチの甘旨みのふくらみと微かに苦辛さの爽快感。

初日よりもエアリーでふんわりスルリというしっとりふわり酒になった。

美味い!

 

 

上品でしっとりとした甘みと丸みと弾力のある上品な旨味を味わえる、上品さとボリュームの両方イイトコどりなお酒。

開けて1週間くらい経つとオリのクセが目立たなくなり、エアリーオリガラ酒となって旨味ありつつフワ~と上品な味わいになる。

こんなオリガラ酒飲んだ事ないわ!というワンランク上のふくらみと味わいのお酒。

くどきの山田さんはやっぱりスゴイです!

そして半可通の千里眼もスゴイです!(じがじーさん)

 

色々なお米のお酒もいいですが、バランスの良いお酒として山田さん使用の三千円台純大を定番にして欲しいなぁ~。

バランス良かった美郷錦は昨年の発売なかったし。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2013年1月 7日 (月)

元旦二日

あけましておめでとうございます。

 

元旦は半可通の実家、二日は嫁の実家で過ごしておりました。

元旦に飲んだのは、これ。

201301011226000

「松竹梅 特別純米酒 祝彩」(父が用意していた)

金粉入りというゴージャス仕様。

めでたいですな!

それと、これ。

201301011220000

「栄光富士 純米大吟醸無濾過生原酒 直汲み」

試飲した時に美味いし、このスペックなのにお手頃だったので、半可通実家用(1升瓶)と嫁実家用(4合瓶)と2本購入。

これは開けたてのヒヤヒヤをグイグイ飲むのがいいですね。

温度が上がると、40%美山錦できれいですがそこそこ濃いです。

そこそこ香りあって酸がない生原酒だからか、こういう良いお酒を飲み慣れていないからか、温度上がる&ピチ感なくなると飽きてきます(苦笑)

ダラダラと量飲む正月には、火入れのいいヤツをユルユル飲むのがいいかもと最近気づきました。

特に年配の人にこの手のはキツイというのを忘れていました(蒸留酒好きと日本酒マニアは除く)

この他にも一度飲んでみたかったそば焼酎「信濃の仁右衛門」

Dsc_1012お湯割り美味し

「甕雫」(写真忘れ)を実家へ持参して飲んでいました。

今年は親戚集まってではないし、下の子がチョロチョロするようになったので、ゆっくり飲める環境でもなくそこそこ飲んでお開き。

 

翌日は嫁の実家で集まってワイワイ。

こちらも色々あって日本酒飲むのが義兄一人だったので、「栄光富士」を2人で空けてあとはビールメインという感じ。

しかしまぁ、子供が6人も集まると騒がしいですね(苦笑)

 

ということで、予定よりも消費が少なかったからなのか、半可通の計算ミスなのか、次の日から仕事という3日に開けていない純大クラスが3本手元に残っており、暫くはいい酒を楽しめそうです。

まぁ正直言うと、1月3日の夜で良い酒に飽きています…(苦笑)

ホント舌も財布も貧乏仕様。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

2010 参加したイベント | 2010 蔵見学&蔵拝見 | 2010 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2011 参加したイベント | 2011 蔵見学&蔵拝見 | 2011 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2012 参加したイベント | 2012 蔵見学&蔵拝見 | 2012 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2013 参加したイベント | 2013 蔵見学&蔵拝見 | 2013 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2014 参加したイベント | 2014 蔵見学&蔵拝見 | 2014 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2015 参加したイベント | 2015 飲んだ日本酒(リキュール含む) | グルメ・クッキング | 三重県のお酒 | 京都府のお酒 | 佐賀県のお酒 | 兵庫県のお酒 | 和歌山県のお酒 | 埼玉県のお酒 | 外飲み | 大阪府のお酒 | 奈良県のお酒 | 宮城県のお酒 | 富山県のお酒 | 山口県のお酒 | 山形県のお酒 | 岐阜県のお酒 | 岡山県のお酒 | 岩手県のお酒 | 島根県のお酒 | 広島県のお酒 | 徳島県のお酒 | 愛媛県のお酒 | 愛知県のお酒 | 新潟県のお酒 | 日本酒 | 日本酒イベント情報 | 日記・コラム・つぶやき | 東京都のお酒 | 栃木県のお酒 | 滋賀県のお酒 | 石川県のお酒 | 神奈川県のお酒 | 福井県のお酒 | 福岡県のお酒 | 福島県のお酒 | 秋田県のお酒 | 群馬県のお酒 | 茨城県のお酒 | 読書 | 酒造組合 | 長野県のお酒 | 青森県のお酒 | 静岡県のお酒 | 香川県のお酒 | 高知県のお酒 | 鳥取県のお酒