東京都のお酒

2015年2月15日 (日)

丸眞正宗 純米吟醸しぼりたて

練馬にある酒屋さんで購入したお酒。

溜まりすぎているので感想だけをあげていく…。

 

駅前に用事あって行ったら、店頭の幟に「十二六」。

御園竹のお酒が買えるかな?とお店に入ったら御園竹のお酒はなかったですが(十二六は予約受付中だった)、まさかのこれが。

赤羽行かずに買えた♪

「丸眞正宗 純米吟醸しぼりたて」
 
小山酒造
 
Dsc_3726
 
Dsc_3725
 
使用米:国産米

精米歩合:60%

アルコール度数:15度

製造年月日:2014年11月

値段:4合1,543円(税込)

感想

Dsc_3727

開栓初日(12/6)

冷やしていただく。

 

程よい甘旨みとスッキリした酸のあるサッパリ飲めるお酒。

しぼりたてらしいフレッシュ感ある甘酸と程よい旨みでスル~ときてシュッとキレ。

どこか青草のような風味もあって余韻も心地よい。

味&香りのベースは食中寄りのサッパリ系ですが、お酒だけでもいけるタイプ。

個人的には春頃まで引っ張って生熟した感じも良さげ。そんなにダレなそうだし。

なんとなく、基本火入れ設計だからかなぁと勝手に決めつけ。

 

美味い。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月 6日 (木)

丸眞正宗 吟醸辛口

とある機会に蔵直で購入したお酒。

「丸眞正宗 吟醸辛口」
 
小山酒造
 
Dsc_2439
 
精米歩合:60%

アルコール度数:15度

製造年月日:2014年7月

値段:300ml514円(税込)

感想

Dsc_2452

開栓初日(7/28)

冷やしていただく。

上立ち香は、スゥ~と軽く爽やかな甘みとちょい旨みを感じる香り。

口に含むと、ス~とした口当たりでやわらかジュウッとした甘みとスッとスッキリした酸にギュ~とちょいシャープで程よい旨みとク~と軽快なコク苦辛さが広がり、その後、ジュ~と瑞々しい甘酸にギュ~とちょいシャープな旨みとコクのふくらみをス~とスッキリした酸とク~と軽快なコク辛さで引けていき、クッとしたコク辛さでキレ。

余韻はフゥ~とやさしい甘旨みとス~と軽いアルコールの辛さ。

 

 

瑞々しくやわらかい甘酸と程よい旨みにスッキリしたキレ&余韻のあるお酒。

丁度夏向きなやわらかさと瑞々しさのある甘旨みとスッキリした酸で、キレはヒリリとした辛口というよりもスッキリした辛口テイストでこれまた夏向き(飲んだ時は夏death)

アル添感はあまりなく、軽快さとスキッとした辛口具合。

管理もよく23区内にある蔵のお酒といっても質は中々。

 

様々な考え方や方針があるとは思いますが、これだけ良いお酒を造っているのにアイテム数&スペックは地方のイマイチな蔵レベルで正直もったいないなぁと…。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年11月 4日 (火)

丸眞正宗 本格辛口

とある機会に蔵直で購入したお酒。

「丸眞正宗 本格辛口」
 
小山酒造
 
Dsc_2436
 
精米歩合:70%

アルコール度数:15度

製造年月日:2014年7月

値段:300ml463円(税込)

感想

Dsc_2449

開栓初日(7/27)

常温でいただく。

上立ち香は、スゥ~と微かに爽快な甘い香り。

口に含むと、フゥ~とした口当たりでやわらかな甘みとスッとスッキリした酸にギュ~とした旨みとクゥ~とした軽いコク苦み&軽いアルコールの辛さが広がり、その後、ジュ~とやわらかな甘酸とギュ~とした旨み&軽いアルコールの辛さのふくらみをス~とした酸とクゥ~としたコク苦辛さで引けていき、クッとした辛さでキレ。

余韻はフゥ~とした微かな甘旨みとス~とした辛さの爽快感。

 

 

やわらかな甘旨酸とアルコールの辛さでキレていく、ちゃんとした普通酒。

普通酒でも嫌な練れやペカペカもなく、心地良い香りとやわらかさでスイスイ飲んでしまう。

アル添感はあってもあくまでもキレに繋がるアル添感で悪くはない。

混ぜ混ぜ普通酒というよりも、専用設計&コンディションの良さで地元で飲まれているのがよく分かる質。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年3月 6日 (木)

東力士 純米無濾過生原酒おり絡み 極一滴雫酒 新酒壱号

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

「東力士 純米無濾過生原酒おり絡み 極一滴雫酒 新酒壱号」
 
島崎酒造
 
Dsc_2226
 
Dsc_2227
 
Dsc_2228

精米歩合:60%

アルコール度数:17度以上18度未満

製造年月:2013年11月

値段:1升2,520円(税込)

感想

Dsc_2229

開栓初日(12/26)

冷やしていただく。

上立ち香は、スゥ~と爽快な酸と甘い香り。

口に含むと、スゥ~と軽い爽快な口当たりでジュッと爽快な甘みとスッ!と爽快な酸にギュウ~と細身だがしっかりした旨みがクゥ~と上品で軽快なコク渋みと共に広がり、その後、ジュウ~と微かに酸が主張する甘酸とギュウ~とした旨みに心地よい爽快感のあるふくらみをスゥ~とスッキリした酸とクゥ~とした爽快感に軽いコク渋辛さでスッと引けていき、クッとしたコク渋辛さでキレ。

余韻はフゥ~とした軽い甘旨みとスゥ~とした軽い酸に軽い爽快感。

 

美味い!

 

1/9

冷やしていただく。

スゥ~と爽快な口当たりで爽やかジュウッとした甘みとスッ!と爽快な酸にギュウ~と細身だがしっかりした旨みとクゥ~と軽快なコク辛さが広がり、その後、ジュウ~とした甘酸とギュウ~と細身だがしっかりした旨みのふくらみをスゥ~とした酸とクゥ~とした軽快なコク辛さで引けていき、クッとしたコク辛さでキレ。

余韻はフゥ~とした甘旨みにス~と微かな酸とス~とした辛さ&渋みの爽快感。

 

初日よりも硬さがなくなり、ふんわりさとジューシーさが増した。

 

美味い。

 

 

 

新酒らしいフレッシュさに爽やかジューシーな甘酸としっかりした旨みを楽しめるお酒。

新酒らしい爽快感と硬さはありつつ、爽やか甘酸と旨味はしっかり楽しめる。

旨味しっかりでも細身なタイプで、ちょい硬質な感じでガラっていてもシルキーなので、上品さを邪魔せず旨味ちょい足しなのも素敵。

 

含み香&上立ち香も爽やかな香りで半可通好みだし、フレッシュ感と味わいの両方しっかり楽しめる新酒。

 

このピチピチしたジューシーさもいいですし、このままちょい寝かしのピチジュワジューシーも飲んでみたくなる味わいのお酒。

オリがシルキーなので、味ノリしてもきっとスル~と滑らかな口当たりだろうし、ちょい寝かし向きかなと。

 

これは毎年買いですね!

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年8月29日 (日)

嘉泉 白麹使用純米酒

蔵へ行ったときに購入したお酒。

「嘉泉 白麹使用純米酒」

田村酒造場

Dscn2899

Dscn2900

Dscn2901

精米歩合:80%

日本酒度:+1

酸度:2.3

アルコール度数:15度以上16度未満

製造年月日:2010年5月

値段:4合1,050円(税込)

感想

Dscn3062

開栓初日(6/26)

常温でいただく。

上立ち香は、モハァ~とした酸と軽い熟成感ある香り。口に含むと、スッスッ~とした独特な酸と軽くジュッとした甘みに、ギュッとした旨みとジリ~としたコクが不思議な風味&含み香と共に広がり、その後、フ~とした酸にスキ~とした苦コクで引けていき、キッとした苦辛さでキレ。余韻は、苦みと爽快感に薄らとした酸と独特の含み香。

味ノリしていて、丁度良い飲み頃感。

開けたては、んっ?飲みづらいかも・・・と思ったが、少し時間が経つとしっかりとした酸を感じても普通に飲める。

ただ、含み香は独特。

お燗でいただく。

ホワッ!としたやわらかでしっかりした酸とスッと爽快な甘みにクッとした旨みとコクが広がり、その後、フワ~とした甘みがふくらみつつス~と爽快な酸とクッとした爽快感で引けていき、フッとキレ。余韻は、軽い甘みとフワ~ンとした酸。

お燗だと甘みが残る感じ。熱目のお燗だとキレキレで、味わうには40度以下くらいがいいけど、そのくらいの温度だと少々甘みと雑味的な物が残る。この雑味感は、アミノ酸的な物なのかな?

これは好みの温度帯は様々かも。

7/11

お燗でいただく。

スッスー!とした爽快でしっかりした酸とスッキリした甘みにグ~と程よい旨みとキューとしたアミノ酸的なコクが広がり、その後、スー!とした酸とキュ~とした苦コクで引けていき、苦辛さでキレ。

初日よりもふっくらしてメリハリを感じる。

 

しっかりだがやわらかな酸とアミノ酸的な旨味のあるお酒。

甘みもやわらかで、ホントお燗向き。40度以上のお燗にするとふっくらして、いい感じ。冷やだと良さは出ませんね。

酸の感じは、酸酒が好きなら余裕の範囲。

これはこれでいいけど、呑みきりの時に飲んだ程の感動はなかったので、これの生原酒とかを飲んでみたいかなぁ。面白い味だったし、好きな人ははまると思うんだけど。

 

人気ブログランキングへ

blogram投票ボタン

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010年7月21日 (水)

嘉泉 特別本醸造

蔵へ行ったときに購入したお酒。

「嘉泉 特別本醸造」

田村酒造場

Dscn2895

精米歩合:60%

アルコール度数:15度以上16度未満

製造年月日:2010年5月

値段:180ml200円代だった(失念)

感想

Dscn2905

開栓初日(6/6)

常温でいただく。

上立ち香は、スゥ~と軽い酸味と薄らとコクを感じる香り。口に含むと、瑞々しい口当たりに溶けこむフッとやわらかな甘みとスッとした酸に、クッと程よい旨みがヒリ~としたコクと共に広がり、その後、スィ~とした酸にク~としたコクとジリ~としたアルコールの辛さで引けていき、クッとしたコクとアルコール感の辛さでキレ。余韻は、軽いアルコールのジンジン感。

お燗でいただく。

フワッとやわらかな甘みとスッとした酸にク~とした旨みと爽快なコクがフッとふくらみ、その後、ス~とした酸にスキ~としたコクとアルコールの爽快感で引けていき、キッとした苦コクとアルコールの辛さでキレ。余韻は、アルコールのジンジン感。

 

フッとやわらかな甘みで、全体の味わいのバランスがとれたお酒。

火入れ感も雑味もなく、程よい旨味のあるよく出来た本醸造です。下のクラスほど火入れ感がないだけで、印象がかなり変わりますね。

普通酒や本醸造酒系にたまにある甘み(糖添じゃないよ)もあるので、冷やでもお燗でもいけるデイリー酒って感じ。

全く期待していなかったのですが、これなら4合瓶で買ってもよかったな・・・という美味しさ。東京のお酒も悪くないぞ!って感じさせるお酒ですね。

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (6) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

2010 参加したイベント | 2010 蔵見学&蔵拝見 | 2010 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2011 参加したイベント | 2011 蔵見学&蔵拝見 | 2011 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2012 参加したイベント | 2012 蔵見学&蔵拝見 | 2012 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2013 参加したイベント | 2013 蔵見学&蔵拝見 | 2013 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2014 参加したイベント | 2014 蔵見学&蔵拝見 | 2014 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2015 参加したイベント | 2015 飲んだ日本酒(リキュール含む) | グルメ・クッキング | 三重県のお酒 | 京都府のお酒 | 佐賀県のお酒 | 兵庫県のお酒 | 和歌山県のお酒 | 埼玉県のお酒 | 外飲み | 大阪府のお酒 | 奈良県のお酒 | 宮城県のお酒 | 富山県のお酒 | 山口県のお酒 | 山形県のお酒 | 岐阜県のお酒 | 岡山県のお酒 | 岩手県のお酒 | 島根県のお酒 | 広島県のお酒 | 徳島県のお酒 | 愛媛県のお酒 | 愛知県のお酒 | 新潟県のお酒 | 日本酒 | 日本酒イベント情報 | 日記・コラム・つぶやき | 東京都のお酒 | 栃木県のお酒 | 滋賀県のお酒 | 石川県のお酒 | 神奈川県のお酒 | 福井県のお酒 | 福岡県のお酒 | 福島県のお酒 | 秋田県のお酒 | 群馬県のお酒 | 茨城県のお酒 | 読書 | 酒造組合 | 長野県のお酒 | 青森県のお酒 | 静岡県のお酒 | 香川県のお酒 | 高知県のお酒 | 鳥取県のお酒