大阪府のお酒

2014年7月 3日 (木)

かたの桜 特別純米無濾過生原酒 雄町

春日町にある酒屋さんで購入したお酒。

「かたの桜 特別純米無濾過生原酒 雄町」
 
山野酒造
 
Dsc_2498
 
Dsc_2499
 
Dsc_2500
 
使用米:雄町

精米歩合:58%

日本酒度:-2

酸度:2.2

アルコール度数:17度以上18度未満

製造年月日:平成26年3月

値段:1升2,756円(税込)

感想

Dsc_2501

開栓初日(4/19)

冷やしていただく。

上立ち香は、スゥ~としっとりした甘い香り。

口に含むと、スゥ~とした口当たりでジュウ~としっとりした甘みと酸にギュウ~とボリュームのある旨みとクゥ~と軽いコク苦みが広がり、その後、ジュウ~としっとりジューシーな濃い目の甘酸とギュウ~とした旨みにクゥ~と軽い苦みのふくらみをスゥ~としっかりした酸とクゥ~と軽いコク苦みで引けていき、クッとした苦辛さでキレ。

余韻はフゥ~としっとりした甘旨みにスゥ~と軽いコク苦みの爽快感。

 

4/25

冷やしていただく。

スゥ~とした口当たりでしっとりジュウッとした甘みとスッ!とスッキリした酸にギュウ~とふんわりボリュームのある旨みとクゥ~とした軽いコク苦みが広がり、その後、しっとりジュ~とした甘酸とギュウ~とした楕円な旨みのふくらみをスゥ~としたしっかりした酸とクゥ~と軽いコク苦みで引けていき、クッとした苦辛さでキレ。

余韻はフゥ~としっとりふんわりした甘旨みと軽い苦みの爽快感。

 

初日よりもふんわりで、お値段以上の味わい。

 

美味い。

 

 

しっかりしたしっとりジューシーな甘酸とボリュームのある旨みがあるのにしつこくなく飲めるお酒。

しっとりした華やかな香りと甘みにしっかりした旨みがギュッと楽しめる。

酸しっかりでもキレに繋がっているし、甘旨みしっかりなのでそんなに主張は強くない。

キレのメインはしっとり華やか系の苦みですが、シュッとしたキレでそれ系の苦み苦手な半可通でも、このしっかり味をきる割に主張&余韻は程々で悪くない。 

開けて5日位経つと、しっとりジューシーとしっかりした旨みのボリュームがふんわりというバランスで良い感じ。

 

東京生まれ(練馬区だけど)東京育ち(練馬区だけど)悪そうな奴らをだいたい見ぬふりの半可通がイメージするのは、粉物(ソース系)と合う日本酒なのかなと。

大阪に寄ったことのない半可通がイメージする、大阪っぽいわぁ…というタイプのお酒かなと(笑)

 

この色々な味がドーン!としつつまとまっているのは、ハマる人が多そうなお酒。

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年9月27日 (火)

さか松 純米吟醸生原酒 うすにごり

光が丘にあった酒屋さんで購入したお酒。

「さか松 純米吟醸生原酒 うすにごり」

浪花酒造

Dscn4807

Dscn4808

Dscn4809

使用米:山田錦

精米歩合:50%

日本酒度:+4

アルコール度数:17.3度

製造年月:23年7月

値段:4合1,575円(税込)

感想

Dscn4814

開栓初日(8/11)

冷やしていただく。

上立ち香は、フワ~ンと微かに華やかな甘い香り。

口に含むと、フッジュッとした甘みとスッと瑞々しい酸に、ジュウ~とした程よいボリュームのある旨みとク~と軽快な苦コクがふくらみ、その後、ジュウ~とした甘旨酸のふくらみをフ~とした甘旨みを残しつつ、スキ~とした苦コクでフェードアウトしていき、キッとした苦辛さでキレ。

余韻は、フ~とした軽い甘旨みとスカ~とした苦辛さの爽快感。

美味い。

8/20

冷やしていただく。

フッとした口当たりで瑞々しくジュ~としたジューシーな甘みと酸に、ギュッグ~とした旨みとク~と軽快なコクがふくらみ、その後、ジュ~とした甘酸とグ~とした旨みのふくらみをフ~とした酸とク~としたコク&心地よい爽快感でフェードアウトしていき、クッとした苦辛さでキレ。

余韻は、フ~とした甘旨みと心地よい爽快感。

美味い!

初日よりも、硬さが取れ、ふんわりした旨味と心地よいフレッシュ感が楽しめる。

 

フレッシュな味わいと心地よいオリの旨味が夏にピッタリな吟醸酒。

きれいな吟醸系の味わいにちょいオリの旨味がプラスされていて、いい感じの飲みごたえ。そこに心地よい含み香とフレッシュ感があるので、飲みごたえありつつスルスル飲めるオリ酒♪

上澄みだけ(といってもほとんどオリないけど)で飲んでみると、旨味よりもスッキリした酸のある吟醸系で、これはこれで美味い。

香りですが、上立ち香よりも含み香の方が華やかでしたね。

そして、まだシュッとした若さもあるので、まだまだ伸びそうな感じ。

1升瓶が在庫切れで、4合瓶でしか買えなかったのが悔やまれて仕方ないお酒でした・・・。

 

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2011年4月13日 (水)

さか松 雄町米純米吟醸

光が丘の酒屋さんで購入したお酒。 

「さか松 雄町米純米吟醸」

浪花酒造

Dscn4127

Dscn4128

Dscn4129

使用米:雄町

精米歩合:50%

日本酒度:+5

酸度:1.5

杜氏:成子嘉一

アルコール度数:16.2度

製造年月:22年12月

値段:1升3,000円(税込)

感想

Dscn4130

開栓初日(1/30)

常温でいただく。

上立ち香は、しっとりとした甘い香り。

口に含むと、やわらかい口当たりに溶け込む薄らトロリとした甘みと程よい弾力感ある薄らトロリと感じる旨みに、スッとした酸と軽くギュ~と締まったコクがフッとふくらみ、その後、フッジュッとした上品な甘旨酸のふくらみをフ~と上品な酸とク~と上品なコクでフェードアウトしていき、キッとしたコク辛さでキレ。

余韻は、ふんわりした甘旨みと心地よいコク。

美味い。

昨年の秋頃にこれを試飲しましたが、今のほうが確実に美味い。

2/26

常温でいただく。

ジュッとした甘みと酸に程よい厚みのあるグ~ンとした旨みと上品でク~としたコクがふくらみ、その後、ジュグ~とした甘旨酸のふくらみをス~とした軽い酸とク~と上品なコク苦みで引けていき、フッとした苦辛さでキレ。

余韻は、ふんわりしっとりとした甘旨みと軽い苦みの爽快感。

初日よりも甘旨みがジュワリ。ダレなし。

 

しっとりした甘みと雄町らしい旨味が味わえるキレのよい吟醸酒。

やや強い甘みがふくらみますが、程よい弾力感ある旨みと雄町らしい穀物感あるコクがありますね。

山田さんはバランス良い王道の吟醸系で、雄町はしっかりとした旨味&穀物感を楽しめる吟醸系。

飲みごたえしっかりで、雄町好きにはたまらん!って感じでしょうね。

お燗にすると、旨味もふっくらでユルユル飲むにはお燗もオススメ。熱めにすると、苦みも引っ込むし(チャイルド舌半可通)

もっと寝かしても面白いお酒ですが、生のバージョンも飲んでみたいですね。 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年12月26日 (日)

さか松 純米大吟醸 山田錦

光が丘の酒屋さんで購入したお酒。

「さか松 純米大吟醸 山田錦」

浪花酒造

Dscn3765

Dscn3766

Dscn3768

使用米:山田錦

精米歩合:50%

日本酒度:+4

酸度:1.4

アルコール度数:17度~18度未満

製造年月:22年9月

値段:1升3,000円(税込)

感想

Dscn3774

開栓初日(10/27)

冷やしていただく。

フワ~ンと密度は濃いがくどくない甘い香り。口に含むと、米のエキスが溶けこんだような薄らトロリと感じる口当たりで、ジュッと軽やかだが密度の濃い甘みと軽い弾力感のある旨みに、フッとした酸と上品なキッとしたコクがふんわりとふくらみ、その後、ふんわりとした甘旨みをフッとした酸にスッとした苦みでスィ~とフェードアウトしていき、キッとした軽い苦みと辛さでキレ。余韻は、軽い苦みの爽快感とふんわりした甘旨み。

上品ながらもしっとりとした米の旨味感が味わえる吟醸酒。

上立ち香は、やや華やかでもくどくないし、華やかな香りと甘みに負けない旨味と心地よいキレもあり飽きずに飲める♪

華やかな香りと甘みがあるお酒でも、それに負けない米の旨味と吟醸系特有の苦みがないこういうお酒は好きですね。

ザ・山田錦という真円チックな丸みを帯びた弾力感ある旨味感で、質のよいお米なんだろうなぁ~という味わい。

11/16

軽くフットロッと感じるような米のエキスが溶け込んでいるような口当たりで、上品で軽くジュッとした甘みと酸に、ふんわりやわらかな旨みとクッとしたコクがふくらみ、その後、ふんわりジュ~と上品な甘旨酸のふくらみをジュゥ~とした苦みでフゥ~とフェードアウトしていき、キュッとした収斂味のある苦みと辛さでキレ。余韻は、ふんわりした甘旨みと微かな苦み。

初日よりもふんわりした旨みが出たが、収斂味ある苦みも多少出た。

美味い。

 

ふんわりやわらかな旨みにしっとりとした甘みと香りのあるお酒。

開けたては、旨みはあっても質感が上品すぎて多少物足りなさを感じましたが、2週間くらい経つと質のよい米の旨味感が味わえる。この質のよい旨味感、素敵♪

温度的にはやや冷えくらいがとても好み。

吟醸系でも甘み香りに負けない旨みもちゃんとあるし、上品でキレもよく、食べながら飲める吟醸酒。

こういうギラギラニガニガしていなくて、米の旨味感ある吟醸酒は半可通好み♪

そうそう、以前飲んだ「なにわ」に比べて、こっちの方がやや上品な印象を受けましたね。

米、精米歩合に酵母もきっと一緒でしょうから、麹がちょいと違うのか、タンク違いの差なのか、管理等が違うのか、採る部分が違うのか、その差が一体なんなのか半可通には全く分からず。

まぁ美味けりゃいいので、大して気にもしていないけど(苦笑)

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2010年9月15日 (水)

なにわ 純米吟醸原酒 ひやおろし

「感想をブログに書いて」とお願いされたので、珍しく早めにアップ。

そのかわりに、開栓後の変化は書いてません。

「なにわ 純米吟醸原酒 ひやおろし」

浪花酒造

Dscn3460

Dscn3462

使用米:特等山田錦

精米歩合:50%

日本酒:+3

製造職人:成子嘉一(一級酒造技能士)

アルコール度数:17度以上18度未満

製造年月:22年9月

値段:1升2,940円(税込)

感想

Dscn3463  

開栓初日(9/12)

冷やしていただく。

上立ち香は、フワ~としっとりとした吟醸香。口に含むと、しっとりやわらかな口当たりでジュシーな甘みと酸に、グ~ンと程良い弾力感のある旨みがキッとしたコクと共にふくらみ、その後、ジュ~とした甘旨酸のふくらみをジ~とした苦みでフェードアウトしていき、クッとした苦辛さでキレ。余韻は、薄らとフ~とした苦みの爽快感とほんのりとした甘み。

 

ジューシーな味わいと端整な米の旨味を味わえるバランス感が素晴らしい吟醸酒。

香りも甘みも吟醸系ですが、とても落ち着いているので、飽きずにスイスイと杯がすすみます♪

そして吟醸系によくある苦みでキレていきますが、それも控えめでチャイルド舌半可通でも余裕。そしてキレ感&余韻もいい感じ。

質の良い山田さんらしい端整な米の旨味と磨いた上品さがあるのに、このお値段はありえない!度数もあるから飲みごたえもしっかりあるのに、不思議と疲れずに飲めるのも半可通向き。

晩酌時にこのお酒だけでグイグイ飲んでしまいます。お酒単体でも肴ありでもいける吟醸系。

山田錦で吟醸系酵母を使用した王道の吟醸酒なんて、本来半可通向きではないのですが、これはホント美味い。なんというか、しっとりしたお酒。

ただ半可通が勉強不足なだけだったのかもしれませんが、全然しらない蔵&お酒で久々に琴線ビロビロ~ン。

なんてヘビィなリフだ!(笑)

日本酒山師、いや、日本酒トレンダー半可通的には、この蔵はくる予感(キラメキ、トキメキ♪)

時は来た、それだけだ!

 

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 酒ブログ 日本酒・地酒へ

blogram投票ボタン

| | コメント (20) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

2010 参加したイベント | 2010 蔵見学&蔵拝見 | 2010 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2011 参加したイベント | 2011 蔵見学&蔵拝見 | 2011 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2012 参加したイベント | 2012 蔵見学&蔵拝見 | 2012 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2013 参加したイベント | 2013 蔵見学&蔵拝見 | 2013 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2014 参加したイベント | 2014 蔵見学&蔵拝見 | 2014 飲んだ日本酒(リキュール含む) | 2015 参加したイベント | 2015 飲んだ日本酒(リキュール含む) | グルメ・クッキング | 三重県のお酒 | 京都府のお酒 | 佐賀県のお酒 | 兵庫県のお酒 | 和歌山県のお酒 | 埼玉県のお酒 | 外飲み | 大阪府のお酒 | 奈良県のお酒 | 宮城県のお酒 | 富山県のお酒 | 山口県のお酒 | 山形県のお酒 | 岐阜県のお酒 | 岡山県のお酒 | 岩手県のお酒 | 島根県のお酒 | 広島県のお酒 | 徳島県のお酒 | 愛媛県のお酒 | 愛知県のお酒 | 新潟県のお酒 | 日本酒 | 日本酒イベント情報 | 日記・コラム・つぶやき | 東京都のお酒 | 栃木県のお酒 | 滋賀県のお酒 | 石川県のお酒 | 神奈川県のお酒 | 福井県のお酒 | 福岡県のお酒 | 福島県のお酒 | 秋田県のお酒 | 群馬県のお酒 | 茨城県のお酒 | 読書 | 酒造組合 | 長野県のお酒 | 青森県のお酒 | 静岡県のお酒 | 香川県のお酒 | 高知県のお酒 | 鳥取県のお酒